2010年フロイラインカップ

| コメント(3)
6月24日(木) 門別競馬場にて3歳牝馬限定重賞
フロイラインカップ(H3)(ダート1200m)が行われます。

北海優駿の覇者クラキンコは予想通り堅実に地元戦のフロイラインカップを使ってきました。
大井での特別戦勝ちの内容からもジャパンダートダービーに挑戦したとしても
現状の力量では掲示板はかなり苦しいでしょう。
さらに昨年末南関東に移籍した際に大きく馬体重を減らしたことを考えると、
道外遠征には体質の強化が必須条件。
このローテーションに陣営の期待ぶりが現れているように感じるのは私の気のせいでしょうか。

当面の相手は東京2歳優駿牝馬勝ち馬プリマビスティーでしょう。
2頭が同じレースに出走するのは今回と同距離で行われたエーデルワイス賞以来で、
その際プリマビスティーは2着クラキンコに1馬身差の3着でした。
8ヶ月の時を経て2頭の差がどうなっているのか注目です。

北斗盃で休み明けながらクラキンコに0.3秒差の2着だったパシコジュリエ
中央から転厩後着差を広げながら3連勝のヤマノオレンジ
辺りが上記2頭の間に割って入れるかといったところでしょうか。

とにかくクラキンコの重賞3連勝に大いに期待です。

コメント(3)

クラキンコの予想以上のパフォーマンスに
一ファンである私も驚きを隠せません。
レースの中身もかなり濃厚でした。

出鞭を2発くれての先行策は、出脚の遅い馬で内枠で包まれたくないという思いの表れ。
それでも2歳時から考えれば抜群の出脚。
1200mでこのスタートが切れるなら、もう道営の同世代に敵はいないでしょう。
3,4角中間で抑えきれない手応えで先頭に立ったところで勝利を確信。

直線に向いたところで僅かに仕掛け、後は持ったままの大楽勝。
レースの着差自体は2着プリマビスティーに3馬身差でしたが、
直線追い続けていれば7,8馬身以上の差がついていたことでしょう。

血統、レースぶりからも短距離戦が良いとは決して思いません。
2600mで行われる王冠賞では、眠れる父譲りのステイヤーとしての素質が
目覚めることを期待しています。

クラキンコぶっちぎりでしたね
どんどんパフォーマンス上げますね
クラキングオーはいい娘出したな~
って感じですね

おそらくクラキンコは短距離の方が良さそうなので
今回も有力じゃないですかね
私も馬券買って応援したいですね♪

しかしこういうマイナー血統馬でも
信頼して馬券買えるってのも
なんか地方ならではですな~

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ