朝日杯フューチュリティステークス2018グランアレグリアの死角は「多頭数内枠」強すぎたがゆえの弱点

 圧倒的1番人気・単勝1倍台のグランアレグリアだが、死角は、もまれる競馬を経験してきていないことだ。
 デビュー戦は大外枠からスンナリと好位につけて押し切ってしまった。サウジアラビアRCも、出遅れたため外から一気に追い上げ2番手から押し切ってしまった。キャリア2戦、強すぎるが故に負荷がかかる経験ができなかったのはある意味不運だ。
 というのも今回はそういうわけにはいかなそう。15頭と頭数が揃ったうえ、2番枠。出遅れた場合、前走のように外から追い上げてしまってはロスがありすぎる。今の阪神の馬場を考慮すると、それで押し切れるほど今回のメンバーは甘くなさそう。
 好発を切ったとしても、外からイッツクールやニホンピロヘンソンといった快速馬がかぶせてくると予想されるため、包まれる可能性もある。
 
 能力はメンバー随一なのは間違いない。ただ、その能力を毎回出し切れるとは限らないのが競馬だ。穴党はそれを頼みに他馬を買うしかない。

予想を動画解説


競馬ナンデ公式YOUTUBEチャンネル
競馬ナンデ予想家の予想・回顧を動画配信

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの予想

カテゴリ