サイアーニックスランキンング ディープインパクトの場合

| コメント(2)

サイアーニックスランキング ディープインパクト

 

気になる種牡馬についてサイアーニックスランキングを調べてみました。まずはディープインパクト。

                      ※20111002現在

                      JBISのデータを使用

                           

【AEI順】

01 Meadowlake(USA)  メドウレイク 32.68

02 Marju(IRE)        マルジュ   30.97

03 Lycius(USA)    リシウス   13.57

04 Sinndar(IRE)      シンダー   12.40

05 Unbridled(USA)  アンブライドルド 11.21

06シンボリルドルフ        10.91 

07 Garde Royale(IRE)ガルドロワイヤル 10.80  

08 Lyphard(USA)   リファール   8.14 

09 Acatenango(GER)  アカテナンゴ  7.64 

10 Bertolini(USA)  バートリーニ  6.27 

11 アフリート(CAN)                  6.20 

12 クロフネ(USA)                    6.09 

13 フレンチデピュィ(USA        5.31 

14 Kris(GB)     クリス     5.01 

15 Alydar(USA)    アリダー     5.00 

16 Selkirk(USA)     セルカーク      4.98 

17 Nureyev(USA)     ヌレイエフ      4.87 

18 Loup Sauvage(USA) ルーソヴァージュ 4.81 

19トニービン(IRE)                   4.64 

20 Unbridled's Song(USA) アンブライドルズソング  4.50 

 

なんじゃ、これはとつぶやきたくなるぐらいアルファベットが並んでいる。

内国産種牡馬では6位にシンボリルドルフ。これはベストクローン1頭ではじき出した数字。

11位から13位にアフリート、クロフネ、フレンチデピュティが並び、19位にトニービン。

この辺りがニックスといえそうか。

ただ上位の種牡馬は頭数自体が少ない。

 

頭数が多いのは、次の種牡馬たち。

 

【頭数順】       頭数      AEI

01 トニービン     24   4.64 ★

02 ストームキャット  19   1.67

03 フレンチデピュティ 17   5.31 ★

04 ノーザンテースト  15   0.70

05 デインヒル     13   1.52

06 カーリアン     11   3.93 ★

07 ヌレイエフ      8   4.87 ★

07 キングマンボ     8   1.30

07 ゴーンウエスト    8   1.03

07 ブライアンズタイム  8   0.74

                        

トニービン、フレンチデピュティ、カーリアン、ヌレイエフ辺りが好成績。反面、ノーザンテースト、ブライアンズタイムの両巨頭は走っていない。

AEIの1.00が賞金額では1000万円強なので、ノーザンテースト産駒15頭は平均700万円ほどしか賞金を稼いでいないことになる。この血統なら安くても3000万円はするので、投資効率は極めて悪い。

 

こうした数字から何を読み取るか。

ディープインパクト産駒は輸入繁殖牝馬の仔が狙い。

内国産では、トニービン、フレンチデピュティ、アフリート、クロフネ。どちらかというとパワー型と相性がいい。

 

もう一つ。やはりディープインパクトはつくられたリーディングサイアーという印象が強まった。

 

海外から輸入した良血の繁殖牝馬がいなかったら、つまり、ライバルのSS系種牡馬と同じように内国産繁殖牝馬が相手であったら、昨年、あれほどの好成績は残すことができなかった。これは確かだろう。


コメント(2)

>重賞勝ち馬はサンデーサイレンスが圧倒してましたし

初年度重賞勝ち馬は質量

>もう一つ。やはりディープインパクトはつくられたリーディングサイアーという印象が強まった。

海外から輸入した良血の繁殖牝馬がいなかったら、つまり、ライバルのSS系種牡馬と同じように内国産繁殖牝馬が相手であったら、昨年、あれほどの好成績は残すことができなかった。これは確かだろう。


確かディープインパクトは昨年の2歳の勝ち馬率も
サンデーサイレンス系統ではサンデーサイレンスに次ぐ成績だったと記憶しているんですが
重賞勝ち馬はサンデーサイレンスが圧倒してましたし
大舞台での勝利もサンデーサイレンスがどんな繁殖の産駒でも
出せたのに対してもディープ産駒の重賞勝ちのほとんどが
重賞馬の弟とか海外からの輸入牝馬だった所からも
何か単に繁殖の力のおかげじゃね?感もする気も

そもそもサンデーサイレンス系の種牡馬は
別にディープでなくても繁殖牝馬がいい場合は
大体走るわけで
(例外はダンスインザダークだけかも)

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ