アースリヴィングのためのドバイ「選択」~普通の馬&普通の調教師が切り拓いた日本競馬の新しい時代~

| コメント(1)
200902262124000.jpg
25年ほど前、カツラギエースやシンボリルドルフが海外の強豪馬を負かして、
日本馬の性能が外国馬に劣らないことを証明した。

10年ほど前、シーキングザパールやタイキシャトルらが、次々に海外のGⅠレースを制して、
日本馬が海外でもやれることを証明した。

もはや日本と外国との馬の差は特にはないと思う。
こと芝に関しては。
さらに僕は、ダイワスカーレットのような日本の芝トップホースがドバイワールドカップのようなダート最高峰のレースに挑戦すれば、
通用すると個人的には思っている。
日本馬は強い。

もう今は、
「弱い日本の馬の代表が、強い外国の馬を、頑張ってやっつけにいく」といった構図を楽しむ時代ではなくなっているように思う。


だからこそ、
アースリヴィングの今回の遠征は有意義だったように思う。
アースリヴィングは日本を代表するトップホースではない。
小笠調教師も若い方で、今のところはまだトップトレーナーではない。失礼ながら。
それでも彼らはドバイに渡った。
今更ドバイの準重賞を勝ったって、日本の馬の価値を証明するとかそういうことではない。

自分のため。自分の馬の価値を証明するため。
アースリヴィングの価値を上げるため。
アースリヴィングにとって、より適性があり、価値を高めてくれる、良いレースを探した結果として、
ドバイのUAEオークスという競走を選んだ。

良識ある賢明な判断であり、ある意味普通の選択といえる。
なぜなら、日本にはちょうど今の時期、オープンのダート競走というのがない。
(個人的にはこれは番組編成上の不備、ダート競走体系の整備遅れであって、問題だとは思っている)
ヒヤシンスS?昇竜S?
つまんないよね。
スーニが芝のアーリントンCに挑戦?
いいや。そんなの使うくらいなら、ドバイに行こうぜ。


だから「日本馬の海外挑戦」とかではない。
普通の「選択」だ。
日本競馬にもそういう時代が遂に来た。


なんだかわくわくしてしまうのは私だけだろうか。




コメント(1)

ただいま「UhaUha.net」では「ドバイワールドカップ 日本馬応援宣言!」と題したキャンペーンを実施しております。
つきましては貴サイトに応援バナーを張っていただければと思い、ご案内でコメントを書き込ませていただきました。
バナー設置していただいた方には抽選でプレゼントも差し上げております。詳細は下記URLからご確認ください。
それでは失礼致します。

http://www.uhauha.net/dubai_sp/index.html

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ