セントライト記念2018結果次第でルメール騎手@レイエンダ藤沢厩舎久々菊花賞2018出走も!?

 無敗の3連勝でセントライト記念に出走するレイエンダだが、早くも気になるのはこの後の路線だ。藤沢調教師は松前特別勝利後、「お兄ちゃんと競馬します」と発言し、古馬路線を示唆したが、本当にレイデオロとの兄弟対決は早くも実現するのだろうか。

 藤沢調教師といえば、春のクラシックで活躍した有力馬を菊花賞に向かわせないことで知られる。レイデオロ、ペルーサ、シンボリクリスエスなどがこれに該当する。しかし、個人的には色々な状況から、藤沢調教師久しぶりの菊花賞出走の可能性が高まっていると考える。

 まず、そもそももしもセントライト記念で3着以下だった場合、賞金的に天皇賞秋は出走不可能であり、アルゼンチン共和国杯を経由したとしてもジャパンカップに出られない可能性もある。この場合は菊花賞ではないだろうか。2着で賞金を上積みした場合も、これと同じになる可能性もある。

 また、勝って賞金面がカバーされたとしても菊花賞出走の可能性は残ると思う。というのも、藤沢調教師は唯一有力馬を菊花賞に出走させたことがあり、それがゼンノロブロイ。これはひとつ年上の先輩シンボリクリスエスが天皇賞秋、ジャパンカップにペリエ騎手で出走させるため、使い分けたものだ。
 この状況は今回のレイエンダ・レイデオロも全く同じだ。どちらも主戦騎手はルメール騎手で、どちらにも乗りたいのは山々だろう。さらに言えば、ルメール騎手は春にコンビを組んでいたステルヴィオが菊花賞を回避したことで、菊花賞にこれといったお手馬がいない。こうなると調教師としても騎手としても馬主としても、違うレースに出走してくれた方が効率的なのは誰が見てもわかる。
 それでもなお菊花賞を回避するとなると、よほど3000mの競馬が嫌いということになるだろうか、、。

予想を動画解説


競馬ナンデ公式YOUTUBEチャンネル
競馬ナンデ予想家の予想・回顧を動画配信

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの予想

カテゴリ