【超高速馬場化問題特集3】あるスポーツジャーナリストのブログ~ディープインパクトつえええの巻

| コメント(3) | トラバ(2)
「ディープつえええええええええええええええええええええ!!!!」

有馬記念ディープインパクトラストランの後、
あるスポーツジャーナリストが書いたブログだ。


なんと貧弱なボキャブラリー!
スポーツジャーナリストを名乗るなら他に何か表現の仕方はないのか!
とそのときは瞬間的に不快に感じたものだが。
ちょっとよく考えてみると、



私もそれ以上の言葉を持ちあわせていないことに気付いた。


つまりディープインパクトは、
つええええええええええええええええええええ
だけの馬であって、
それ以外に何もない馬ではなかったと私も思う。



かつて国民的人気を誇り、
社会現象にまでなった、競馬ブームを作った競走馬というと、
ハイセイコーとオグリキャップだけだろう。


ディープインパクトもそれに次いで国民的人気を博した馬だが、
この2頭とはあらゆる面で、決定的に違う。


ハイセイコーもオグリキャップも、地方競馬出身の成りあがりの馬で、
泥臭い印象の馬だった。
彼らはときには負け、ときには勝ち、
それらの全てが物語を帯びていた。
だからこそ、多くの人々が彼らに熱狂することができた。


転じてディープインパクトという馬は、サンデーサイレンスの良血、名門ノーザンファーム出身、名門池江厩舎の所属、金子真人HDが所有する、
生まれたときから期待を一身に浴びて育ったスーパーエリートだ。
傷ひとつない、物語などない、手の届かない存在。
完全無欠で決して負けない。ライバルなどいない。
全てを超越した、恐ろしいほどの無敵の強さを誇る最強馬。


あれほどのかけ離れた存在に、
自分を重ねることはできない。
そんな馬をどうやって応援できるのか。

私としては、
ディープインパクトが人気を博したのが意外だった。


でも今思えば、競馬という娯楽は、
そのときにはもはや
寺山修司が描いたような「自己投影」の楽しみではなくなっていたのだろう。


続く


コメント(3)

It’s really a great and useful piece of info. I am satisfied that you just shared this useful information with us. Please stay us up to date like this. Thank you for sharing.

つよかったjかよわかったか

編集長もしってるようにこの馬の全盛期競馬おろそかだったのは事実ですけど

オグリの死を見たときこの馬にはライバルがいない

これが判断基準悩ますんでしょうね

でもディープのラストランの有馬記念の民放の映像は愚作極まりないと後世まで語りますw

まあ

ディープがつえ~なんて
ボクシングの亀田でも言える表現ですからね~

プロがそれじゃ亀田クラスですわな(笑)


オレ的にはディープインパクトは
愛着わく前に引退したし

そもそも
日本ダービー当日の東京に
ディープレプリカ像つくったり

ライストランの有馬記念で
逆グリーンベルトつくって
ディープのヴィクトリーロードをつくったり


主催者のディープの神輿担ぎが
嫌悪感丸だしで嫌いだったから
余計嫌いになっちゃったな~


いや
別にディープ自身はすごいサラブレッドだな~
とかなり思ってるんだけど

周りでウロついてる
マスコミ、狂信者ファンが
うざすぎるせいで嫌いだったな~

トラックバック(2)

ビワハイジの2008 最新情報 - ディープインパクト 馬 血統 (2010年7月24日 16:08)

loadAdSense('38320', '14'); loadAdSense('38320', '14'); loadAdSense('38320', ... 続きを読む

  ■■ 大阪競馬ストーリー ■■         大阪競馬ス... 続きを読む

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ