天皇賞春2018予想:競馬ナンデ編集長本命は穴馬ミッキーロケット「スピード・スタミナのバランスと斤量耐性」

メンバー構成を見て、まず重いなと感じた。
今年は中距離チャンピオンクラスの回避が相次いだ結果、
有力馬に距離適性長めのスタミナタイプが揃ってしまっている。
クリンチャー、ガンコ、シュヴァルグラン、アルバート。
レインボーラインも後ろから行くハイペースの差し馬だと思うので怪しい。
京都コースは開幕週から例年通りの超高速馬場でマイルレコードが出たくらい。

なので、上記の重めの馬たちをスッパリと切って、
前に行く馬を狙おうかと考えた。
が、前はヤマカツライデン、トミケンスラーヴァ、カレンミロティックとあまりにも力量不足。
高速馬場とはいえ、それなりに差せる馬場だったことを考えるとさすがに無理筋。

では末脚の切れ味があるスマートレイアーもよいかと考えた。
が、逃げ馬が揃ったことを考えると、京都大賞典のときのような上りだけの瞬発力勝負にはならなそうで、
これも厳しい。

ということで、スピードとスタミナのバランスのとれた、好位から行く馬にした。
◎ミッキーロケット
全くの人気薄ですが実績的にはそこまで遜色ないと思う。
日経新春杯はガンコと5.5キロの斤量差があったので、単純計算なら逆転。
中日新聞杯もメートルダールと2.5キロ差があったので逆転できていたはず。
京都大賞典もスマートレイアーと3キロ差あったので、回ってきたところを考えると逆転できていたとも考えられる。
距離も菊花賞5着があるので大丈夫だろう。
58キロを背負いなれていない馬が多い中で、
斤量耐性を示せているのも大きい。
前走は苦手な道悪と目をつぶることができる。

〇シュヴァルグラン
有力馬の中では最も高速馬場適性を示せている。
昨年と同じだけ走れれば、なわけです。


予想を動画解説


競馬ナンデ公式YOUTUBEチャンネル
競馬ナンデ予想家の予想・回顧を動画配信

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの予想

カテゴリ