2011年のクラシック戦線は展望できない

| コメント(8)
去年は秋の東京開催から毎週毎週2歳戦について評価するブログを書いてきていましたけど、今年はできませんでした。
でも今年は書いてこなくてよかったと思います。誰が見ても混戦なので。
ザッとマイ注目馬を挙げてみます。


~牝馬路線~

牝馬はレーヴディソールという1強で進んで行くんだと思います。
対抗とされたアヴェンチュラが故障で春は厳しいとなると新星の登場に期待を持ちたいところか。
ホーマンフリップも間に合わなそうだしなぁ・・・困るよねぇ・・・


・ドナウブルー
まだそこを見せていないディープインパクト産駒。シンザン記念に出走する予定。
2連勝とは言え牝馬限定戦ですし、馬格もないので牡馬との混合はどうか。それをはねのけるようであれば面白いが・・・
ディープインパクト産駒は年末の中山開催での勝利がなかった。秋の中山を入れてもディープサウンド1頭だけ。そのディープサウンドはホープフルSで脆くも崩れる(原因不明だが)。
ディープインパクト自身も中山コースで土がついたように、立ち回り勝負では産駒も相変わらずなのでは?
その点、この馬は牝馬でよかった。秋華賞の京都内回りだとわからないけど、春は阪神の外回りと府中。まともに力を発揮すれば十分対抗として挙げられると思うのだが。
シンザン記念が終わるまで保留。ディープサウンドのようになってからではこの高い評価は恥ずかしい。


・ホエールキャプチャ
阪神JFでは上手く立ち回っていましたね。それでも窮屈だったらしいが。
レーヴディソールも多少かかっていたので能力全開ではなかったのでねぇ。逆転は立ち回りでのみか。
ただ阪神外回りができてから桜花賞ではそういう競馬にはなってないからなぁ。
思ったより圧勝じゃなかったとはいえ阪神JF組がレーヴディソール相手に太刀打ちできるとは思わないなぁ・・・


・ジョーアカリン
いつ出てくるんだろう。わたくし本気で秋の10番勝負の阪神JFで指名したんだけど。攻めすぎですよね。
新馬を勝っただけの1戦1勝馬。ホエールキャプチャがその新馬の2着だけど詰まりまくってたからなぁ。
そんなホエールキャプチャが立ち回って阪神JFで2着してしまうから競馬ってわからない。
早く出てこい。これを読んでいる人に無駄に注目させてやるから。


去年はこの時期にオークスはブルーミングアレー。って言ってたんだけど、今年はオークスで買いたいっていうのが全然いないや。
ディープデザイアはどこ行ったんだろう。



~牡馬~

牝馬と違って中心となる馬がわからない。
外国人騎手が大活躍してしまっていましたし、人馬一体陣営一丸で先々を見据えています感があまり感じられないのが混戦に拍車をかけているんだと思いますが。

・オールアズワン
早目にチキンさんあたりにこの馬を挙げておいてよかったです。
新馬戦で負けたグランプリボスが2歳チャンピオン、故障しちゃったけど札幌2歳で負かしたアヴェンチュラが阪神JFで来年を期待させる4着。
それを考えると今挙げたら普通すぎてつまんないもんね。
ラジオNIKKEI杯はあんまり本気で仕上げていないような調教に見えてしまったので2着は上々だと思っています。


・ショウナンパルフェ
同じショウナン+二ノ宮厩舎で3歳重賞を勝っているショウナンアルバとショウナンタレントの弟。
兄姉は子供っぽさを見せながらの重賞制覇でしたが、この馬はそれを生かして早目に距離を延ばして我慢させる競馬を教えてきているように感じる。
葉牡丹賞ではそれを象徴するように直線で前が詰まりながらの勝利。前が開いてからの瞬発力は非凡に感じました。
ただ出来れば騎手は替えてほしい。前走は行き脚がお世辞にもいいとは言えませんでしたが騎手は押して押して前へ行こうとし、向こう正面ではかかり気味。その1頭だけ勝手に出入りする競馬をして結果的に詰まっている。前をこじ開けてからの差し切りは騎手の腕によるものだが、あんな頭の悪い競馬をされては教えるのも何もない。


高く評価しているのはこのぐらい。
逆にあまり評価をしたくない馬を。

・ダノンバラード
ラジオNIKKEI杯で勝利。勝っても評価はそんなに高いものではないですね。
我慢させたぶん差せた。京都2歳Sのようにロングスパート勝負になってしまうとディープ産駒は苦しいようですね。
前が詰まって結果的に我慢することになった同じディープ産駒のコティリオンが3着でしたし。
もう賞金的には十分だが2月の重賞を使うとのこと。
池江パパのオモチャですよね。1戦余計ってあとで言われることになると思いますよ。
どこに転厩するのか。ダノンだから松田国とかだろうけど、ポリトラック中心の調教からスパルタ松国へ行ったら馬が持つのか?
こういった余計な雑音が多すぎる。


・ベルシャザール
萩Sで3着後にホープフルSを勝利。ホープフルSの時計は優秀なのでずいぶんと一気に名前が売れた気がします。
ただ萩Sの4コーナーでふらついていたのでちょっとコーナーリング性能はよくなさそう。ホープフルSでは外人が無理矢理まっすぐ走らせた感じもあるので今回の好走を鵜呑みにするのは危険とみたい。



ジョーアカリンは攻めすぎ。
ショウナンパルフェは結構普通。
去年のエイシンフラッシュのようなインパクトがなくてすみません。

コメント(8)

ジョーアカリン、面白いんじゃありません?
なにしろ生産者が「もっている人」ですからね。
牧場を初めて最初の産駒(実際な2番目らしいけど)がG1勝ち馬ですから。

なんかこっちこそすみません。
自分としてもチキンさんが水上さんを取り上げてくれるおかげでいろんな見方ができていると思いますし、今では水上ブログがブックマークに入っていますからね(笑)

それにしてもジョーアカリンはやりすぎだったかもしれない。
昨日のおれはどうかしてたのかも?

オレも水上みたいなくせあるけど
あっちは予想とか評論に金取ってるプロなわけで
それでそんなんでいいのかな~と思ったの
言ってしまいましたね

ここで言うことではなかったですね
本当に申し訳ない

別に水上が嫌いで云々ではなく

どうもあの人自分の評価した馬持ち上げるかわり
に他の馬貶めるくせがあるので
「ふんっ」て思うことが多いんですよ

ああ
そういうの嫌いっていうのか(笑)

天邪鬼だからね~オレ
ごめん

まあ ともかく
来年もよろしくお願いします

自分の去年のエイシンフラッシュも水上さんの今年の他路線の素質馬も人それぞれの見方がありますから、そういういろんな見方があるのが面白いんだと思いますよ。
水上が嫌いだから彼の挙げた馬、彼の取り上げることのほとんどを批判というのはどうなんでしょう。
自分の去年はたまたまですので、あんまり期待しないで応援してやってください。

来年のチキンさんの回顧、楽しみにしてます。

ダート馬っぽいってのは馬体からパワーのありそうなタイプってことなんでしょうかね。芝の短距離馬にもそういう馬が多いので、面白そうですね。厩舎もいいですからね。

水上は牝馬は一強じゃないとか
他路線に一杯素質馬がいるとかぬかしてるけど
「どう見たっていねぇじゃねぇか」
って感じですよね

どうせまた水上大好きのエアグルの娘でも言ってるんでしょうけど

そういや去年の今の時期に
水上の奴ルーラーシップの新馬見て
「この世代のようやく本物が現れた」とかぬかしてたけど
そもそも本物は朝日杯とかエリカ賞に
いたじゃねぇか(笑)って話ですよね

水上もプロならエイシンフラッシュみたいの
今の時期に推してみろって感じですね

ドナウブルーと同厩のレッドシルフィアという牝馬に出資しているのですが、こんなコメントが。

助手「今日は強めに乗られたので、帰りは怒っていましたよ(笑)。隣を歩いていたドナウブルーに挑もうとしていました。普段は可愛いのだけれど、結構、気が強いですね」

挑むなら重賞で挑んでほしい。でもこの馬ダート馬っぽいんだよね。

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ