南アに渡ったアドマイヤメイン

| コメント(3)

ハットトリック産駒フランスG1優勝のニュースが入ってきていますが、もう一頭のサンデーサイレンス産駒の海外輸出馬、アドマイヤメインについて、何か情報がないか探してみました。

あまりないですが、高井大輔氏のコラムを発見(他にもフランスに渡ったサンデーサイレンス系種牡馬についても書いているが、こちらは後日紹介)。

――――――

高井大輔氏のコラム

「菊花賞での「武豊・渾身の逃げ」が、強く印象に残っているアドマイヤメイン。GIは取れなかったが、南アフリカに種牡馬として渡っていた。そして先日、彼の初めての産駒(牡、母BestBehaviour)が誕生した。ご存知の通り、日本では春先が出産のピークだが、南半球ではちょうど今頃が時期。初産駒に続き、アドマイヤメイン産駒も続々と産声を上げているようだ。

 サッカーのワールドCで世界中の注目を集めた南アフリカだが、馬産が盛んなことでも知られている。そして、何といってもダイヤモンド、宝石の宝庫でもある。宝石関係に端を発してかは分からないが、実は南アフリカの馬産地には、鑑定士という者がいる。産まれてきたばかりの仔馬の目利きをし、評価を与えるのだ。

 鑑定士によると、アドマイヤメイン産駒は非常に評価が高く「A」とか「A'」という高いランクを得ている。総じて形の良い仔が出てきており、どの仔も素晴らしいと大絶賛だ。リーディングサイヤーの座も期待されているようで、サンデーサイレンスの血が遠いアフリカでもターフを席巻しそうなのである。将来的には、産駒が日本で走ってくれるような日を楽しみに待ちたい。」
http://uma-jin.net/column/column.html?id=245&page=13

 

こちらはアドマイヤメインの初産駒の写真

http://blog.summerhill.co.za/blog/2010/8/25/first-foal-for-admire-main.html


コメント(3)

南ア自体にも競馬体系が存在し、また、世界各国で活躍しているようです。
南アといえば、ハワイ、サンクラシーク(オーストラリア産、南ア調教馬、父フジキセキ)が思い浮かぶぐらいですが。

http://ameblo.jp/dubai/entry-10008092930.html  の紹介

南アフリカ競馬について

●南アフリカ競馬の歴史
 南アフリカ競馬の歴史は古く、ざっと遡って18世紀、当時帝国主義を押し進めていたイギリスがケープ植民地に入植してまもなくイギリス式競馬がはじまり(1797年)、南アフリカ・ターフクラブによる初の公式競馬が1802年に開催されています。その後、本国イギリスから多くの種牡馬と繁殖牝馬を導入し規模を拡大、1882年には林立していたレーシング・クラブを「南アフリカ・ジョッキークラブ」に一本化し、1906年には公式の血統書を発行。本格的な近代競馬の体系が確立し、1960年代には優れたサラブレッドを海外に輸出するまでに成長しました。
 その後、アパルトヘイト(人種隔離政策)の世界的な非難によって経済制裁が下され国際社会から孤立、競馬のレベルが低下した時期もありましたが、1991年、デクラーク政権時に制度が廃止され、94年に国が民主化してからは、競馬界もかつての勢いを取り戻しつつあります。
 
●レース体系
 レースは短距離がメーンのようです。東邦出版の『海外競馬完全読本』の巻末に各国の主要レース一覧が載っているのですが、それによると南アフリカの主要レースは33レース。そのうち2000m未満のレースが23レースとなっています。
 
 ただし、南アフリカを代表する2つのレースは中距離で行われます。
 
・ダーバンジュライ
(7月 グレイヴィル競馬場 3歳以上ハンデ戦 G1芝2200m)
・J&Bメット
(2月 ケニスワース競馬場 3歳以上定量戦 G1芝2000m)
 
 両レースを制するのが名馬の証とされているそうです。
 
 3歳クラシックについては正直よくわからないのですが、山野さんによると各州にそれぞれクラシック体系があるそうで、歴史を通じて「不動の三冠戦」というはどうやら根付いていないようです。ハワイの時代は各州のギニー戦を転戦するのが一流馬の定番コースだったそうですが、現在ではケニスワースのケープアーガスギニーズ(G1芝1600m)、ゴスフォースパークのSAクラシック(G1芝1800m)、そしてターフフォンテンのSAダービー(G1芝2400m)の3つを制すと「三冠馬」の称号が与えられるそうで、1999年にホースチェスナット Horse Chestnut が史上初めて「三冠」を達成し話題となりました。
 
●競馬場
主な競馬場は以下の通り。
・トランスヴァール州⇒ターフフォンテン競馬場、ゴスフォースパーク競馬場
・ナタール州⇒グレイヴィル競馬場
・ケープ州⇒ケニスワース競馬場
 
●名馬紹介
コロラドキング Colorado King  1959年生
⇒63年ダーバンジュライを制し、翌年アメリカへ遠征、ハリウッドGCを制す
 
シーコテージ Sea Cottage  1962年生
⇒24戦20勝の成績を残し、稀代の名馬といわれる
 
ロンドンニュース London News  1992年生
⇒ダーバンジュライ、J&Bメットを制し、香港のクイーンエリザベス2世Cに優勝
 
ホースチェスナット Horse Chestnut  1995年生
⇒史上初の南ア三冠馬。J&Bメットを8馬身差で圧勝。アメリカの重賞も制覇
 
イピトンビ Ipi Tombe  1998年生 ジンバブエ産
⇒2002年ダーバンジュライを制し、翌年ドバイ・デューティーフリーに優勝
 
余談ながら、英リーディングジョッキーになったこともあるマイケル・ロバーツ騎手は南アフリカ出身です。
 
参考文献:
『伝説の名馬2』
『海外競馬完全読本』
『矢野吉彦の世界競馬案内』

実はサンデーサイレンス×ヘクタープロテクターの配合馬で
出世した馬はあんまりいないので
海外で活躍したりするとなんだかもったいない気もするんですけどね

馬の鑑定士、おもしろいですね
南アフリカで生産された馬たちはどこで走ることになるんでしょう?南半球産ですよね
ということは香港?オセアニア?
それとも欧州で普通にはするものなのでしょうか?

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ