メジロ牧場解散に寄せて

| コメント(2)

ぼくはオーナーブリーダーというのは趣味の究極型で、主義(あるいは夢)に殉ずる自由を有していると考えています。だから、今回の解散について、成功しているマーケットブリーダーを引き合いにあれこれ論じるつもりはありません。残念だとは思いますが、大往生だったと言っておきたい。

 

メジロの馬で強く印象に残っている馬を3頭。まずメジロアサマ。競馬を始めて最初に好きになった馬といいたいところですが2番目の馬(最初の馬はヒカルイマイ)。当時のメジロはアサマとムサシの2Top時代で、ミーハー系はアサマ、玄人筋はムサシファンが多かったですね。当時はオーナーサイドもムサシを評価していたはずで、凱旋門賞にチャレンジしたのもムサシだったですし。当時、父パーソロンの評価もあまり高くはなく、大川慶次郎さんも「パーソロンはマイラー」といっていました(まぁ、大川さんの種牡馬評価は大概間違っていて、ノーザンテーストもサンデーサイレンスも評価は低かったですが)。

 

2頭目はマックイーン。この馬については皆さんご存じでしょう。

 

最後の1頭は、歴史に名を残すことはありませんでしたが、メジロエスパーダ。この馬に感じた鮮烈なイメージは、テンポイント、マルゼンスキー、サッカーボーイと変わりないですね。戦績を見ると64勝。どうということのない成績ですが、この馬が競走馬人生を全うできていれば、スピード系のメジロ牧場になっていたかもしれない、そんな印象を持っています。

史上初めて1200mで110秒を切った馬ですね。

 

そしてメジロといえば横山騎手、今の横山典騎手のお父さんですね。当時の騎手は皆厩舎に所属していましたが、横山騎手だけがフリー。メジロの専属騎手でした。タイプは典騎手とはちょっと違って、燻し銀という感じの騎手でした。メジロムサシ、キクノオー、懐かしいですね。

 

さて、メジロ牧場は、現在一括して売却する話が進んでいるようです。おそらく社台でしょうが、社台なら名前を明らかにできないというのも不自然に感じます。案外個人オーナーが相手なのかも...と妄想しておきます。

 

 

 

 


コメント(2)

うーん、たとえば金子さん。
妄想です(笑)

今個人オーナーで受け入れるだけの
体力のあるところありますかねぇ?

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ