2010年札幌記念の展望をしてみよう

| コメント(2)

今週は夏の登竜門のひとつでもある札幌記念です。
秋を目指して個々に目標や使う意味は違えど毎年楽しみな1戦になります。
天皇賞馬マイネルキッツ、ダービー馬ロジユニヴァース、宝塚記念好走のアーネストリーと
G1路線クラスもいます。

中でも注目は3歳の古馬とのレベルを図る意味でも皐月賞2着のヒルノダムールの参戦です。
今回は皐月と同距離とあってダービー1、2着馬を外からねじ伏せた実力があり、基準としては妥当でしょう。

春の天皇賞では大きな不利を受けながらも好走の部類にあたるジャミール。
函館記念では洋芝をタフさで適応し、距離不足を補えました。
特徴であるつなぎが非常に長い点は、クッション性のいい馬場へマッチしたと考えられます。

馬場適性と言えばそのレースの1着馬マイネルスターリー、これで札幌の洋芝が7戦5勝。
ほとんどの馬が洋芝でも対応する中、時として走りが俄然違うタイプが出現するのも特徴のひとつ。
その好適性と今回の相手でも力量が足りるのかが焦点でしょうか。
この夏の馬体の成長もありきでこれをステップに一躍表舞台にのし上がる可能性さえ感じます。

マイネルキッツは遠征のステップに、輝きを取り戻したいロジユニヴァースより
本格化の波に乗りもぎ取りに来たアーネストリーがやはり有力でしょうか。
今回は後ろからマークが付きそうで勝ちを得るには、簡単とは・・・云々。

例年の勝利へのファクターには4角射程圏が必要になってきます。
緩みの少ない一貫した平均ペースが主ですが、脚をなし崩しにされるペースでもあり下手な動きは命取りとなります。
時として速い逃げの仕掛けにより、小回りゆえの果敢な策に展開予想は難しさを増してしまいます。

さて今年はどんな展開が?

ポスト:ヘヴンリーロマンスはいるかな?

いろいろの判断材料を全てクリアーすることが不可能なローカルでは、どこに重く目を向けるのか。
猛暑の中、たるんだ目を見開いていこう (来たー!の目薬でも買おうか)


コメント(2)

3歳アドマイヤムーンが勝った年から定量に変わったことで
古馬とは3キロ差の54キロ。
牝馬は2キロ減だから52キロ、トップクラスなら有利だよ。
ヒルノダムールの力量なら善戦できていいと・・・

個人的には3歳牡馬がどこまでやれるかが課題ッスね~

3歳牝馬が割と強いことはわかったけど
牡馬の方はどうか

ここでダムールが一気に差し切ったりしたら
菊だけでなく

ペルーサの天皇賞とかも楽しみになりますからね!

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ