一番人気が走るコースと、マスゴミのウソ

| コメント(4)

海外メディアでは通説であり、国際的には全く信用されていないニッポン国のマスゴミ(マスコミではない、マス塵なのだ)であるが、何故そうなのか?を突き詰めていくと

外圧  に他ならない

ニッポンのマスゴミに、政府主導による情報統制が行われている事は、もはや周知の事実で、例えば民主党が(といっても一部が)強力に推し進めようとしている ゛外国人参政権゛ について、その本質的理由を鋭く斬り込むジャーナリズムの存在は皆無だ

執行部の殆どが中国という国の国益を守ろうとしている事 (広くはアジア諸国)

この事について、国民に明らかにされない事は、マスゴミ関係者がアホ揃いというより、圧力によって報道が封じられていると考える方が論理的・合理的なのだ

 

 

競馬と関係が無くなってしまうので、枕詞はこの辺りにして問題を競馬に置き換えてみる

一例として、民主党の小沢一郎は、社団法人 競走馬育成協会の会長理事をつとめるが、理事には政府高官の名前が多数確認される、禁止事項である名義貸しを行っていたり、いわゆる競馬との関係は極めて太く強固なのである

団体の看板に有名人を    という趣旨ではなく、むしろ天下側の働きによるところが大きいのが実情だ

 

何度も言っているが、競馬という産業のシステムは、国家として見た場合、非常にオイシく確実な徴収システムである、出走馬の能力比較や分析などは、かなり熱心に行うマスゴミであるが、肝心要といってよい日本中央競馬会の収支報告や、莫大な収入の使い道などに関する報道や記事は、まず絶対と言って良いほど積極的な公開をしていない

政府役人の ゛絶対的天下り先゛ である日本中央競馬会の内側は、公開されないし、ファンの多くも興味が無いのか関心が薄い

この、関心が薄いという国民の意識そのものが、ヘナチョコ国民育成システムにより、政府と日教組によって作り上げられた事なのであるが、それに触れると非常に長くなるので割愛する

 

要するに、意識を本質から逸らすためにさまざまな処置がとられているのだ

固定資産額が2兆円以上、流動資産4千億円で、その内の現金相当割合は98.0%を超える

こんな企業は世界に例が無い

 

毎週毎週、巨額の現金収入が黙っていても転がり込み、25.0%もの純利益を確保する

これに、役人どもが群がる事群がる事

ファン(血税を支払う国民)から搾取したゼニに寄生する形で、この国の競馬産業は成立している

これに対する還元は(恩恵は)、経営を支えている馬券購入者ではなく、天下り役人と、馬主を含めるサークル内で吸い取られているのである

JRAはファンに還元するカネなど、一切無い     と思っている     ホントなのだ

 

日本中央競馬会の預貯金は、どこの銀行で管理しているの?

利益は何に運用しているの?

競馬場の補修工事は、どこの建設会社が請け負っているの?  入札はあるの?

競走馬を運搬する運送会社は、どこの会社なの?  民間の企業なの?

何故、倒産する企業が多い中、勝てない厩舎が倒産しないの?  収入が無いんじゃないの?

 

厩舎が倒産しないシステムについては、後日また機会があれば書きたいとは思っています

 

 

 

競走馬の運搬費用も、補修工事代金も、調教師のメシ代もキャバクラ代も、場合によっては愛人の手当ても

 

これら全て、馬券を購入する善良なファンが捻出している

だからこそ、馬券で負けていては仕方がない、せめて勝つ事を前提に馬券を購入しなくてはならない

 

 

ついでだから触れておくと

競馬新聞の記者のシルシ!!!これは笑ってしまうが、予想ではないのだ

自分が取材に行く先の調教師先生の馬に◎、取材に行く騎手が乗る馬に〇、仲の良い厩務員さんの管理する馬に▲

まぁ、こんな感じで、ファンに当ててもらうためのシルシでは決してない

口では、『担当厩舎ですが、今回はちょっと攻めが・・・・』 などと言ったりするが、あまり信用してはいけない、『悪いって書くなよ!!』 あるいは 『イイって書くなよ!!』 調教師先生が記者のペンを握っている事は事実なのだから

 

この種のテーマでは、勝負師、少々アツくなりすぎるので、このへんにして・・・・・

 

 

 

 

1番人気が強いコースと、ダメなコースを調べてみたので掲載する事にする

そんなに差は無いんじゃないか???と思っている方、いーえ、違うんですよ

 

 

まもなく終了するが、札幌の芝1800m  このコースの1番人気だけを買い続けた場合

勝率 48.0%  複勝率 74.0%   単勝回収率は91.0%で儲からないが、上手く買い方を工夫すれば、確実に利益を得る事の出来る条件であると言える

回収率では福島の同じく芝1800m  勝率は41.7%だが単勝回収率は106.0%と、ベタ買いでもプラスになるコースで、細かい条件を検証すれば、負けない条件を一つ持つ事になるので、是非検証を行ってもらいたい

小倉の芝1800mに関しても同様の事が言える

 

今週GⅠが行われる中山競馬場の芝1200mは、勝率・複勝率共に、オール条件での一番人気出現率と変わりなく、また回収率は必ず元本割れするコースであるので、本来は手を出さない方が良いコースなのである

 

馬券というモノは、難解なレースを苦労して的中に結び付けるより、より確実に儲かる条件を、試行錯誤を繰り返して検証・発見し、それをもって利益を上げる事が重要な事

 

 

張ったカネは、張った時点で25.0%を仕事をしない役人くずれに搾取され、不的中すれば元手も消えてなくなってしまう

毎週税金を納めたいという奇特な方は別として、勝てるレースを探す事が、本来の意味での馬券師の使命だと考えるしだいでございます。

 


コメント(4)

広い意味で、中央集権の形に歪と限界が見えてきたという事です
国家という単位で運営する、このJRAという悪の組織も、やむを得ない成立を余儀なくされている

小さな政府、地方分権による様々なモノの運営が、この国を救い更なる競馬産業の熟成を見出すものと思っているこの頃です
百害あって一利無し、の官僚制度を終わらせるためには、地方分権しかありえません

今の国家(政府行政)は、地方の上りを搾取するだけの、いわゆるヤ〇ザの上納制度となんら変わらないのが実情です
しかし、最大の ゛悪゛ は、自分の脳で思考をしたがらない大多数の国民の責任であります、だからこそ啓蒙活動が必要です

記者の打つテキトーなシルシでカネを張る行為は、軍部の暴走を容認した1930年代の国民の心理と同様で、わたしは個人的に非常に憂慮しています。

〇〇閥、というのは人間社会に於いて必然的に発生する繋がりで、それ自体を否定するつもりはないのですが、メディアの存在意義は ゛ニュートラルスタンス゛ と ゛政府(体制)批判゛ です

力のある者に寄った成立具現は、非常に危険であり、真の姿を隠ぺいする結果となってしまいます、故にアンチテーゼが必要で、その観点でモノを申していきたいと思っております。

まあ
今時の話題で言うと東北被災地支援競走とやってたけど
この金を具体的にどう使うのかもよくわからないですからねぇ

義援金自体も使い方をどうするかで迷走してるくらいだから
結局そういう団体の決断力と情報公開能力は改善の余地大有りなんでしょうねぇ

とは言っても共産主義国家にくらべれば
日本はまだかなりマシなんですけどねぇ

予想は、情報収集と情報分析とから成り立っていて、収集屋と分析屋を同じ人がやっていて、おかしいなと思ったのが競馬ナンデを立ち上げたひとつのきっかけです。

最終的な分析については、むしろフラットな立場で俯瞰で見れる、一般ファン、馬券購入者のほうがやりやすく、専門化して、優れていると思います。

記者は担当厩舎などいろいろなしがらみや主観的見地で予想しますし、ナンデの予想家さんは予想に関して劣っているとは全く思わず。むしろ勝っていると思います。

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ