天皇賞春2020出走馬14頭で今年もフルゲートならず減少傾向...賞金面現実的判断+大阪杯棲み分けか

 天皇賞春は今年も出走馬が減少し14頭。昨年の13頭に続きフルゲートとならなかった。やはり、これまで前哨戦の位置づけだった大阪杯がG1に格上げされてから出走馬の棲み分けが進んでしまった形だ。
 やはり伝統の一戦だけにフルゲートにならないのは寂しい。また売り上げ面でも出走馬が少ない分苦戦するだろう。
 特に今年顕著だったのは、オセアグレイト・タイセイビジョンが現実的な判断で回避したこと。出走できる状態は整っていながら、相手が強いと見て身の丈に合ったレースを選んだ形。
 今の馬主さんたちは、伝統の一戦への出走という名誉よりも経済優先で、賞金獲得が確実なレース選びをするようになったということなのだろうか。

予想を動画解説


競馬ナンデ公式YOUTUBEチャンネル
競馬ナンデ予想家の予想・回顧を動画配信

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの予想

カテゴリ