青葉賞2018遅れてきたディープインパクト産駒揃う豪華メンバー(名門厩舎の良血ゴロゴロ)

 今年の3歳牡馬世代はディープインパクトのハズレ年という評価があるようだ。ダノンプレミアムという存在がありながら何を言うのだろう?と思い、調べてみると、皐月賞に出走したのが2頭のみだったということらしい。
 ワグネリアン、キタノコマンドールと有力馬のはずだったが、終わってみれば7着、5着。この結果だけでハズレ年とまで言われてしまうというのは、逆にいかにディープインパクトが偉大なのかを思わされるが、、。
 ただ、こういった評価さえ一蹴しそうなのが、この青葉賞のメンバー。有力馬はすべてディープインパクトといっていい。今年のディープインパクト産駒は晩成型、クラシックディスタンス向きなのかもしれない。
 それも各名門厩舎から名血が揃う。ダノンマジェスティ音無厩舎はアルアインの下。藤沢調教師のオブセッションはパーシーズベストの下。サトノソルタス堀厩舎はパシフィックギャルの下。スーパーフェザー友道厩舎は2億6000万円の超高額馬。ディープインラヴ矢作厩舎はダービー馬ディープブリランテの下。これでもかというメンバーだ。
 さあこれで日本ダービーはディープインパクトの上位独占までありえそう。どう考えてもハズレ年とは思えない。

予想を動画解説


競馬ナンデ公式YOUTUBEチャンネル
競馬ナンデ予想家の予想・回顧を動画配信

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの予想

カテゴリ