函館記念2018予想動画根拠解説:展開・馬場からシンプル予想・本命エアアンセム

展開予想
 逃げ馬が揃った。ヤマカツライデン、カレンラストショー、クラウンディバイダ、マイネルハニーの4頭。前哨戦の巴賞では、マイネルハニーとクラウンディバイダがハナ争いをし、結果クラウンディバイダが逃げて粘った。マイネルハニーとしては今度こそという気持ちで行くだろうし、クラウンディバイダとしても結果が出ただけに行きたい。ヤマカツライデン・カレンラストショーも本来は逃げ馬であるにも関わらず、前走行けずに結果が出ていない。かなりの熾烈なハナ争いが繰り広げられそう。

馬場予想(トラックバイアス予想)
 今年の函館も芝の好天で芝の生育が良かったのか、小回りのコース形態も手伝って馬場の内を回った馬が残る競馬が続いていた。しかし、ここ2週雨馬場での開催が続いた影響で馬場の内側が悪化し外差しが利くようになってきた。
 ただ、今週から仮柵が設けられBコースに替わる。これでどのようになるかは予想が難しい状況。

狙い
 逃げ馬も揃ったが、追い込み馬も揃った。ナスノセイカン、ゴールドサーベラス、カデナ、ブレスジャーニー、ブラックバゴあたりは、ゲートも遅く、行きたくても行けない真性の追い込み馬。こうなると好位中団が手薄で、スムーズにストレスなく追走できそう。それにあたるのがエアアンセム。函館では一度しか走っていないが、準オープンで差のない競馬をしていて一応適性は示している。トビが小さくパワーのありそうな走法で、今の時計がかかる馬場も良さそうな印象。

予想を動画解説


競馬ナンデ公式YOUTUBEチャンネル
競馬ナンデ予想家の予想・回顧を動画配信

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの予想

カテゴリ