秋華賞2020出走予定馬紹介(圧倒的1番人気デアリングタクト三冠へ死角なしか)

デアリングタクト 松山弘平騎手

 4戦無敗のオークス優勝は史上初の快挙で向かうところ敵なし。一旦はローズSからと発表されたが直行に変更。ただ、調整に狂いが生じたものではなく、より力を発揮できるローテを選んだとのこと。馬場が悪化しても問題ない馬で、死角はない。

リアアメリア 川田将雅騎手

 オークスは外々を回る正攻法の競馬。川田騎手がこの馬の能力を信じた騎乗だったが最後伸びを欠き4着。精神面が成長し、折り合いがスムーズになったが、もうひとつ成長が欲しいところ。

ミヤマザクラ 武豊騎手

 同コース京都2000Mの京都2歳Sで2着がありコース適性を示しているのは大きい。血統的にスタミナも豊富で、しぶとさ比べになれば浮上しそう。

マルターズディオサ 田辺裕信騎手

 チューリップ賞では正攻法の形での勝利。先行してよし差してよしと脚質も自在で京都2000Mは合いそう。


予想を動画解説


競馬ナンデ公式YOUTUBEチャンネル
競馬ナンデ予想家の予想・回顧を動画配信

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMの予想

カテゴリ