川崎記念(Jpn1)の予想 No.30

2013年1月30日(水)
川崎11R 川崎記念
(Jpn1)
ダ2100m 4歳以上 定量 16:10発走



本命は、ハタノヴァンクール
JCD現時点の力の差を見せられたが、目標だった東京大賞典ではスタートはよくなかったが、内からいい位置を取りに行き5番手から追走。
3角前に動いて逃げるフリオーソの直後まで迫り、4角では前が開くのを待つ手ごたえも前が開かず。
その間に外からローマンレジェンド、ワンダーアキュートが先に抜け出され、残り250mで前が空いて追い出すと、じわじわ迫りワンダーアキュートを差して2着。
内田騎手の積極的な競馬が成功しての2着ですが、一度スピードを緩めて再加速してワンダーアキュートを差したのは成長を感じる内容。

今回は、初の左回り、小回り川崎、斤量1kg重くなるなど課題は多いが、数少ない2000m以上のG1でここへの勝負度は高いはずで、フェブラリーSも使って来ると考えているワンダーアキュートより、仕上がりもいいと思います。
(調教師も東京大賞典のインタビューで「本当にこの馬は1600の方に寄れるタイプではなくて、2000の方に寄っていくタイプ」と言っています。)

四位騎手も乗り替わりでG1好走されてしまったので、結果がほしいはず。
向う正面で仕掛けて3角で先頭に立つぐらいの積極的な競馬をしてほしい(これは希望)

データ的には、過去4年の勝ち馬は東京大賞典2着以内馬の好条件と、4歳馬は好走できていない悪いデータが両方あります。
血統的には、フリオーソが5年連続好走しているようにミスプロ(キンカメ)×ロベルト(ブライアンズタイム)なので合っています。


対抗は、ワンダーアキュート
現時点での能力はハタノヴァンクールより確実に上です。
ただ目標だったJCD後で東京大賞典は、確実に状態が下がっていたとしか思えない走りで3着に負けました。
今回は圧勝したJBCクラシックと同じ舞台で、斤量差も1kg縮まりますが、状態が上がってくるとは思えず、フェブラリーSも使って来ると思うので無理もできないと考えると逆転は難しいのでは?という結論になりました。
ハタノが、左回りがダメ、川崎サッパリ、消極的な騎乗などがあれば、あっさり勝つと思いますが...


3番手は、タカオノボル
東海Sは外から逃げたいアイファーソング、砂被りたくないバトルドンジョンがスタートから出して行って、位置取りがこの馬にしてはやや後ろになり、道中のペースも早くこの馬の力が出せずに終わったレース。
東海Sからほぼ連闘になりますが、距離伸びてペースも遅くなり、このメンバーなら逃げか2番手からの競馬でこの馬の競馬が出来そうなので粘り込める。


4番手は、グラッツィア
東海Sを使わずここへ使ってきたのはいいし、ナムラビクターには離されたがブラジルC2着の走りは先行してしぶとい走りでいい内容。
小回りは問題なく、このメンバーなら3着争い可能。


<予想>
◎3ハタノヴァンクール
○11ワンダーアキュート
▲2タカオノボル
△1グラッツィア

<予定買い目>
3連単(2点)
3→11→2(前売り21.7倍)
3→11→1(前売り15.3倍)

オッズ次第で馬単3→11(前売り7.0倍)も考えながら。


能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ