宝塚記念2019出走馬:エタリオウ@横山典騎手G1初制覇へ「決め手不足は荒れ馬場がカバー」

オサイチジョージ、 メジロライアン、ダンツシアトル、マーベラスサンデー、サイレンススズカ、メイショウドトウ、ダンツフレーム、エイシンデピュティ、ナカヤマフェスタ、アーネストリー、ミッキーロケット

宝塚記念というと、悲願のG1初制覇というドラマが多い。ここに挙げたのは、宝塚記念でG1を初制覇し、それ以外に一つもG1を勝つことができなかった馬達の名前です。サイレンススズカは消しておきましょうか。あの故障がなければいくつもG1を取っていたはずの馬ですからね。

こう並べて見ると、全体的に、決め手不足、ナタの切れ味タイプの馬、という感じがしないでしょうか。
やはり宝塚記念の特徴として、梅雨時の荒れた馬場で、しかも直線の短めの内回りコースで、決め手不足がカバーされて、善戦マンでも手が届きやすいG1だということがあります。

そうなるとがぜん注目しないといけなくなるのがエタリオウですよね。
前走、なんだったんですかね?それこそ決め手不足のこの馬にとって一番やってはいけない後方ポツンだったと思います。

走法を見ても、やはり一流半の馬だなという印象です。首が高くてイマイチ体全体を使って走れないフォームで、ただそういう馬がハマる宝塚記念です。こういう走法でここまで頑張れているということは心肺機能等も高いんだと思います。

前回、溜める競馬で失敗してしまっているので、また同じこと、というのはないでしょう。実は前々走では深いブリンカーをつけて引っ掛かるという真逆の失敗もしているんですよね。2度失敗すれば、今度こそうまい具合にこの馬の力を引き出す競馬ができるはず。今回は距離が短くなるので、深いブリンカーくらいで個人的にはいいと思いますし、気が勝ってきているので、これくらいの距離がハマるかもしれません。

予想を動画解説


競馬ナンデ公式YOUTUBEチャンネル
競馬ナンデ予想家の予想・回顧を動画配信

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの予想

カテゴリ