【2回函館1日はくぼ12R】 長谷川浩大@トシザユカ 逃げ粘り3着を詳細解説

長谷川浩大,トシザユカ,函館競馬場,馬券,はくぼ競馬,洋芝,複勝,逃げ,滞在競馬,回顧
競馬ナンデに書けない平場の話はブログにて~


久しぶりに馬券自慢ブログします。

トシザユカ.jpg

これは、自信度Sでした!


事前に予想としてアップできていなかったので、信憑性は落ちますが、
回顧的に、的中までの過程を記しておこうと思います。




   <9番人気トシザユカの複勝は10.8倍>

(1)馬場
まず、何はさておき、
「函館の芝、Bコースは、内伸び」
これに尽きます。
昨年それに気付いて儲けさせてもらったので、今年も注目していたのです。
その傾向は初日にも出ていました。

5Rで内を通った馬
セゾンシチー 1番人気 1着
レジェルマン 4番人気 3着
エーティーダビンチ 6番人気 4着
ハイブリッドスター 16番人気 8着

10Rで内を通った馬
フリーダムエアー 1番人気 2着
メジロアリエル 5番人気 3着
ナスザン 7番人気 4着
バロンダンス 4番人気 5着
アスタートリッピー 11番人気 7着

(6Rは距離が長すぎるため、9Rは流れが速かったため、参考外としていました。)

逆に外を回った馬が伸びきれない例もたくさんあったので、
、僕としては、内伸びを根拠付けるには十分なサンプルでした。

(2)展開
メンバーのテンの速さを比較すれば、トシザユカが一番速いのは明らかだった。
さらに、トシザユカの出遅れ可能性を検証するために過去のレースを全て振り返って見てみたが、ゲートはかなり上手い模様。
出遅れは一度もなく、二の脚も速い。
他に競りかける存在も見当たらない。
思い切った戦法をとる馬が出てこない限り、
トシザユカのハナの可能性はかなり高かった。

(3)パドック
トシザユカはプラス38キロ。
これを見た瞬間、レヴリを思い出した。あの馬も去年札幌滞在プラス26キロで勝っている。
北海道に滞在する牝馬、体調が上がって、カイ食いが良くなり、急激に馬体を増やすことがある。
パドックでも、まったく太くは見えなかった。トモもよく張っているように見えた。
これが本来の姿であろう。体調は完璧。

(4)馬の能力
そんなのは二の次。
この馬は初めて500キロの本来の姿で競馬できるかもしれないのだし。
芝競走の経験はほとんどない。
函館洋芝ならダートでの実績が活きるかもしれない。
それで複勝10倍以上つくのなら。。


条件は全て揃っていました。


レースでは、長谷川浩大騎手が、ポンとハナを切って、
直線では脚色鈍るも3着に粘りこみ。
思った通りの展開でした。


あああもっとたくさん買えたはずだなあ。。
馬券当たったあとは、誰でもそう思うんでしょうけどね。


競馬ナンデトップへ



タグ: ,,,,,,,

能勢俊介元TMのはくぼ競馬函館競馬場回顧複勝逃げ長谷川浩大馬券予想

大西直宏元Jのはくぼ競馬函館競馬場回顧複勝逃げ長谷川浩大馬券予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ