朝日杯フューチュリティステークス2018追い切り:グランアレグリア・ケイデンスコール初めての右回り大丈夫かチェック

朝日杯フューチュリティステークスの隠れたテーマが、右回り初めて問題だと思います。

珍しいことに、グランアレグリア、ケイデンスコール、ドゴールという有力馬3頭が初めて右回りを走ります。

重箱の隅をつついて穴を狙いたい人間としては気にするところです。

ヒントは調教しかありません。

調教で右回りを走っているときにスムーズに走れているかなとチェックしてみました。

するとヤバいことに気づいてしまいました。

まず、グランアレグリアからですが、特に問題ないと思います。

トビが大きくない馬で、こういう馬は比較的起用に両手前を使い分ける馬が多いように思っています。

ドゴールも特に問題はありません。

これはかなり大トビなのですが、直線に向いてちゃんと左手前で走っていました。


問題はケイデンスコールです。

なんとまったく手前を替えません。逆手前、右手前のまま最後まで走ってしまうんです。

新潟2歳Sのときの追い切り動画も見てみたのですが、このときも同じ。手前変えません。

実はこの馬、走法事態素晴らしい馬ですし、アドマイヤマーズと人気の差もついたので狙おうと思っていたのですが、

本当に手前を替えないのだとしたら大問題です。

逆手前のまま差し切るなんてさすがに無理だと思うので、思いとどまりました。


この馬もなかなかトビが大きく綺麗なのですが、そういう馬って手前の変え方が不器用になったり、
どちらかの手前が偏って得意になることが多い気がします。

アーモンドアイはそれがやたら上手いので最強なのかなとか最近思っています。

先週タニノミッションという馬が初めての右回りで凡走。

直線では左→右→左と2度手前を替えていましたが、これはサウスポーなのかもしれません。

新馬では右手前に変えてから異常な伸び方をしていました。

母親のウオッカという馬も右手前がやたら得意で、左回りG1を6勝と偏っていたと思うんですよね。

阪神ジュベナイルでも最後は黄金の右手前に変えて前を捉えていました。

もしかしたらケイデンスコールも極端なサウスポーという可能性があります。

もちろん最終追い切りは注目ですね。


予想を動画解説


競馬ナンデ公式YOUTUBEチャンネル
競馬ナンデ予想家の予想・回顧を動画配信

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの予想

カテゴリ