最強牝馬ダイナアクトレス

無冠で終わった中では、ダイナアクトレスを挙げたい。

脚部不安と気性面でクラシックをまともに戦えなかった牝馬です。

 

同世代のメジロラモーヌが3冠牝馬となる。

アクトレスが順調だったなら1冠を阻止できたかもの馬。

 

古馬になってラモーヌを超えたなと思わせたのが、ルグロリューが勝ったジャパンカップ。

それまで日本の牝馬がJCでの好走は考えられなかった時代。

後にヒシアマゾンやエアグルーヴらがいますが、その先駆けです。

 

史上最強牝馬と言われて来日したトリプティクを押さえての僅差3着。

勝ち馬ルグロリューは当時世界トップレベルでした。

 

アクトレスはマイルが得意な馬。

距離の長さを考えての岡部の直線勝負もさすが名手と思わせます。

 

期待薄、予想外、目を疑うゴール前は、鳥肌モノでした。

後方待機、一番外から赤いメンコをつけてグイグイ伸びて来ます。

 

http://youtu.be/RWaFOIQLCQE

 

この馬を挙げたのには、時代背景があります。

オグリキャップ、タマモクロス、イナリワン、ニッポーテイオーらがひしめく黄金時代と言われた時期。

 

そんな荒波にもまれながらの成績ゆえ、評価に値すると思います。

その強豪と戦った天皇賞秋。

 

後方から内を突いて来る赤いメンコが真っ向勝負に挑んで来ます。

 

http://youtu.be/f_tSYj9EZMs


能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ