お題   武豊

武豊という騎手については、とやかく評価する事も無いが、彼は馬乗り職人で無い事だけは確かだ

企業でいうところの、営業と企画推進の二つの能力に非常に長けた人物であって、騎乗技術が誰よりも優れているという事では無いのだ

 

吉田稔とか、大野拓哉なんかの方がよっぽど上手いと感じる

 

お題にお答えするという事で記事を書いてみる

 

 

武の年度別成績をまずは列記   ※今日現在が10月18日なので、全ての年度を10月18日で区切って算出

 

 年度          成績          勝率     連対率    複勝率

2011年      54・47・51・322      11.4%     21.3%    32.1%

2010年      50・34・28・179      17.2%     28.9%    38.5%   休業期間あり

2009年     102・85・73・330      17.3%     31.7%    44.1%

2008年     128・79・56・312      22.3%     36.0%    45.7%

2007年     123・82・61・276      22.7%     37.8%    49.1%

 

参考までにスペシャルウイークのクラシックである1998年を列記

1998年     140・85・73・320      22.7%     36.4%    48.2%

 

数字を見比べてみると一目瞭然なのだが、騎乗数(騎乗機会)が減っている事が分かる

 

年度による騎乗機会ベスト5の厩舎を列記

2007年度    1位 池江泰郎   38回

          2位 石坂 正   28回

          3位 森 秀行   26回

          4位 池江泰寿   18回

          5位 佐山 優   17回

 

2008年度    1位 石坂 正   28回

          2位 角居勝彦   26回

          3位 池江泰寿   22回

          4位 森 秀行   18回

          5位 音無秀孝   17回

 

2009年度    1位 橋口弘次   25回

          2位 角居勝彦   23回

          3位 森 秀行   21回

          3位 池江泰寿   21回

          5位 松永幹夫   20回

 

2010年度    1位 小島 太   19回

          2位 佐山 優   16回

          3位 橋口弘次   10回

          3位 松田国英   10回

          3位 笹田 和秀  10回

 

2011年度    1位 小島 太   39回

          2位 梅田智之   19回

          2位 橋口弘次   19回

          4位 河内 洋   14回

          5位 笹田和秀   13回   

 

 

 

こちらも見て頂けると一目瞭然なのだが、関東のある人物との関係が密になっている事が分かる

武にとって、大口顧客であった泰郎先生の退官後、御曹司との関係が続くのか?とも思われたが、ご覧の通り、泰寿先生からの騎乗依頼は激減している

因みに、武に回らなくなった馬はドコに流れているのか???

1に福永 2にワダリュウ  3・4がなくて  5にガイジン   である

 

 

これらの事象を、どう捉えるか??は各馬券師あるいはファンによって様々であろうが、わたしの見方はこうである

 

エージェントが変わった事により、恐らく小島太またはアラブ勢力との距離が近くなったのではないか?

今年は、ダーレー関係の馬に積極的に騎乗している、これはゴドルフィンの極東担当である内田の戦線離脱も影響していると思うが、増加傾向にあるのは間違いない

閉鎖的土壌を持つサークル内には、馬主登録以降のゴタゴタなので、少なからずゴドルフィンに対する感情は必ずしも良好ではない

つまり武本人というより、武を取り巻く環境の変化が、現在の状況を生んでいるモノと推測する

 

 

 

面白いので取り上げるが・・・・・・・

今年の騎乗厩舎ナンバー3である橋口厩舎

武は19回も乗せてもらっているが、1着どころか2着すらない

トータルの勝率を鑑みれば、何かオカシイと思うのだが、皆さんはどう感じるのだろうか???


能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ