ジャパンカップ2018血統予想by下彦「キセキ母系ドクターデヴィアス×ダンジグのスピード血統に注目」

◎アーモンドアイ
登録馬段階からフルとはならず、その後も回避馬がボロボロと出て来ており、唯一不安要素だった多頭数により乱ペースに巻き込まれる可能性も少なくなり益々沈む要素が無いという感じです。少々流れたところで下げれば良い事ですし、道悪は勿論、高速もキングマンボのラインで問題無く、普通に力を出せば絶対的なスピードからもこの馬から。

◯キセキ
毎日王冠、天皇賞、そして当レースへと距離を延長させて来ての臨戦ですが、2400mがこの馬にとってベストかもしれません。他のルーラーシップ産駒達も中距離指向の馬が多い中、この馬の母方はディープ×ドクターデヴィアス×ダンジグのスピード血統。ここ2戦共前の競馬で善戦していますがTS戦でも充分やれるスピードはある筈。

▲サトノダイヤモンド
前走京都大賞典は相手関係とレッドジェノヴァから詰められた点でレベル云々言われていますが、ジェノヴァの最後の脚は内でピタリと張り付き貯まりに貯まっていたのに加え、コーナーで動けなく待たされた分だけ弾けて嵌った格好となったわけで、3角過ぎから勝つ為に能動的に動いて行って最速上がりで勝ち切った当馬の方が力が数段上にみるべきレースかと思います。マカヒキ程別馬になった感じはしませんがどうでしょう。

△ミッキースワロー
中山と小回りでしか結果が出ていませんが、アルアインを瞬時に抜き去った高速馬場での走りは鮮烈でしたし、トーセンホマレボシ(ディープ)×ジャングルポケット(トニービン)×リファール(ND)の血統で府中初なら狙いたいところです。

予想を動画解説


競馬ナンデ公式YOUTUBEチャンネル
競馬ナンデ予想家の予想・回顧を動画配信

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの予想

カテゴリ