天皇賞春2018予想:騎手型予想家アキ本命スマートレイアー(本日20時より生放送で詳細解説)

◎スマートレイアーは枠が外だけど、今回は逃げ馬もいて3200mならコーナーまでそれなりに距離はあるし坂でのポジションロスは少ないかなと。その上でコース替わりは大きな歓迎材料。元々ギアチェンジに難のある馬で、加速しきれば強い馬。京都大賞典でも3F持続戦でインで窮屈になりながらも加速し切った後はトーセンバジル・シュヴァルグランをまとめて差し切る強い内容だった。その上で近走は、エリザベス女王杯は加速スペースを置けない中の出し抜き戦で後手を踏んで不発。大阪杯は最悪のパターンで、スローバランスからスワーヴリチャードが捲っての急激なペースアップを最内で受けてしまった形。以前の鳴尾記念や阪神牝馬Sで走っていた時も外目で脚を出し切る競馬だったのでこの形では苦しい。今回は恐らく馬群はばらけるし、馬場も高速馬場には回復しているだろうしこの距離なら相対的にはスローロンスパで入れるはずだし、スペースも確保できる。これでダメなら仕方がないという感じだし、軸で。

○カレンミロティックはまず天皇賞春との相性の良さは言うまでもない。その上で今回は展開面で条件が揃った。ハイペースになって前受で1脚使ってというのがベストの馬で、逃げるとダメなので難しい馬だけど今回は逃げ馬が2、3頭いるし、内枠から無理して出して行かずに好位で流れに乗れそうという点は大きい。それと10歳だけど、前走の阪神大賞典も悪くない内容。流れ切ったレースで力負けした印象だけど、阪神内回りではコーナーで加速出来ず意外と苦手にしているコースだしそれでも走った方かなと。京都大賞典は2400mでは短いかな?という内容だったし、今回のメンツ、自力で勝ちに行ける馬が少ない中でならチャンスはあるかなと。相手に。

▲サトノクロニクルは阪神大賞典組では狙いになる1頭。この馬もコーナーでの加速がイマイチな馬で、要所の動きでレインボーラインに劣りながら最後も脚を使ってきた。京都外回りももたつきながら伸びてくる馬だし、出来るだけ広いコースでロンスパの競馬がいい。その上で絶好の条件だし、菊花賞は参考外の馬場。ここは普通に相手に。

△ソールインパクトは枠がもう少し内なら本命あたりでもいいんだけどなあというとこ。まあ結果的に流れ切ったアルゼンチン共和国杯で千切られたとはいえスワーヴリチャードに次いでの2着。七夕賞やダイヤモンドSでもそうで流れ切った競馬は強い馬。半面日経新春杯みたいなスロー勝負では甘くなるけど、今回はそれはないかなと。京都コースも高速馬場で実績はあるし、斤量も57キロで好走歴はあるので減点材料は少ないかな。流れ切る競馬での福永は怖いし当然相手に。
□チェスナットコートはこの枠・ロンスパ勝負で蛯名と怖い条件は揃っている。ただ1点引っかかったのが斤量。古馬に比べると初めての斤量にはなるし、56キロの許波多特別でも速い脚の勝負にはなっていない。57キロの経験もない中で58キロと決め手勝負でパフォーマンスを上げれるか?は微妙なので押さえに。

□ガンコは馬場はベストよりかは軽いと思うけど、枠がいいとこだし、カレンミロティックと同じような競馬ができればというとこ。江坂特別は超高速馬場もあったけどあの位置で11.6-11.3で直線入り口から出し抜いてきたし、最低限の軽い脚は使える。その時も57キロだったし斤量もそこまでマイナス材料でもないかなと。押さえに。
□シュヴァルグランは結果的にここ2年は凄い恵まれた展開だとは思うのでそこまで抜けてはいない印象。外目を回ったとはいえ京都大賞典で勝ち切れていないし、キタサンブラックのペースに嵌っていた馬ともいえる。今回この枠でボウマンがインで溜めて競馬となるか?フェイムゲームで大外ぶん回した騎手だし京都コースで信頼度は高くないかなと。ただ、アルバートとの比較でも位置はとれる、流れてやれる馬だし、その点では来るならこちらかなと。
□トーセンバジルはこれもアルバート比較で、動けるデムーロ・流れてもやれる点を評価。ただ枠は外目で、スマートレイアーほど脚の持続力は高くないのでそこが難かな。押さえ止まり。

予想を動画解説


競馬ナンデ公式YOUTUBEチャンネル
競馬ナンデ予想家の予想・回顧を動画配信

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの予想

カテゴリ