競馬ナンデとはなにか?2 ~掲示板・ブログでの経験から生まれた競馬予想コミュニティ~

競馬をある程度知ってくると、さらに、もっと深く知りたくなってくる。
それほどに競馬は奥深いものであり、心を惹きつけて止まないものです。

自分なりの競馬の予想スタイルを確立してくると、
「さらに多くの知識が得たい」「他の理論・考え方による刺激が欲しい」といった気持ちにが沸いてきます。
自分の理論を整理し、さらに高めていきたくなるものではないでしょうか。

少なくとも私はそうでした。

そこで私は多くの猛者たちが集う、巨大掲示板に自分の予想を投稿してみることにしました。
書きまくりました。こういう考え方に間違いはないか、自分は正しいだろうか、問うてみるつもりでした。
しかし、まず最初に言われるのは・・・
「長文うざい」

そうなのです。
いわゆる掲示板というところは、長文うざいのです。
失礼いたしました。
掲示板というのはみんなで作り上げていくものであり、流れがあり、
縦にずるずるっと読み流すものであり、
一人の人間がその場を自由に使って意見表明したりするような場ではないからなのだと思います。


では次に、
自分で自分の好きなように予想を書きまくってやろうと、
ブログを作りました。
ここなら誰にも文句は言われまい。書きまくりました。
誰にも「長文うざい」などとは言われません。筆が進みます。
しかし、途中でふと立ち止まってしまいました。
「これ、誰が読んでくれているのだろうか?」

そりゃそうです。
普通の競馬ファンが人知れずブログを始めたところで、誰もそんなことは知りません。
それを多くの競馬ファンに知らせるというのは大変なことです。
これは競馬ナンデを始めてから理解したことでもありますが、
日本に恐らく数兆とあるWEBサイトの中で、自分のサイトに目を向けさせるということは、
並大抵の努力ではできません。
努力とお金と時間と様々な助けを得なければできることではないのです。

誰からも反応が無ければ、書いていても虚しさが募る一方です。
結局ブログも続かなくなってしまいました。


じゃあしょうがない!
掲示板でもブログでもない、新たなメディアを作ろう。作るしかない。
そこで作ったのが、「予想コミュニティー」競馬ナンデです。

競馬ナンデは、その根拠を大切にするというコンセプトからして、長文大歓迎です。
書けば書くほど喜ばれます。拍手されます。
そして、多くの方のご協力のおかげさまで、
今では月間50万PVに達しました。
数千人の競馬ファンたちが予想を見ており、コメントや拍手が寄せられ、
そこから多くの気付きを得ることもできます。
さらには個人的にメールを送り合ったり、チャットで意見交換することまでできます。

ただ、競馬ナンデもまだ始まって1年ほど。
これからますます多くの方にご利用していただき、もっと機能も充実させ、
より多くを学び合える場にしていきたいと思っています。

もしも趣旨にご賛同いただけたら、より良い予想コミュニティーへの発展のために、お力を貸していただけないでしょうか?


能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ