安田記念2018データ:異例の3頭出走ヴィクトリアマイル組は不利?単勝回収率は悪いが、、

 今年の安田記念はヴィクトリアマイル組が、リスグラシュー、アエロリット、レーヌミノルと3頭出走することになった。ヴィクトリアマイルからの参戦は開設当初こそ多かったものの、ここのところ減少傾向でこの2年は出走がなかったので、異例のことといってもよい。
 全データを検索するとこれまで19頭の出走があり、(2,0,1,2,2,12)となっている。勝った馬はウオッカの2回のみ。それ以外で馬券になったのもジョリーダンスのみということで、相性が悪いという話もよく聞く。たしかに、回収率という意味ではかなり悪い。単勝回収率は31%、複勝回収率は47%だ。
 ただ、好走例も意外とある。アドマイヤキッスがヴィクトリアマイル7着から、15番人気での4着がある。マイネイサベルはヴィクトリアマイル3着だったものの人気にならず、15番人気4着。ケイアイエレガントもヴィクトリアマイル2着でも人気にならず、11番人気5着と健闘している。

予想を動画解説


競馬ナンデ公式YOUTUBEチャンネル
競馬ナンデ予想家の予想・回顧を動画配信

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの予想

カテゴリ