【温故知新①-アローエクスプレス】

| コメント(1)

私が競馬を始めた頃の、伊達秀和氏、サンシャイン牧場の馬と言えば、豪華絢爛という言葉がよく似合った。豪華絢爛さという点では、同時代のシンボリ牧場、メジロ牧場、カントリー牧場、トウショウ牧場といったオーナーブリーダーと比較しても際立っていたのではないだろうか。

何といってもアローエクスプレスがいたし、ファンタスト、ブロケード、パーシャンボーイ、そして寺山修司が愛してやまなかったミオソチス等、冠号を排した秀逸なネーミングも豪華絢爛さに華を沿えていたように思う。

 

アローエクスプレスは父スパニッシュエクスプレス、母ソーダストリームという血統で、1967年北海道静内町(現新ひだか町)の三澤牧場で誕生した。実質的には伊達のオーナーブリーディングホースである。2歳時(年齢表記は現行の表記による)に朝日杯3S を制するなど6戦全勝で皐月賞を迎えるがタニノムーティエの2着、続くダービーもタニノムーティエの5着と距離の限界を示し、147勝で引退。

現役時代はタニノムーティエに敵いませんでしたが、種牡馬になって逆転。1980年、1981年には中央・地方を合わせた全日本リーディングサイアーを獲得しています(ちなみに中央だけのリーディングサイアーは8081年共にテスコボーイで、アローエクスプレスはいずれも2位)。

内国産馬のリーディングサイアーはクモハタ(195257年)以来。以後、2008年のアグネスタキオンまで実現しなかった。トウショウボーイやマルゼンスキーでもリーディングサイアーにはなれなかったわけで、もっと高い評価をすべきだろう。

 

アローエクスプレスの血統を紹介しておきます。

 

ナスルーラ系

グレイソヴリン系

||ソヴリンパス系

|||1967アローエクスプレス(母ソーダストリームbyエアボーン:マッチェム系)

1973テイタニヤf(1976桜花賞優駿牝馬

1979リーゼングロスf(1982桜花賞

1982ノアノハコブネf(1985優駿牝馬

||フォルティノ系

||ゼダーン系

|ネヴァーセイダイ系

プリンスリーギフト系

||テスコボーイ系

ボールドルーラー系

||シアトルスルー系

|レッドゴッド系

||ブラッシンググルーム系

ネヴァーベンド系

 |ミルリーフ系

 |リヴァーマン系

 

日本の馬場に高い適性を示したグレイソヴリン系の中でも、ソヴリンパス系はアローエクスプレスが距離に限界を示したように短距離専用サイアーと言えるだろう。

ただ、アローの産駒には、テイタニア(母父シプリアニ:長距離血統)やノアノハコブネ(母父プロント:マイル~中距離血統)のようなオークスの勝ち馬もいる。


コメント(1)

長距離全盛の時代にスピード至上主義を貫き、血統的にも一つの信念を持っていた伊達秀和オーナーの代表産駆ですね。
アローエクスプレスが種牡馬としても活躍できた事は、伊達秀和オーナーのスピード主義という哲学が正しかった事の証明にもなったはずで、現役時にタニノムーティエに敗れた溜飲も下がったのではないでしょうかね。(想像ですが・・・)
思えば、アローエクスプレスは朝日杯を圧勝したものの皐月賞でタニノムーティエに敗れました。
ブロケードも桜花賞を圧勝しながらオークスを惨敗しました。
代表馬の戦績にもまたオーナーの哲学が溢れているようで、そういう意味でも稀有なオーナーだったんだな~と感じられます。
書物からしかその功績には触れていませんが、自分の美学をとことん貫いた伊達オーナーのその姿勢と、結果を出した事に尊敬の念を抱かずにはいられません。

そういった背景を知った上で、プリモディーネが桜花賞を勝った時に伊達オーナーが喜びを詠んだ一文(「ソーダストリームが帰ってきました」で始まる有名な一文)を詠むと、また感慨もひとしおですよね。。

と、アローエクスプレスの話から逸脱して申し訳ありません*_*

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ