天皇賞春2020出走予定馬・騎手紹介【ミライヘノツバサ・スティッフェリオ・メロディーレーン・ハッピーグリン】

ミライヘノツバサ 木幡巧也騎手

 ダイヤモンドSでは16番人気で衝撃的勝利。ただ、東京3400は力がなければ勝てないコースでフロックではなさそう。再度上がりがかかる競馬なら一発あって不思議ない。

スティッフェリオ 田辺裕信騎手

 日経賞では正攻法の競馬で3着し力をつけてきている。ただ、もともと中距離で活躍してきた馬で、距離はギリギリ。楽に先行させてもらってどこまで粘れるか。

メロディーレーン 岩田望来

 前走は人気もなくなっていたがしぶとい差し脚で2着とは差のない5着。ただ、今回は斤量も重くなり、初めての56キロ。華奢な馬には重くのしかかる。

ハッピーグリン 和田竜二騎手

 まさかの天皇賞春挑戦。1200や1600も走った馬なので、印象は薄いが、昨年夏には2600の札幌日経OPで2着の実績がある。折り合いさえつけば大穴か。

予想を動画解説


競馬ナンデ公式YOUTUBEチャンネル
競馬ナンデ予想家の予想・回顧を動画配信

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの予想

カテゴリ