有馬記念2018外国人騎手掲示板独占も!?過去にワンツースリーもある外国人優位G1

 今年の秋競馬はとにかく外国人騎手の活躍ばかりが目立ち、10週連続G1を勝っているわけだが、有馬記念もこの流れは止まらなそうな雰囲気。

 というのも、以前から特に有馬記念は外国人騎手が集まりやすい。欧米も豪州もシーズンオフになるので、短期免許での来日が増えるからだ。

 この秋も外国人騎手ワンツーこそあるもののワンツースリーはなかった。しかし、有馬記念は2010年にワンツースリーを経験している。ヴィクトワールピサ=デムーロ騎手、ブエナビスタ=スミヨン騎手、トゥザグローリー=ウィリアム騎手。

 今年はそれをさらに上回る掲示板独占までありえなくはない。逆に、外国人騎手以外の人気上位馬というとキセキ・ブラストワンピースくらいだから、これらが崩れればそういう結果になる。
 もはやここまできたら、日本人騎手に奮起を促すためにも、ワンツースリーフォーファイブくらい決めてもらってもよいというような気持になっているのは私だけだろうか。

予想を動画解説


競馬ナンデ公式YOUTUBEチャンネル
競馬ナンデ予想家の予想・回顧を動画配信

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの予想

カテゴリ