<ドバイワールドカップデーを前に>追憶のナド・アルシバ、UAEオークスデーを振り返る

(忘れちゃうといけないので、
 UAEオークスの日のこと・アースリヴィング応援観戦のことをまとめて書いておこうと思います。)

<2月26日UAEオークス当日・ドバイにて>

ドバイの競馬はナイターで最初のレースが19時ころからということで、
15時くらいまでは観光というかお土産探し。

16時半ころにハイアットでタクシーを捉まえていざ出陣。
「ナドアルシバレーシングクラブ」
「OK」
なんかいい感じですよ。

競馬場が近付くにつれ、
ナドアルシバの標識とかがちらほら見かけるようになってきたので、
早くもお上りさん丸出しでパシャパシャ写真をとる。
これがあとで命取りに。


途中、ドバイ競馬の調教場があると言われるアルクオズ地区を通る。
ウオッカもドバイには到着しているので、
もしかしたらこのあたりにいるのかなあと思ったり。


市街地から離れ、荒涼とした風景になってくる。
だだっぴろいところでなんだかでっかい工事をしているのを見つける。
場所からしてすぐにメイダン競馬場の建設現場とわかる。
どでかいスタンドを造るのに着手しているのはわかるが、
それ以外は造成中って感じ。
素人考えでは、来年ここでドバイワールドカップ?
ないな。と直感。


タクシーが止まった。
ああ着いちゃった。吸い込まれるように競馬場内へ。
無料。入る時にマークシートを1枚渡された。

まずい。
競馬場に入る前にメイダン競馬場建設現場をちゃんと写真に収めるつもりだったのだが、
ナドアルシバに来たことに舞い上がりすぎていて忘れていた。
もういいや。

ナドアルシバ競馬場の中からも、メイダンのスタンドは見えるし。
適当に撮っておけばいいや。
それくらいナドアルシバとメイダンはお隣同士。

レーシングプログラムは、
競馬ナンデ関係の方々のことを考えて、ごっそり。
見つかるとやばいくらいに取ったのでバッグに入れたら、非常に重くて、
これも後で命取りに。


府中でもナド・アルシバでも同じで、競馬場って、
一番最初にスタンドに出て、青々とした芝生が目に飛び込んでくる瞬間に、
一番テンションが上がる。
このあたりでまた無駄にシャッターを切ったのが後で命取りに。


<続く>

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ