宝塚記念2018に異常事態!レコード必至の超高速馬場化で外国馬ワーザーには不運

 宝塚記念が行われる阪神競馬場に今年は異常事態が発生している。とんでもなく速い時計が出る。逃げ馬が止まらない。
 今年の阪神地方は、平日は雨が降るものの週末は晴れる馬場が続き、例年のように雨中の競馬開催がなく、良い状態がキープされたのが一因。さらに、4,5月に気温がかなり上昇し、芝がよく生育し根付きが良くなったなど、色々な条件が重なったことからくるものだろう。
 このコースのレコードタイムはアーネストリーが記録した2:10.1だが、良馬場で行われればこの時計を上回る可能性は十分因みにアーネストリーがこの時計を出したのは阪神開催4日目に行われていた時代のものであり、最終日8日目にこれを更新するということになるなら、より異常な馬場だ。

 このような事態を一番嘆いているのは香港から来日したワーザー陣営だろう。宝塚記念は国際化されたものの20年以上も外国馬の参戦がなかったところ、やっときてくれたのが香港で年度代表馬にもなったこのワーザー。例年宝塚記念の時期は雨で馬場がソフトになり、適性が見込めるとの判断もあったことだろう。それが今年に限ってこの異常な軽い高速馬場。運が悪いとしかいいようがない。
 これに懲りて、陣営がもう日本には来ないと、いやな思いで帰ることにならなければよいのだが、、。

予想を動画解説


競馬ナンデ公式YOUTUBEチャンネル
競馬ナンデ予想家の予想・回顧を動画配信

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの予想

カテゴリ