日本ダービー2018東京競馬場芝2400Mコース詳細解説:Cコース替わりで一転内伸びの可能性も

日本ダービー開催:春開催12日目 Cコース使用2日目
 コース形状としては、向こう正面で1.4m登り、すぐに2.3m下る。直線を向いてすぐに2m登りあとは平坦という、起伏に富んだ、単純ではないコースで、騎手も攻略は難しいという者が多い。
 Cコースで行われるようになってからは内枠有利が顕著になった。今年も、先週までの外差しが利く馬場から、今日は内を回った馬が台頭する展開が増えている。5回日本ダービーを制している武豊騎手曰く、小回りコースだと思って乗らないといけないコースとのことで、馬場の良い内をロスなく進むことが大事になる。
 ただ、タフなコースでもともと逃げ切ることが非常に難しいコース。馬群の内側で脚をためて直線で外に持ち出すキズナのような競馬がベストか。

予想を動画解説


競馬ナンデ公式YOUTUBEチャンネル
競馬ナンデ予想家の予想・回顧を動画配信

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの予想

カテゴリ