関口隆哉著「牧場発 種牡馬たちの真実」  ~JC・賞金2億5千万円の裏で~

関口隆哉,アドマイヤムーン,ジャパンカップ,賞金,牧場,種牡馬,種牡馬たちの真実,地方競馬

282.jpg
ジャパンカップ優勝馬の賞金がいくらか、憶えているだろうか?

2億5000万円。

多くの競馬ファンにとっては、そんなのあんまり関係ない数字。
目の前の馬券のほうが大事だ。




<JCの覇者アドマイヤムーンが手にした金額は...>

ダビスタをやっていたころは、その賞金がゲーム上の運転資金になっていくから、
僕でも結構気にしていたが、
つい10年くらい前、それは1億3000万円くらいだったように記憶している。

知らない間に2倍の額に。

競馬界は景気がいいんだね。
競馬素人であれば、そう勘違いするところだろう。


もちろん競馬ファンの方ならご存知のとおりで、そんな景気が良いはずはない。
10年前頃から、どんどんと地方競馬が廃止になっていっている。
上山、三条、足利、高崎、中津、、、
馬産地でも、あの早田牧場の倒産を筆頭に、牧場の閉鎖が相次いでいる。


賞金額は上がる。
馬は売れない。牧場はつぶれる。


このにわかには理解しがたい乖離を、関口隆哉著の「牧場発 種牡馬たちの真実」は説明してくれる。



すごく簡単にいうと、こんな感じではなかろうか。


賞金が高くなる。→馬が高価になる。種付け料も高価になる。繁殖牝馬も高価になる。→小さい牧場は借金をして種付けをし、借金をして繁殖牝馬を買わなくてはいけなくなる。→馬が当たるか当たらないかは時の運。→もし良い仔ができなければ借金を返せなくなる。


つまり、賞金額が吊り上げられることによって、小さな牧場までもが、意に反して、ハイリスクハイリターンの商売を強いられてしまっているのだ。
競馬界全体がベースアップしているわけではなく、むしろバブル崩壊後は冷え込んでいるはずなのに、
賞金だけは上がる。GⅠレースも増える。
小さな牧場主たちは、そういったところの賞金をせめて下げてほしいのだという。
その余った分を自分たちによこせというのではない。
ただ、実態から乖離した、ハイリスクハイリターン化をやめてほしいというのである。

考えてみれば、結局そういった大レースの賞金をかっさらっていくのは、大手ばかりだ。言ってしまえば、社台の一人勝ちである。
そういったところにばかりお金が回って、小さな牧場がそのような賞金にありつく可能性は極めて低い。


普段あまり気にしない賞金額といったものも、
競馬界に大きな影を落とす原因にもなっている。


牧場の真実を知ることで、
いつもの競馬の見方も変わってくる。
ぜひお奨めしたい1冊。



→競馬本専門書店"ナンデ堂"へ

→競馬ナンデトップへ


タグ: ,,,,,,

能勢俊介元TMのアドマイヤムーンジャパンカップ地方競馬牧場種牡馬関口隆哉予想

大西直宏元Jのアドマイヤムーンジャパンカップ地方競馬牧場種牡馬関口隆哉予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ