ナンデ的<皐月賞回顧> ◎キャプテントゥーレも見事的中

競馬ナンデ,回顧,皐月賞,キャプテントゥーレ
「ナンデ的回顧」はシリーズとしてやっていこうと思っています。これぞ競馬集合知だからです。(そのうちナンデのどこかに別コーナーとして設けられればと思っています。)


では分析してみます。分母は12人です。


1、キャプテントゥーレの勝利について
◎1人
九平次さん、おめでとうございます。そしてありがとうございます。
その他全員スルーの中、本命にあげ、さらに根拠を読めば正にどんぴしゃの予想でした。
トゥーレやキリシマの能力評価、展開や馬場の読み、騎手の発言の拾い方まで、緻密で詳細な分析がズバリでした。
ぜひみなさんに読んでいただきたいです。これだけ説得力のある予想をレース前に読めていれば、、と後悔しました。

2、タケミカヅチの好走について
印無し。
これはどうしたことか、ナンデ始まって以来の残念な結果かもしれません。
みなさんスルーでした。盲点だったということでしょうか。確かに今回は勝負になりそうな馬が多すぎて、手が回らないという感じもあったと思います。
ただ、唯一タキオンさんが、マイネルからのトゥーレ・タケミカヅチへのボックスを示唆していましたので、馬券は当てていたのかもしれません。

3、マイネルチャールズの敗戦について
◎2人、○1人、▲1人
これはなんとも評価しづらいところです。
ただ、どなたもなんとなく半信半疑というか、消去法で仕方なくといったスタンスで、結果もそのような感じだったように思います。
マイネルチャールズってそんな感じの半端な存在です、といった評価は正しかったのではないでしょうか。

4、レッツゴーキリシマの5着好走について
○2人、▲1人
15番人気のキリシマがあわや2着のところまで粘ったのも皐月賞の特筆事項でしょう。
ナンデでこの馬を評価できていたのは、好結果だったと思います。特に九平次さんはキリシマが2着に粘っていたら大変なことになっていました。
比較的前に行く馬を評価していたのもナンデの特徴で、それは正解でした。

5、ブラックシェルの6着凡走について
◎1人、▲1人、×3人
2番人気だったにもかかわらず、ナンデでは3人もの人から危険視されていました。
武の人気に乗っからないところが、ナンデの強さであり、正当に評価できて素晴らしかったと思います。
トロトロさんは血統面から、九平次さんはこれまでの経験の乏しさから、ずばっと切っていて、説得力のあるものでした。

6、スマイルジャックの9着凡走について
▲1人
4番人気だったにもかかわらず、ナンデではかなりスルーされていました。
これも良かったと思います。

7、ショウナンアルバの14着凡走について
○2人、×2人
3番人気だったにもかかわらず、ナンデでは人気がありませんでした。
これも成功でした。


以上から、ズバリ当てた方は少ないにしても、全体的に、かなり良い線にきていたことがわかりました。
そして、今回特に目についたのが、みなさんの「根拠」がさらに長文化したことです。非常に素晴らしいことだと思いました。
長ければ長いほど良いとぼくは思っています。「根拠」をできる限り緻密に分析して、理論を磨き・知識を得ていくことは、仮にそのレースで外れたとしても、次に繋がっていくはずだからです。
競馬は「最後の最後は運」というのも事実ですが、理論や知識に関しては、やはりナンデの方々は高いレベルにあることを今回も感じました。
今週もどんな的中がでるのか期待してしまいます。
フローラS(など)もよろしくお願い致します!

競馬ナンデトップへ
タグ: ,,,,

能勢俊介元TMのキャプテントゥーレ回顧皐月賞競馬ナンデ予想

大西直宏元Jのキャプテントゥーレ回顧皐月賞競馬ナンデ予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ