【2010年私の年度代表馬】幻の逃げ馬サンライズプリンス

| コメント(3)


想像してごらん...
サンライズプリンスが出走していたら...


ということで、
私の年度代表馬は、
サンライズプリンスにしたいと思います。

幻の年度代表馬です。


今年の日本ダービーのことについてはまだ粘着してしまいますね。
もちろんこれで最後ですが・・・


もう忘れられてしまっているかもしれませんが、
サンライズプリンスも登録していたのですよね。
この屈けん炎は本当に悲しかったなあ・・・
レース前にあんまりそんなことを言うと盛り下げてしまうと思ったのであまり言いませんでしたが、
本当に悲しかった


レースの質がまったく変わってしまいましたからね。

もしも出ていたら、
少なくともこの馬は2:25くらいでは走れるだろうから、
あるいは走れると思われていた馬だから、
全く流れは変わっていたはず。


今年は有馬記念もかなりスローに流れて、
結局レースを動かしたのも外国人ジョッキーだった。
日本人ジョッキーは本当にだらしないなという論調も多い。


ただ、僕としては今年の日本ダービーのようなレースも、真にガチンコだと思う。
ガチンコだからこそ誰も動けない。
ダービーだし、取りあえず前に行って逃げてテレビに映っておいてやろうというような逃げがあったとしても、
これはむしろガチンコではないと思う。


競馬はショースポーツではない。
心から勝ちたい、
自分の馬が勝つ可能性を少しでも上げたいと全ての騎手が思うあまり、
俺は動けない、いけにえにはなれない、と思うからこそ、
逆にがんじがらめになって結局誰も動かなかったというのも、
ガチンコゆえ。


むしろ問題は、
出馬表の段階で、1頭も逃げ馬がいなかったことではないかと思う。
ここまでくると騎手だけの責任ではなくて、
そこに至るまでに逃げ馬を造れなかった、
調教師?生産界?馬主?JRA?色んなところに問題があって、日本人騎手だけの責任ではないのかなと個人的には思う。


そして今年は不運も重なった。
ヤマニンエルブとサンライズプリンスという個性的なスピード馬がたまたま故障してしまったこと。

彼らがどのレースに出走を考えていたかは定かでないが、
菊花賞も、天皇賞も、JCも、有馬記念も、
ああ彼らがいたらどうなっていただろうか・・・・
と考えると思いは尽きない。


そういう意味で彼らは歴史を塗り替えるはずだった馬。
結果としてスローばかりに終わってしまったからこそ心に留めておきたい、
幻の年度代表馬。

来る年は、
彼らの復活と、
よりたくさんの個性的な馬、というか、
要は逃げ馬がたくさん出てくることを期待したい。


コメント(3)

そうですよねー
やはりみんなが似たような血統になってしまったら、似たような馬が揃って、似たような出馬表、似たようなレースになる可能性は高まりますよね。

牧場の人たちも、経営が苦しく、目先の利益を追うのは当然で、サンデーサイレンスの血を求めてしまうというのも経済行動という意味で当然でしょうから。

それを修正するためには、血統の多様性を担保するには、非サンデーサイレンス奨励金みたいなものを設けて、非サンデーサイレンスの血統を無理矢理保護していくしかないんですかね。現実的じゃないですが・・・

ヤマニンエルブの父サッカーボーイの血統なんて貴重ですよね。種牡馬になれるとよいけどなあ。ナリタトップロードがいなくなってしまったし・・・

話しをまとめられるか自信がないですが・・・。
文章を読んでガチンコ勝負には納得しました。俺はドスローのダービーを評価していませんでしたが、考え直すべきかなとも。
スローになったら、回顧でまったく面白くないレースだったなと書き、マイルカップのような高速決着になると脚元が心配、今後が不安などと書く。じゃあ平均ペースなら良いのか?と言われると、それも違うような気がする。
オークスやダービーって走る馬の大半が初めての距離なんですよね。昔は頭数も多く、今なら2勝馬が抽選で出れるくらいじゃなかったかな。だからこそテレビ馬というのも存在したのでしょう。
今後ペース自体にケチをつけるのはやめようかなと思っています。今はね(笑)
近年スローの競馬が多い(と思っている)のは、瞬発力に優れているサンデーサイレンス系が主流だからというのが要因の一つだと思います。その昔はスピードで圧倒するプリンスリーギフト系vs消耗戦向きのノーザンダンサー系というある意味真逆の持ち味がぶつかっていた訳ですから、極端な競馬にもなりやすかったのかなと。
それでも騎手はおとなしくなったと思います。レースを壊す騎手が出てこないかな。

というわけで、今年はお世話になりました。

今年の日本ダービーはハイレベルだと思うし
勝ったエイシンフラッシュはかなり強い馬だと思うけど

客観的に見た場合
メチャ面白い内容だったかと言われると
かなり疑問なんですよね

例えて言うなら

「話しがおもしろくない美しき姫」

と言ったところでしょうか

そんな美姫を装飾するおもしろい侍従の役割が
逃げ馬だと思うんですよね

サンライズプリンス、ヤマニンエルブが
ダービー、菊花賞に出走してたら
レベルにふさわしい熱戦が観れたんじゃないですかね~
と妄想

それくらい期待している強い逃げ馬じゃなければ
幻の本命とは思わないですからね~

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ