セレクト市場

| コメント(1)

おそらく、今や世界で最も高額で取引されるサラブレッド市場といってもいいセレクト市場ですが、

これまで、当歳市場で1億円以上の落札額で取引された馬が95頭います。ここから海外で走った馬、競争年齢になっていない2歳以下の馬を除くと85頭。

 

この85頭の落札額総額が133億5000万円になります。

では、この85頭は、いったいいくらの賞金を獲得したでしょうか。

はい、チキン馬券師さん、ご指名です。いくらでしょうか?


コメント(1)

チキン馬券師さんから辞退のメールがありましたので。
実は、52億7308万円なんです。
回収率は39.5%、騎手、調教師分を控除すると、31.5%です。
なんだかな~という感じですね。
照哉氏だったか、「正常な精神状態では、そう簡単に買ってもらえない」というようなことを言っていましたが。

セリ値が1億円を超えたらそっと手を下すというのが、立派な紳士淑女のたしなみなのかも。

前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

能勢俊介元TMの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ