2010年 王冠賞 クラキンコ三冠へ

| コメント(3)
8月19日(木)門別競馬場にて道営三冠の最終戦
王冠賞(H2)(ダート2600m)が行われます。

牝馬による初の道営三冠に期待のかかるクラキンコは、
前哨戦の華月賞(H3)を熱発で回避して一時はどうなることか心配されましたが、
三冠の掛る大事な一戦をなんとか無事に迎えることができました。

前走フロイラインカップは好スタートから直線持ったままで他馬を引き離す驚愕の内容。
短距離戦でこれだけ強い内容を見せられると、1400mもの距離延長で果してどうなのか
という不安も感じてしまいますが、2000mの北海優駿でゴール前に流す余裕を見せた辺り
からも距離への不安は杞憂に終わるのではないかとも思っています。

今回は南関東からの遠征馬不在で地元馬のみで行われるレース。
3冠のかかる大事なレースで一頓挫明けとはいえ、絶対に負けられない一戦でしょう。

当面の相手は華月賞勝ち馬で、前走失格も交流戦で中央馬相手に直線良く差を詰めた
サムライジャパンでしょうか。
クラキンコと同厩で交流戦勝ちのあるマサノディフィートは、テレンコ気味でも今回は走る番。
もはや勝負付けの済んだ感もありますが、北斗盃でクラキンコに0.3秒差と迫った
パシコジュリエ
も、3冠最終戦でなんとか一矢報いたいところでしょう。


クラキンコにはここは単なる通過点と思わせるような圧勝を期待しましょう!



コメント(3)

クラキンコ三冠やってくれました!!
圧勝とは行きませんでしたが、4角の手応えからも着差以上の内容だったと思います。

決してレベルの高くない道営での三冠達成とはいえ、
1200m・2000m・2600mという全く異なるカテゴリーを通じて達成した記録だからこそ、
その意味は大きいと思います。

生い立ちを含めて、作り話のようなこんなにもドラマチックなニュースが、
競馬ファンを含め、世間では殆ど話題にも上らないことが私個人不思議でなりません。

その存在を認めさせるには、美談などではなく、
自身の力をさらに誇示する以外無いのでしょうか。

今年の大目標は当然、父クラキングオーも勝った
道営記念(11/18(木)ダート2000m)でしょう。
(なんでダービーグランプリは11/22(月)なんだ。もろ被りじゃないか。
しかも道営記念の方が賞金が高いし。。。)
次走はローテーション的にも、
ノースクイーンC(9/21(火)牝馬限定ダート1800m)
で初の古馬との対決となるのでしょうか。

まだまだ成長途上の馬ですし、今年一杯は道内で力を蓄え、
来年には南関東の交流重賞で、世間をあっと言わせる活躍を期待して止みません。

すばらしい走りで三冠達成!

クラの結晶が北海道ですばらしい花を咲かせましたね

本当に距離が伸びても強い馬

オレもローテーションだけが気がかりですね

1200m→2600m戦のローテで勝てたら
まさに現代のタケシバオーみたいなもんじゃないですかね


三冠達成して欲しいという気持ちはかなり強いので
がんばってほしいですね


PS

金曜日のスパーキングサマーカップでは
名古屋のキングスゾーンの走りにかなり期待しています

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ