反ツイッターメディア・長文メディア・web論壇の先駆けとして【競馬ナンデとは何か】

| コメント(4)
最近はツイッターが大流行している。
企業も政治家も一般人も芸能人も・・・
本当に猫も杓子もツイッターといった感じで、
すごいですよね・・


しかし、そこへきて競馬ナンデというのは、
ツイッターとは全く逆を行くメディアだ。

ツイッターは140文字以下でないと投稿できない短文メディアで。
競馬ナンデは70文字以上でないと投稿できない長文メディア。

そりゃ流行らないわ・・・とも思う。



でも信念として、
長文メディアも必要だ、と思ったから競馬ナンデは立ち上げた。
それに1000名もの会員の方が賛同・登録してくれて、
たくさんの素晴らしい予想見解を発表してくれているのだから、
未だに自分としては間違っていたとは思っていない。


ちょっと前に小泉首相が登場したときには、
ワンフレーズ政治といわれたことがあった。

思うに、
テレビ、というのはワンフレーズ向きのメディアなのではないかと思う。
テレビは発信側が、一斉に多くのひとに同時に情報を流していて。
時間的制約が大きい。
だから、郵政民営化!とか抵抗勢力!とか、政権交代!とかいったような、
数秒分のメッセージは載せやすいけれど、
それは実際のところどうなっているの?なんでそういうことになるの?
といった掘り下げには適していないメディアのように思う。


転じてネットは、
現状のところテキストベースのものが多いという前提もあって、
またみんなに一斉同時に発信しなくても、
読み手側が好きなときに好きなだけ時間を使って情報受け取りができるということからして、
掘り下げをしやすいメディアであるような気がしている。


だからネットには、長文サイトもあってもよいと思っている。
もちろん、
ネットだって流し見的に消費するユーザーも多いであろうし、
そういう人たちを批判するつもりも全くなくて、
2ちゃんねるやツイッターのような短文サイトも必要だと思うけれど、、
両方あったほうが、
健全かなと思っている。

続く


コメント(4)

短文では、言いたいことが全部言えません。
そのため誤解されたり、もどかしい。
人はもともとエンドレスにものを考え、それらはずっとつながってるものでしょう。
ツイッターじゃ、こま切れになってつながらないことも多いのでは・・
”好きなこと好きなだけ書く派”としては、書き込んだ長文ブログを見るとつい読み込んでしまいます。

こんにちは、昭辰です。

ネットサーフィン(古!)していたら、たどり着きました。

今度、ゆっくり読みに来ますね♪

HP-ブログ―ツイッターとだんだん短くなっていますね。
これは子供たちの学力低下と関連していると睨んでおります!
一昨年台湾に行ったのですが、電車の中で携帯に夢中な子どもたちなんて全くいなかったですね。
学力もかなり差が付いているんだろうなと思いました。

いつも文章少なくてすみません(笑)

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ