恒例の、単勝が売れる目玉商品

GⅠしか買わない人、GⅠになると購入金額が増える人、とにかくGⅠとなると指定席がまず取れない、GⅠの日のパドックには、カメラ片手の小僧や女子が一斉に群がる光景が広がる

GⅠの無い日の条件戦では、馬の蹄鉄の具合ですらハッキリ認識可能であるのに、GⅠのパドックは馬の全体像すら確認不能、写真を撮って何が楽しいのだろうか???よく分からん、ニッポンに限らず世界どこでも同じようだから、そもそも人間の心理って不思議だね

こうなると、特別GⅠレースが馬券的に優遇されない限り、積極的に買おうという気が無くなってしまう、なにかシラケた気分になる

 

 

 

まぁイイか

 

天皇賞の単複売上比は、GⅠレースであるので恒例の、複勝より単勝がバカ売れしている

現時点での、複勝シェアと単勝シェアを比較してみる

 

 馬名                単勝               複勝

ブエナビスタ            25.0%             30.4%

エイシンフラッシュ         12.2%             15.3%

ダークシャドウ           13.7%             11.7%

ローズキングダム         11.8%              9.4%

アーネストリー           12.2%              9.8%

ペルーサ               9.9%              7.0%

トーセンジョーダン          2.8%              2.8%

 

 

投票の流れだけを見ると、ブエナビスタは勝つ可能性より、馬券圏内確保の可能性の方が高いと感じている馬券購入者が多く、アーネストリーは負ける可能性も高いが、好走する時はアタマで来ると信じられているという事が言える

単勝シェア標準偏差は6.75と非常に低く、レース結果が波乱を示唆している事を示している

偏差的な側面からは、先週の菊花賞と比較して圧倒的に買った方が良いレースである事を意味する

 

 

単複比と偏差からは、例えばエイシンフラッシュを買うなら単勝の方がお得で、アーネストリーなら複勝の方がお買い得である、言い方を変えればエイシンフラッシュ軸なら馬単あるいは一着づけ3連単とか・・・・・アーネストリーなら三連複一頭軸のような・・・・

 

 

一応、予想のような事を行った今回の天皇賞では、ダークシャドウを指名してはいるのだが、GⅠホースをさしおいて、単勝シェア2位に支持されるほど売れてしまっている、誤算である

 

他馬の値引き要因

ペルーサ               春の天皇賞以来

エイシンフラッシュ          ?

アーネストリー            適性・大外・年齢

ローズキングダム          ?

トーセンジョーダン          ?

 

値引き商品がいわゆる ゛ワケあり゛ なら適正な値段だと思うが、値引きの理由があまり明確でない上記3頭は、相場という観点からはかなりお買い得感が漂う

 

 

単なる平面的な予想も重要なのだろうが、相場的な損得も重要な観念であると思っている

 

ズバリ、相場からはトーセンジョーダンが、才色兼備な主婦が買う ゛お買い得商品゛ である事に間違いは無い

 

イイ商品かどうかは別としてね☆☆


能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ