フェブラリーステークス2019枠順確定前予想オッズ(インティ武豊騎手ら4強)

第36回フェブラリーS予想オッズ

日程:2019.2.17 賞金順出走馬可能頭数:16頭
場所:東京競馬場ダ1600 レコードタイム:1:34.0(モーニン)
予想
オッズ
出走予定馬 想定
騎手
厩舎 血統
(父馬)
前走成績
2.9 インティ 武豊 野中 ケイムホーム 観月橋1
3.3 ゴールドドリーム ルメール 平田 ゴールドアリュール 東京大2
7.7 コパノキッキング 藤田菜 村山 スプリングアトラスト 根岸S1
8.0 オメガパフューム デムーロ 安田 スウェプトオーヴァー 東京大1
12.3 サンライズソア 河内 シンボリクリスエス チャンピオン3
16.9 ユラノト 松田 キングカメハメハ 根岸S2
17.5 ノンコノユメ 内田 加藤 トワイニング チャンピオン7
22.1 サンライズノヴァ 戸崎 音無 ゴールドアリュール 根岸S8
37.0 レッツゴードンキ 岩田 梅田 キングカメハメハ JBCS5
39.9 クインズサターン 池添 野中 パイロ 根岸S3
70.0 サクセスエナジー 北出 キンシャサノキセキ すばる1
71.1 モーニン 石坂 HennyHughes 根岸S4
89.1 アンジュデジール 横山典 ディープインパクト 東海S12
151.9 ヴェンジェンス 大根田 カジノドライヴ すばる9
161.1 ノボバカラ アドマイヤオーラ 根岸S6
171.6 メイショウウタゲ 安達 プリサイスエンド 根岸S15
 インティは東海ステークスを圧勝し6連勝。ただ、これまでマイルを走った実績はなく、東京1600コース特有の芝スタートも初めて。不安材料もあり、それを克服できるか冷静な判断が必要。
 コパノキッキングは話題の藤田菜七子騎手が初G1騎乗。雰囲気に飲まれずに乗れるか、また話題先行により人気が過剰に集まってしまうのではないかと、馬券を買う側としては判断が難しいところ。
 ゴールドドリームが安定感は抜群。このレースは1着、2着と大得意のコースで、ルメール騎手も乗りなれている。軸ならこれか。

予想を動画解説


競馬ナンデ公式YOUTUBEチャンネル
競馬ナンデ予想家の予想・回顧を動画配信

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの予想

カテゴリ