【超高速馬場化問題特集2】レコードタイムと競馬ファンの昂揚感~得しているのは誰?の巻

| コメント(2)
これもひとつの社会病理だとすれば、
その解決法を探るためには、
まずは、
「その裏で誰が得をしているのか」
を考えるべきだろう。
これがわからなければ利害調整を図れない。


しかし、この問題は、ここで大きく躓く。
誰が得をしているのかよくわからないのだ。。


高速馬場で馬が壊れてしまい、
競馬ファンも陣営も悲しい思いをするだけで
みんなが損をしているようにも思える。


もしもみんなの損なのだとしたら、
こんなものは簡単で、
「じゃあやめましょうよ」
で話は終わりのはずだ。


それにも関わらず、
この問題はなかなか歯止めが利かない現状で、
遂には3歳馬が1:31.4で走って故障するまでに至ってしまっている。




そこでもう一度よく考えてみたい。

競走馬の身体を犠牲にして、
高速馬場で得をしているのは、
誰なのか?


「高速馬場→レコードタイム→競馬ファンの昂揚→馬券の売り上げ増」


というのはもちろん思いつく。
仮にこの式が成り立つのであれば、
得をしているのは、
馬券を売り上げるJRAと、昂揚感を享受している我々競馬ファン
ということになろう。



でも本当にそんなことが事実としてあるだろうか?


私個人としては、
レコードタイム見たさに競馬を見ているつもりはないのだが・・・


今回は特にこの点に焦点を当ててみようと思っている。


「高速馬場→レコードタイム→競馬ファンの昂揚→馬券の売り上げ増」
は真か偽か。


続く


コメント(2)

なるほど そういうことがあったんですね それは本当にありそうですね
路面がデコボコなのが一番事故に繋がるでしょうからね
短く刈っていることと事故とは確かにあんまり関係ないのかなとも思ってたんですが・・・

先日の武豊と内田の対談を読むと、芝の長さも関係あるようなこと言ってますよねえ
難しいなあ

個人的には造園課としては
速いタイムが出るというよりは

馬場がいつまでも整備されてるという
みてくれの良さで客に「どや」って言いたいんじゃないですかね

中央競馬会の芝はこんなにきれいなんじゃぞって感じで


それと中央競馬会ってかつて

シンボリルドルフが宝塚記念に出走する直前に
コース上の芝が禿げてて、それに怒った
ルドルフのオーナーの和田総帥が
「こんないつ転倒するかもわからない
コースも管理できない競馬場で走らせることはできん」

とか言われてルドルフが取り消しになった
トラウマとかもあるんじゃないですかね


いつかアグネスタキオンも荒れた馬場の
皐月賞を走って故障して
渡辺オーナーから
「タキオンクラスの馬をまた所有しても
皐月賞には出走させない」
とか言われてるし

馬場を理由に有力馬のオーナーから
怒られたトラウマの方が大きいのかもしれませんね~

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ