有馬記念2019引退馬6頭の衝撃!世代交代も中長距離路線低レベル化?期待はサートゥルナーリアだ!

 今年の有馬記念では例年より多い6頭もの馬が引退する。レイデオロ・シュヴァルグラン・アルアイン・リスグラシュー・アエロリット・クロコスミアと、いずれも長く競馬界をけん引してきた馬だけに、空く穴は大きい。
 特に中長距離は低レベル化の懸念がある。
 ジャパンカップ馬スワーヴリチャードは引退表明していないが、明けて6歳になる。アーモンドアイも、繁殖生活のことを考えると、長く現役を続けることは考えにくい。
 残ったフィエールマン・ブラストワンピース・キセキが引っ張っていくことになると、この3頭は凱旋門賞で大敗という結果が出ている馬たちなのでワクワク感が感じられなくなることは否めない。
 今年の3歳世代に期待したいところだが既にダービー馬ロジャーバローズは引退。ダノンキングリーはマイル路線にかじを切っている。そうなると俄然サートゥルナーリアに注目が集まる。ロードカナロア産駒ということで距離への不安が常に囁かれるが、この有馬記念を制することができれば全く話は違ってくる。来る2020年、王道の古馬中長距離路線を引っ張っていくんはサートゥルナーリアしかいない?

予想を動画解説


競馬ナンデ公式YOUTUBEチャンネル
競馬ナンデ予想家の予想・回顧を動画配信

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの予想

カテゴリ