ホープフルステークス2018血統から予想:中山適性でニシノデイジー本命「サートゥルナーリア兄は中山0勝」

この秋のG1戦線は、外国人騎手が猛威を振るいました。
日本人騎手が勝ったのは、スプリンターズSと有馬記念でした。
やっぱり中山はトリッキーなコースですから、ホームの利があるのでしょうね。

なんでこんな話から始めたかというと、そうとでも考えないとG1で勝浦騎手を本命にするのにかなり勇気が必要だからです。(大変申し訳ない言い方ですが。。。)

◎ニシノデイジー
札幌2歳Sと東京スポーツ杯2歳Sのタイム差は、なんと3.5秒。
面白いことに、どちらも1000m通過時点で60.4秒でした。
高速馬場と低速馬場に対応しただけではなく、ハイペースの持続力勝負からスローペースの瞬発力勝負に対応したということになります。
有馬記念を制したブラストワンピースと同じハービンジャー産駒で、中山に対応できないはずがありません。
よっぽどの不利がない限り、崩れるとは思えません。
種牡馬入りしてセイウンスカイの血を残して欲しい。

○コスモカレンドゥラ
稍重の中山で未勝利戦を制して、その後アイビーSで超スローペースの瞬発力勝負でクロノジェネシスの2着。
低速馬場で巻き返すと判断して、前走黄菊賞は本命にしましたが、見事快勝。
冬の中山も問題ないでしょう。
アイビーSで0.2秒差で先着したエメラルファイトを物差しにすると、札幌2歳Sでエメラルファイトに同じく0.2秒差先着したクラージュゲリエ並と見て良いのでは。

▲ブレイキングドーン
京都2歳Sでは、○で比較対象に挙げたクラージュゲリエの2着。
休み明けで馬体が増えていたことを考えると、上積みを期待できる。
ヴィクトワールピサ産駒ですから、当然中山は問題ないでしょう。
また、新馬戦では上位人気が予想されるアドマイヤジャスタに快勝しています。

サートゥルナーリアは、2戦とも特にタイムも上がりも優れていないこと。
前走はこの時期の休み明けなのに馬体に成長が見られていないこと。
シーザリオ産駒はエピファネイア 、リオンディーズ、グローブシアターと活躍馬揃いですが、3頭とも中山では1勝もしていないこと。
更に、エピファネイアの皐月賞(2番人気2着)以外、中山では全て人気を裏切っていること。
ロードカナロアはアーモンドアイという怪物を輩出しましたが、彼女以外に2000m以上では活躍馬が出ていないこと。
走法などを見る目がない予想家としては、買える要素がどこにあるのかわかりません。

予想を動画解説


競馬ナンデ公式YOUTUBEチャンネル
競馬ナンデ予想家の予想・回顧を動画配信

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの予想

カテゴリ