ヴィクトリアマイル(GI)2012レース回顧:ホエールキャプチャの瞬発力+横山典弘の腕

12.2 - 10.9 - 11.3 - 12.0 - 11.8 - 11.5 - 11.2 - 11.5


 中盤、3角ぐらいで少し緩んではいるものの、基本的には平均ペース。終い3Fのレースラップが34.2なので、前にいないと苦しい競馬になった印象はある。今週は変に時計が早かったので、どういう競馬になるかと思ったが、前半もペースの割には団子状態。その分、3角の緩みで多少ブレーキをかけられて、スムーズに運べなかった馬はそこからの加速戦では難しかったかもしれない。ラップ的には前有利、中盤でスムーズに運べた馬有利という感じはします。


 1着ホエールキャプチャは五分のスタートからじわっと前目を窺いに行く。結局3~4番手で落ち着いて、内ポケットで息を入れる競馬。3角で逃げるクィーンズから少し離れて息を入れる感じ。4角でも馬なり絶好の手応えで最内を追走して直線。序盤でがっぽり進路が空いていると、まだここでも馬なり。L2でじわっと仕掛けると先頭に並ぶ。L1でそこから1馬身と突き放すが、外ドナウブルーも食い下がって内外離れての競馬になったがしっかりと押し切った。結果的に序盤に早い段階で良い位置につけて、中盤の緩みを見越してスペースを作って先に息を入れておいたのと、勝負所でも仕掛けを遅らせるだけの余裕を作れたのは大きいですね。地味に見えて完璧な騎乗だったと思います。これは凄い。ホエールの良さである勝負所でのキレ味、瞬発力を完璧に引き出せたと思います。また、高速馬場化したことで、時計自体は早くなっても相対的にそこまでハイペースにならずに、脚を消耗しなかったのも大きいと思いますね。本質的なマイラーではないとは思うのですが、今回は持ち味の瞬発力が最大限に発揮できたと思います。パーフェクトな騎乗でした。



 2着ドナウブルーはまずまずのスタートから押して押して早い段階で2番手を確保する。そのまま逃げるクィーンズバーンを追いかける、ウィリアムズとしてはNHKマイルとほぼ同じ形。馬場を考えると平均からやや早めというペースを番手追走して3角。3角でも内目、逃げ馬をいつでも捕まえられるというような競馬、4角ではまだ仕掛けずに2番手1馬身差ほどで直線。序盤でじわっと仕掛けるが、ここで少し反応が遅れる感じで、L2で逆に内からホエールに抜け出される。L1では再度ジリジリと伸びてはいるのだが、この反応の差が遅れての2着惜敗となった。ん~序盤はパーフェクトな競馬だと思ったんですけどね、結果的にラップから考えると、仕掛けを遅らせる理由はなかったように思いますね。実際仕掛けを余裕を持った分、瞬発力の差でホエールキャプチャに出し抜かれて、L1で盛り返しているのだから余力はあったはず。早い段階で仕掛けて直線序盤で大勢を決した方が良かったように思いますね。序盤の反応の悪さが惜しかった。ただ、それを除けば勝っていたのはこちらでもおかしくなかったわけで、相当強いマイラーだと思いますね。序盤にスピードに乗れて、それを維持するタイプだと思うので、良馬場で時計が出やすいというのも良かったし、ペースの緩急にも影響を受けにくい位置で競馬ができたのも大きかった。展開的には前有利だったけど、そういう競馬に持っていけたというのもこの馬の強み。これは先が楽しみな馬ですね。


 3着マルセリーナはやや出負けして出していくも後方からの競馬になる。道中馬群が割と一段の流れになって、最内ポケットで動けずに、道中少し掛かるような競馬になっている。3角でもまだ引っかかるような感じでブレーキをかけていて最内追走。4角でも最内を追走し、後方で直線。序盤で馬群の中に突っ込む。L2でアパパネの外を突き、しっかり加速して伸びてくる。L1でもジリジリと伸びてくるが、ポジションと仕掛け所の差が痛い3着となった。今回に限れば1番枠は苦しかったかな。ただ、どちらにせよ、スタートが遅い馬で、今回みたいに団子なら内枠で捌けた分だけマシかなと思いますね。いずれにせよこの条件で、この展開だと勝ち負けは苦しい馬だと思うので、そう考えると、与えられた条件下では比較的恵まれた方だと思います。やっぱり東京で加速戦になってくると位置取りの差が痛い。それでも加速しきってからのキレ味は良いものがあったし、L2の脚でアパパネを上回ってきたのは評価。持続力という点で最後少しキョウワジャンヌに見劣っているのは、適性の差だと思います。今日はどう乗っても勝つのは難しかったかな。良く3着に来たと思います。良い切れ味とそこそこの持続力を見せてくれました。むしろ安田記念はこの中では一番狙いやすいかもしれません。


 4着キョウワジャンヌはまずまずのスタートから様子を見ながら中団やや前で競馬。道中もスムーズに進めて3角。3角で内目追走、4角で仕掛けて5~6番手3馬身ほどで直線。序盤でドナウブルーの後ろを確保するがここでは伸びきれない。L2でもジリジリとポジションを上げきれないが、L1でばてずに盛り返してくると、最後は先に抜け出されたマルセリーナに迫る勢いで4着と健闘した。ちょっとジリジリだったかな。3~4角でも割とスムーズだったし、直線でもいい位置にはいたんだけど、そこからのキレ味が足りなかった。ただ持続力はあったし、もう少し平均的な競馬の方が良いと思う。ただ、勝とうと思えば勝てる位置にいたという点では、上位3頭とは差があるかなという感じですね。距離動向よりも、キレ味があまり問われない平均的な競馬向きだと思います。



 5着アパパネは五分のスタートから無理に先行争いはせずに中団で競馬。道中はこの馬らしいハイペースでも掛かるようなしぐさを見せて3角へ。3角でも内目を追走、4角でもキョウワジャンヌの後ろ、仕掛けられずに中団で4馬身差ほどで直線。序盤で進路を捜し、内にしっかりと確保するが、L2で伸びが足りない。L1でホエール、ドナウに突き放されると、最後はマルセリーナやキョウワジャンヌの強襲に抵抗できず完敗の5着となった。ん~道中掛かるのはこの馬の良い時はいつものことなのであんまり気にはならないけど、勝負どころでの反応負けというかキレ負けが気になるし、L1も力尽きていた感じ。時計を見る限りは少し瞬発力勝負気味になったとは思うけど、キレ味で負ける馬ではないと思うし、序盤少しポジションを甘く見積もったかなという気はする。それでも今日の内容だと勝ち負けは苦しかったと思う。少し落ち目かもしれないけど、去年のメンバーは抑えているから、もしかすると今年のレースレベルが高かったのかもしれない。上位は実は全て4歳馬。自身の落ち目ということも考えられるが、今年の4歳マイル路線のレベルが高いという可能性は十分に考えられる。


 15着フミノイマージンは出負けして後方からの競馬。道中も馬群の中で自由に動けず少し折り合いを欠く競馬。3角の少しの緩みで最後方ぐらいまで下げて外に回す。4角でも外を回し後方で直線。序盤で進路を閉められると苦しい位置取り。L2でも前が壁でスピードに乗りきれず。L1になって外に持ち出すと一瞬脚を使う所は見せたが時すでに遅しの完敗。まあ、一言で言えば、太宰でよかったなと。なぜ池添にしたのかという疑問は皆が持っていたと思うし、結果も酷い。まあ3角の緩みにしても不可抗力はあったと思うけど、力は一切出せていない。展開面で不向きだったし、スムーズだったとしても微妙だとは思うが、それでもここまで酷い競馬だと何とも言えない。全くの参考外で良いと思います。ただ、基本的にはトップスピードとそれの持続力が売りで、すっと加速できる馬ではないので、やはりそういった条件を使ってもらいたい。池添はこれに乗って惨敗して、ホエールが優勝したのを見て何を思うのだろうか。オルフェーヴルの件と言い、少し慢心が感じられる。そろそろしっかり見つめなおした方が良い。


 16着オールザットジャズは出負けして後方からの競馬になる。道中外から追走しながらという内容。3角のゆるみでは外を通していて前に壁がなかったので不利なく進める。4角で大外ぶん回して後方で直線。序盤でフミノイマージンを閉めるまでは良かったが、そこからの伸び脚は全くなかった。最後はそのフミノにも交わされて大惨敗の16着となった。まあ、やはりスピード不足が全てですね。前走は時計は早かったけど、馬場の割には遅かったし、ラップ面でも恵まれたところがあったので、少なくともマイル適性込みで、この条件ではこれが実力だと思います。中距離に戻った方が良いとは思うけど、そもそもこの2走は上手く流れが向いたところがあるので、次が正念場でしょう。

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ