スプリンターズステークス 2018

競馬ナンデ想定班(2018年9月29日 20:14)

第52回スプリンターズステークス

中山競馬場芝1200M
日程:2018.9.30 賞金順出走可能頭数:16頭
予想
オッズ
枠順 出走予定馬 想定
騎手
厩舎 血統(父馬) 前走成績
2.3 4枠8 ファインニードル 川田 高橋 アドマイヤムーン セントウル1
4.1 6枠12 ナックビーナス モレイラ 杉浦 ダイワメジャー キーンランド1
8.3 5枠10 レッツゴードンキ 岩田 梅田 キングカメハメハ キーンランド5
9.5 8枠16 レッドファルクス 戸崎 尾関 スウェプトオーバーボ 安田記念9
12.0 3枠5 アレスバローズ 藤岡佑 角田 ディープインパクト 北九州1
15.4 6枠11 セイウンコウセイ 池添 上原 アドマイヤムーン 函館SS1
18.9 8枠15 ムーンクエイク ルメール 藤沢 アドマイヤムーン キーンランド9
21.9 5枠9 ラブカンプー 和田 森田 ショウナンカンプ セントウル2
30.0 7枠14 ラッキーバブルズ プレブル Lui Sebring プレミア3
33.9 2枠3 ワンスインナムーン 石橋 斉藤 アドマイヤムーン 朱鷺S1
39.0 3枠6 ダイメイプリンセス 秋山 森田 キングヘイロー 北九州2
44.8 4枠7 キャンベルジュニア 田辺 堀井 econstadelago キーンランド4
55.0 1枠1 ラインスピリット 武豊 松永 スウェプトオーバーボ セントウル5
190.4 2枠4 スノードラゴン 大野 高木 アドマイヤコジーン CBC賞12
195.8 1枠2 ヒルノデイバロー 四位 マンハッタンカフェ キーンランド14
223.0 7枠13 ティーハーフ 国分優 西浦 ストーミングホーム キーンランド11
 ファインニードルは今年に入り充実。一気にスプリント界トップに躍り出た。ただ、中山コースは2度大敗しており得意な舞台とはいえない。58キロ・道悪で前哨戦を勝ってのローテも疲れが残らないか気がかり。
 レッドファルクスは3連覇がかかるが、ここ2走は末脚不発。もう7歳でもあり衰えは隠せないところか。ただ、最も得意な中山1200なら復活の可能性も。あとは前が流れる展開になってくれるかどうか。
 ラブカンプーもスピード能力という意味では怖い一頭。とにかくテンの速さは負けない馬で、今年のメンバーはあまり逃げ馬もいなさそうなので、展開がはまれば怖い馬。
 アレスバローズは夏の重賞を好タイムで連勝。ただ、例年サマースプリント王者はここで苦戦を強いられており臨戦過程に難あり。
 そこでご紹介したいのが2004年スプリンターズSをカルストンライトオで制した大西直宏「ワールド競馬WEB」。今回注目を集めるのはレッドファルクスの乗り替わり。これまでずっと手綱を取ってきたデムーロ騎手が乗れず、力を出し切れるのか。また、台風の影響で道悪が予想されます。そこは不良馬場のスプリンターズSを制している貴重な経験を持つ騎手ならではの見解が聞けるサイトは貴重です。
 大西騎手曰く、、「ここはファインニードルの相手探しにはならなそう。衝撃の穴馬がいます!」とのこと。スプリンターズSは昨年も三連複7650円を的中しており、予想も得意なようだ↓↓

「自信の3頭」がこちら

スプリンターズS勝利騎手大西直宏の
スプリンターズS(G1)

この1か月絶好調!
6週連続万券記録継続中!
9/23 阪神11R◎ワグネリアン
3連単10,650円的中

9/15 中山5R◎ブルーグローブ
3連単72,530円的中

9/8 紫苑S◎ノームコア
3連単16,070円的中

9/2 札幌11R◎コルコバード
3連複21,050円的中

8/26 新潟2歳S◎アンブロークン
3連単15,950円的中

8/18 札幌11R◎ララエクラテール
3連単13,160円的中


スプリンターズSはこの3頭でOK!
↓↓↓↓↓↓

※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。

大西直宏とは ~wikipediaより引用~
 初勝利は同年3月23日の中山競馬第1競走のハイロータリー。この年9勝(うち障害1勝)を挙げ、「民放競馬記者クラブ賞(最優秀新人賞)」受賞。
 97年皐月賞で11番人気の大穴サニーブライアンで絶妙のペースで逃げ、GⅠ勝利。日本ダービーでも同馬で、6番人気と相変わらずの低評価ながら鮮やかな逃げ切りを見せ、二冠を達成。レース後「1番人気はいらないから1着だけ欲しいと思っていた」と発言。04年にはカルストンライトオでスプリンターズS勝利。
 引退後は、2008年11月まで競馬の専門学校ジャパンホースマンアカデミーで特別講師などを務めた。2009年からは国際馬事学校で講師兼任の学校長を務め、競馬情報会社ワールドで馬券戦略の情報ストラテジストにも就任した。2012年2月からは美浦トレセン郊外にある育成牧場「NOレーシングステーブル」の経営にも着手している。


スプリンターズステークス2018予想:本命キャンベルジュニア「歴代勝ち馬の平均馬体重データ」by競馬ナンデ編集長

スプリンターズステークスの過去の勝ち馬の平均体重を採ってみた。
491.8キロ。

東京2400のG1勝ち馬の平均体重が466.4キロだから、
やはりスプリンターには馬格が必要なのだと確認させられる。
思い返せばヒシアケボノ、タイキシャトル、ブラックホーク、サクラバクシンオー、、みんな立派な体をしていたなあ。
特に香港のスプリンターなんてガッチムチだものなあ。
サイレントウィットネス、テイクオーバーターゲット、ウルトラファンタジー、、。
ウサインボルトだって身長2メートル近くて、100キロ近くあるものなあ。

途中で息の入る2400とかとは違って、
1200は一気にトップスピードに上げてそれを持続しなければいけないんだものなあ。
ましてや最後に急坂が待ち受けている中山1200となるとかなりのパワーが要る。
ファインニードルが昨年大敗してしまっていますが、それは中型馬でパワーが足りなかったと考えることもできそう。

レッドファルクスとかはむしろ例外的な馬。
スプリントで差してくる馬というのはデュランダルも中型でしたが、いわゆるスプリント能力とは違う切れ味を上手に使う馬みたいですね。

ということで、その類まれなる恵まれた馬体から、
実はスプリント最強なのではと思わせるのがキャンベルジュニア。

なぜか前走までスプリントは使われてきませんでしたが、
血統的にはスプリンターの可能性十分。

父のエンコスタデラゴはあのウルトラファンタジーと同じ。
母の父のリダウツチョイスも自身がスプリントG1馬でしたし、名スプリンターを何頭も送り出している。

初1200の前走も内容は悪くなかった。
イッタイッタの展開で上位すべて内を回った馬で決まる中、1頭だけ外を回って4着。
非常にトビが大きく綺麗で道悪が苦手なことを考えると健闘していた。

もともと高速馬場への対応、スピード能力は示していて、
京王杯SCでの1200通過は1分7秒台。
スプリントG1でも時計には対応できるだろう。

そして中山巧者なのも心強い。
一昨年のダービー卿での謎の大敗を除けば5戦全連対。
あのときは初めての逃げで戸惑ったと考えれば目をつぶれる。

展開的にもワンスインナムーンが出てくるとのことで、
ラブカンプー、セイウンコウセイ、ナックビーナス、ラインスピリットあたりと引っ張ってくれれば流れも向きそう。

スプリンターズステークス2018道悪重馬場適性診断:◎スノードラゴン△ファインニードル〇アレスバローズ(走法から分析)

道悪適性診断
1ラインスピリット×
非常にトビが大きく綺麗で、良馬場向き。道悪実績も悪い。

2ヒルノデイバロー〇
前走道悪を気にして動けなかったとの陣営コメントにより人気がありませんが、鵜呑みにすべきではないと思います。
色んなタイプの道悪があります。実際スワンSや京王杯SCで結果を出していて、走法的にも問題ないと思います。

3ワンスインナムーン×
道悪実績がないですが、これも綺麗な大トビ。マイナスでは。

4スノードラゴン◎
トビが小さくダート馬のような走法。道悪にもダートにも実績あり、間違いなさそう。

5アレスバローズ〇
首が高く突っ張った感じの走り。道悪で良さそう。

6ダイメイプリンセス〇
トビは小さくないものの、脚を折りたたむような走法で、問題ないと思う。中山重勝ち実績もあり。

7キャンベルジュニア△
綺麗な大トビ。重馬場で2度の大敗も気掛かり。

8ファインニードル△
基本的には素軽い走法で、良馬場向きだと思う。前走くらいの馬場ならこなしたが、信頼はできないと思います。

スプリンターズステークス2018血統予想:下彦本命ワンスインナムーン「道悪も上手い米国血統」

◎ワンスインナムーン
昨年当レース3着にして中山1200m外(2-0-1-0)、同1600m外アネモネSでは勝ち馬チェッキーノから0.4差8着もホームストレートで内へ閉じ込められ力を出せなかったレースでありコース適性は有り。近3走・・函館SSはいつも通りスタートを決めるも勝ち馬セイウンコウセイの外番手から進め、休み明けか或いは馬場が合わないせいなのか下がって0.4差8着、CBC賞は32.7-34.3のハイ、しかも2F-4Fが10.3-10.5-10.9といくら高速でもここまで出せばというオーバーペース、それでも完全失速では無く勝ち馬から0.7差に留めている点はなかなかなのかもしれません。前走新潟1400m朱鷺Sは離し逃げで3F前後半は33.5-34.8のハイは昨年もステップにした同レース3F前後半34.1-35.2のハイよりも強さという点では印象に残るレースでした。当馬を数多く乗り(3-1-1-2)の成績を残している石橋に手戻りするのも良いですし、当レース傾向として米血色濃い血統が走っている点でも同馬に追い風、道悪になったとしてもアドマイヤムーン×ヘクタープロテクターで4代にリヴァーマン(ネヴァーベンド)で相当に上手いのではないかと推測出来る点からも積極的に買いたいところです。本来ならナックビーナス同様スタート、二の脚からのポジショニング迄非常にスムーズで殊に中山ではかなりのアドバンテージになりますが、近2走は前掛かりで馬が気負っている様にも見える事からオーバーペースにならないかだけが不安です。

◯ナックビーナス
父方はノーザンテーストを噛んでいるもののこの馬も全体的には主要血統は米血でパワー持続力型。外から出て出遅れ・・等にならなければ上位には来る筈で。道悪に転んでもアドマイムーン産駒同様ダイワメジャーも歓迎の口。

▲ファインニードル
周知の通り最右翼。昨年の当レース含め2度沈んでいるのが気掛かりですが力は現状一番でスタートで遅れをとらなければ行けそうです。

△ラッキーバブルズ
血統が傾向に合いそうな感じです。
セブリンゴ(ヘイロー系)×ヒューソネット(ミスプロ)×カーリアン(ニジンスキー)。ダート馬のイメージですがこういうのがいいのかとおもいます。レース映像を見るに中団からジリジリ差してくる事が多く流れた方が良さそうですね。

スプリンターズステークス2018予想オッズ傾向診断/ファインニードル過剰人気?外国馬ラッキーバブルズに馬券妙味

人気 馬名 予想オッズ
1 ファインニードル 2.1
2 ナックビーナス 3.9
3 レッツゴードンキ 7.6
4 レッドファルクス 9.6
5 アレスバローズ 11.1
6 ムーンクエイク 15.9
7 ラブカンプー 18.4
8 セイウンコウセイ 20.9
9 キャンベルジュニア 39.3
10 ダイメイプリンセス 39.4
11 ラッキーバブルズ 43.4
12 ワンスインナムーン 52.9
13 ラインスピリット 86.8
14 スノードラゴン 156.1
15 グレイトチャーター 171.2
16 ティーハーフ 342.5
17 ヒルノデイバロー 385.3
18 キングハート 385.3
 レッドファルクスはデムーロ騎手想定だった先週は6倍近辺だったのだが、乗り替わりが決まり、戸崎騎手となった途端に10倍近くまで下げてきた。確かにデムーロ騎手とのコンビでスターダムにのし上がった馬だが、この春には阪急杯で川田騎手騎乗で強い競馬をしている。戸崎騎手の意地に期待してみるのも面白そう。
 逆に乗り替わりで人気を上げてきたのがアレスバローズ。菱田騎手から藤岡佑介騎手に変わることが決まってからオッズが低下している。
 馬券妙味がありそうなのは外国馬ラッキーバブルズ。昨年来日して僅差5着したブリザードとは丁度互角くらいのレベルの馬。
 ファインニードルは昨年このレースで不甲斐ない敗戦をしているにしてはちょっと人気が過剰すぎるきらいがある。状態や枠順によっては嫌ってみても面白いかもしれない。
 

スプリンターズステークス2018予想オッズ3連単3連複馬連馬単連馬券予想(ファインニードル・ナックビーナス2強!)

スプリンターズステークス2018予想オッズ
馬名 単勝オッズ 複勝オッズ
ファインニードル 2.2 1.2
ナックビーナス 4.1 1.5
レッドファルクス 8.4 3.1
レッツゴードンキ 8.5 2.9
アレスバローズ 13.9 3.4
ラブカンプー 19.8 4.6
セイウンコウセイ 20.2 5.2
ムーンクエイク 26.9 6.0
ワンスインナムーン 32.4 6.8
ラッキーバブルズ 33.5 6.8
ダイメイプリンセス 39.0 7.0
ラインスピリット 55.0 8.9
キャンベルジュニア 55.6 9.2
スノードラゴン 190.4 14.1
ヒルノデイバロー 195.8 19.0
ティーハーフ 223.0 23.5
馬連オッズ
馬名 馬名 馬連オッズ
ファインニードル ナックビーナス 5.0
ファインニードル レッドファルクス 9.0
ファインニードル レッツゴードンキ 10.0
ファインニードル アレスバローズ 16.0
ナックビーナス レッドファルクス 16.0
馬単オッズ
馬名 馬名 馬単オッズ
ファインニードル ナックビーナス 8.5
ファインニードル レッドファルクス 12.4
ナックビーナス ファインニードル 13.4
レッドファルクス ファインニードル 18.9
ファインニードル レッツゴードンキ 18.9
3連複オッズ
馬名 馬名 馬名 3連複オッズ
ファインニードル ナックビーナス レッドファルクス 11.1
ファインニードル ナックビーナス レッツゴードンキ 11.9
ファインニードル ナックビーナス アレスバローズ 15.4
ファインニードル レッドファルクス レッツゴードンキ 17.2
ナックビーナス レッドファルクス レッツゴードンキ 18.9
3連単オッズ
馬名 馬名 馬名 3連単オッズ
ファインニードル ナックビーナス レッドファルクス 21.2
ファインニードル ナックビーナス レッツゴードンキ 22.5
ファインニードル レッドファルクス ナックビーナス 24.2
ナックビーナス ファインニードル レッドファルクス 26.7
ファインニードル レッツゴードンキ ナックビーナス 29.2

スプリンターズステークス2018ゲストプレゼンターDAIGO中山競馬場イベント来場でサイン予想は大穴ティーハーフ!

 JRAホームページの中山競馬場イベントカレンダーが更新され、G1スプリンターズステークス表彰式のゲストプレゼンターがタレントのDAIGOさんと発表された。レース後にはパドックでのトークショーにも出演する。
 DAIGOさんはフジテレビの馬好王国に出演しており、昨年のこの時期にはサトノダイヤモンドの応援でフランス・シャンティイまで凱旋門賞を観戦に行ったりもしている。2017年の函館競馬場、大沼ステークスで表彰式プレゼンターを務めており、そこから一気にG1への大出世ということになる。
 また、2015年から3年連続で函館競馬場のゲストを務めており、2015年の函館スプリントステークスのプレゼンターの際は、ティーハーフが勝っている。ティーハーフは今回のスプリンターズSにもエントリーしており、大穴だが、またこの馬が来るサインではないかとサイン派の間では話題になっている。
 というのも、ティーハーフの馬名はteeという言葉とハーフはドイツ語の潟というを合わせた完全な「造語」。DAIGOさんといえば、DAI語と呼ばれるアルファベットで造語をすることで有名なことから、何か縁を感じさせるものがある。

スプリンターズステークス2018データ:サマースプリント王者は勝てない...アレスバローズも?(過去10年人気着順)

サマースプリント王者スプリンターズステークス過去10年成績データ
馬名 スプリンターズS
2006 シーイズトウショウ 8着(2番人気)
2007 サンアディユ 2着(1番人気)
2008 カノヤザクラ 7着(5番人気)
2009 カノヤザクラ 3着(8番人気)
2010 ワンカラット 5着(2番人気)
2011 エーシンヴァーゴウ 3着(7番人気)
2012 パドトロワ 8着(4番人気)
2013 ハクサンムーン 2着(2番人気)
2014 リトルゲルダ 不出走
2015 ベルカント 5着(10番人気)
2016 ベルカント 13着(2番人気)
2017 ラインミーティア 13着(10番人気)
2018 アレスバローズ
 競馬ファンの皆さんは薄々気づいていることと思うが、サマースプリントシリーズ王者はスプリンターズステークスを勝てない。サマーマイルシリーズ王者はマイルチャンピオンシップを勝てないしサマー2000シリーズ、、。
 ある意味当然の話で、競走馬が苦手な夏場に最大限仕上げてしまってはスプリンターズステークスではお釣りがなくなる。逆に夏場使っていないレッドファルクスのような馬からすれば、他の馬が疲れて出てきてくれるので助かってしまう。これはつまりサマーシリーズとG1とで棲み分けがされているようで、個人的にはこの制度には反対だが、そのあたりは長くなるので割愛。
 いずれにしてもアレスバローズも同じように戴冠できないのか。今回は6歳になってオープン入りした上がり馬ということで若干これまでとは傾向が違いそう。夏場も2走しかしておらず、歴史を変える可能性はありそう。

スプリンターズステークス2018デムーロ騎手なしでラブカンプー本当に出走?サマースプリント疲れも

 ラブカンプーの次走がスプリンターズステークスと発表されたが、一部では本当に使うのか?と驚きをもって受け止められている。
 というのもセントウルステークスでは同きゅう舎のダイメイプリンセスの方がサマースプリント制覇に近い存在だったがラブカンプーが出走。よって、ダイメイプリンセスをスプリンターズステークスに行かせて、いわゆる使い分けたのではと捉える向きがあった。
 ましてやラブカンプーは430キロの小さな体で昨年の夏デビュー以降、ほとんど休みなく12戦使い続けている。さらに前走セントウルステークスはかなり馬場も悪く馬に負荷がかかるレースだった。
 デムーロ騎手としてもスプリンターズステークスにはレッドファルクスという長い相棒がいるため、ラブカンプーに騎乗することは難しく、マイナスになる。
 まだ3歳馬で将来のある馬。スプリンターズステークスはサマースプリントを使い続けた馬には厳しいデータもある。甲子園の高校球児の連投問題ではないが、京阪杯あたりまで休養するのが合理的に思えるのだが果たして、、。

スプリンターズステークス2018外国馬ラッキーバブルズ香港馬レベル高く昨年ブリザード再現も!道悪でさらに...

 「外国馬は日本の高速馬場は苦手だから軽視でOK」

 こんな気軽な考えでラッキーバブルズを切ってしまうと痛い目に合いそう。というのもスプリントG1は中長距離のような切れ味を求められる競馬にならないから外国馬でも十分対応できる。特にスプリンターズSは体重が重い馬が勝つデータがあり、ガチムチの香港馬には得意な舞台だ。
 実際スプリントに関しては香港馬が何度も制してあっと言わせている。香港はスプリントに限っては日本よりレベルが高い。ロードカナロア以降そこまでレベルが高くないスプリント路線ならくみしやすいはず。
 昨年のブリザードを忘れてしまっただろうか。12番人気の低評価ながら外から追い上げてあわやと思わせる5着。ラッキーバブルズはブリザードとは香港で何度も対戦しているが、大体どっこいどっこいの互角の勝負をしている馬。さらにこの雨で道悪になりパワーをより問われるレースになれば、また一発があってまったく不思議ない。

スプリンターズステークス2018中2週トライアル・セントウルS58キロで勝ったファインニードルの状態は...

 かつてトライアルレースというのは、本番の3週前に行われ、中2週で臨むというのが主流だった。ナリタブライアンが勝ったスプリンターズステークスも、ナムラコクオーが勝ったNHK杯も、本番の3週前だった。
 それも今や昔。競走馬への負担を軽減するため、4週前に組まれ、中3週で本番というのが主流になった。
 しかし、その例外となったのが短距離路線。オーシャンステークス・セントウルステークス・京王杯スプリングカップ・スワンステークスは中2週で本番を迎える。距離が短いから馬への負担もそこまで大きくないだろうと考慮されたのだろう。
 だが今年のスプリンターズステークスは少し事情が違う。セントウルステークスは史上初めての極悪馬場で行われた。ましてや勝ったファインニードルは58キロの斤量を背負ってのもの。これはかなりの負担がかかっても不思議ない。
 ファインニードルはこのローテーションと疲れとの闘いが一番の課題となりそうだ。状態のチェックだけはしっかりしたいところ。

セントウルステークス2018ファインニードル@川田騎手長期政権へ?(3歳馬スプリンター路線は低レベル?)

 政治の世界では安倍首相が長期政権を更新しそうだが、競馬のスプリント界はファインニードルが長期政権を築きそうな構えだ。
 というのもかつてのチャンピオン・レッドファルクスは春3戦精彩を欠き3連敗。さらに新興勢力となるはずの3歳馬勢もイマイチ勢いがないからだ。
 3歳スプリント重賞として新設された葵Sを勝ったのはゴールドクイーン。だが、その後北九州記念では16着と大敗し、スプリンターズステークスは回避してオパールSに回るとのこと。2着の片方ラブカンプーは健闘しているが、重賞では勝ちきれず。同2着のトゥラヴェスーラはキーンランドカップで期待されたが7着。アサクサゲンキも人気を裏切り続けている。アンヴァルも北九州記念では大敗。ファルコンステークス勝ち馬のミスターメロディはマイル路線に進むようで、京成杯AHを使うとのこと。
 サマースプリントシリーズではこれといった新星も誕生せず、レッツゴードンキも伸び悩み、、ファインニードルとしては現状維持のままでも労せずしてスプリントチャンプを防衛できそうな雰囲気が漂う。昨年勝っているセントウルステークスも無風のままいくと少し面白くない展開になりそうだ、、。

スプリンターズステークス2018指定席券購入方法(JRAカードインターネット予約販売中!当日券発売完売時間)

 中山競馬場の指定席券を購入する方法は3つあります。ハガキ応募、インターネット予約、当日券です。
 ハガキ応募というのは日本ダービー、有馬記念といった最重要G1のみのため、皐月賞に関しては、インターネット予約、当日券となります。
 インターネット予約については、JRAカード会員は2週前の水曜日に抽選申し込み開始。JRAカードを持たない一般会員については1週前の木曜日に抽選申し込み開始。先着順ではなく、抽選での当選が必要です。ただ、席順はあまりよくなく、ゴール板の後ろの席になる可能性が高いという噂があります。
 中山競馬場の当日券は多く、合計2000席分ほど販売されます。当日競馬場で開門と同時に発売されますが、G1レースでは、その前に整理券が配られ、その順に販売されます。
 スプリンターズステークスに関しては、昨年は午前9時20分頃(開門直後)に完売しています。2018年のスプリンターズステークスは昨年の同レベルのメンバーとみられるため、大体同じくらいの時間に完売が予想されます。
 G1レース当日は、通常より開門を早めるケースが多いので、恐らく、徹夜行列組により6時前に完売する可能性が高いのではと予想されます。

 参考:2017年スプリンターズステークスの当日券完売時間

スプリンターズステークス過去10年歴代優勝馬

スプリンターズS 歴代勝ち馬 勝利騎手 人気
2008年 スリープレスナイト 上村騎手 1番人気
2009年 ローレルゲレイロ 藤田騎手 6番人気
2010年 ウルトラファンタジー ライ騎手 10番人気
2011年 カレンチャン 池添騎手 3番人気
2012年 ロードカナロア 岩田騎手 2番人気
2013年 ロードカナロア 岩田騎手 1番人気
2014年 スノードラゴン 大野騎手 13番人気
2015年 ストレイトガール 戸崎騎手 1番人気
2016年 レッドファルクス デムーロ騎手 3番人気
2017年 レッドファルクス デムーロ騎手 1番人気

スプリンターズステークス武豊騎手騎乗結果データ

スプリンターズS 武豊騎手騎乗馬 着順 人気
2008年 騎乗馬なし
2009年 騎乗馬なし
2010年 騎乗馬なし
2011年 騎乗馬なし
2012年 エピセアローム 4着 3番人気
2013年 サドンストーム 13着 8番人気
2014年 ベルカント 5着 10番人気
2015年 ベルカント 13着 2番人気
2016年 ブランボヌール 11着 6番人気
2017年 ダイアナヘイロー 15着 4番人気

スプリンターズステークス1番人気馬成績データ

スプリンターズ 馬名 騎手 着順
2008 スリープレスナイト 上村洋行 1
2009 アルティマトゥーレ 松岡正海 5
2010 グリーンバーディー デュプレシ 7
2011 ロケットマン コーツィー 4
2012 カレンチャン 池添謙一 2
2013 ロードカナロア 岩田康誠 1
2014 ハクサンムーン 戸崎圭太 13
2015 ストレイトガール 戸崎圭太 1
2016 ビッグアーサー 福永祐一 12
2017 レッドファルクス デムーロ騎手 1
スプリンターズステークス2018道悪重馬場適性診断:◎スノードラゴン△ファインニードル〇アレスバローズ(走法から分析) (2018年9月29日 20:13)
道悪適性診断1ラインスピリット×非常にトビが大きく綺麗で、良馬場向き。道悪実績も悪い。2ヒルノデイバロー〇前走道悪を気にして動けなかったとの陣営コメントにより人気がありませんが、鵜呑みにすべきではないと思います。色んなタイプの道悪があります。実際スワンSや京王杯SCで結果を出していて、走法的にも問題…
スプリンターズステークス2018血統予想:下彦本命ワンスインナムーン「道悪も上手い米国血統」 (2018年9月29日 15:31)
◎ワンスインナムーン 昨年当レース3着にして中山1200m外(2-0-1-0)、同1600m外アネモネSでは勝ち馬チェッキーノから0.4差8着もホームストレートで内へ閉じ込められ力を出せなかったレースでありコース適性は有り。近3走・・函館SSはいつも通りスタートを決めるも勝ち馬セイウンコウセイの外番…
スプリンターズステークス2018枠順確定版最終予想オッズ(道悪予想で穴馬人気上昇・有力馬人気低下) (2018年9月28日 18:44)
第52回スプリンターズステークス中山競馬場芝1200M日程:2018.9.30 賞金順出走可能頭数:16頭 予想 オッズ 枠順 出走予定馬 想定 騎手 厩舎 …
スプリンターズステークス2018道悪適性診断:◎セイウンコウセイ◎ラッキーバブルズ×ワンスインナムーン(編集長買い目は...) (2018年9月28日 16:45)
スプリンターズステークス2018外国馬ラッキーバブルズ香港馬レベル高く昨年ブリザード再現も!道悪でさらに... (2018年9月27日 10:40)
 「外国馬は日本の高速馬場は苦手だから軽視でOK」 こんな気軽な考えでラッキーバブルズを切ってしまうと痛い目に合いそう。というのもスプリントG1は中長距離のような切れ味を求められる競馬にならないから外国馬でも十分対応できる。特にスプリンターズSは体重が重い馬が勝つデータがあり、ガチムチの香港馬には得…
スプリンターズステークス2018ゲストプレゼンターDAIGO中山競馬場イベント来場でサイン予想は大穴ティーハーフ! (2018年9月26日 15:27)
 JRAホームページの中山競馬場イベントカレンダーが更新され、G1スプリンターズステークス表彰式のゲストプレゼンターがタレントのDAIGOさんと発表された。レース後にはパドックでのトークショーにも出演する。 DAIGOさんはフジテレビの馬好王国に出演しており、昨年のこの時期にはサトノダイヤモンドの…
スプリンターズステークス2018予想オッズ3連単3連複馬連馬単連馬券予想(ファインニードル・ナックビーナス2強!) (2018年9月25日 23:35)
スプリンターズステークス2018予想オッズ 馬名 単勝オッズ 複勝オッズ ファインニードル 2.2 1.2 …
スプリンターズS2018【大穴馬プレゼン】ヒルノデイバロー道悪なら怖い・スプリントG1は高齢馬活躍データ (2018年9月25日 15:53)
①ハマれば強いムラ駆け馬の初コース・気分が乗ったとき函館SSは強かった超気分屋 理由・パターンは不明 ・不確定要素は人気がない場合プラスに捉える②初コース中山1200は馬体重重いほうがよい(優勝馬平均体重491.8キロ)ヒルノデイバロー520キロ③年齢は気にしなくてOK・高齢馬が活躍するスプリンタ…
スプリンターズステークス2018予想オッズ傾向診断/ファインニードル過剰人気?外国馬ラッキーバブルズに馬券妙味 (2018年9月24日 21:35)
人気 馬名 予想オッズ 1 ファインニードル 2.1 2 ナ…
スプリンターズステークス2018予想:本命キャンベルジュニア「歴代勝ち馬の平均馬体重データ」by競馬ナンデ編集長 (2018年9月24日 17:36)
スプリンターズステークスの過去の勝ち馬の平均体重を採ってみた。491.8キロ。東京2400のG1勝ち馬の平均体重が466.4キロだから、やはりスプリンターには馬格が必要なのだと確認させられる。思い返せばヒシアケボノ、タイキシャトル、ブラックホーク、サクラバクシンオー、、みんな立派な体をしていたなあ。…
スプリンターズステークス2018デムーロ騎乗停止で戸崎騎手変更ならレッドファルクス予想オッズ3番人気7.2倍に (2018年9月23日 08:29)
第52回スプリンターズステークス中山競馬場芝1200M日程:2018.9.30 賞金順出走可能頭数:16頭 予想 オッズ 出走予定馬 想定 騎手 厩舎 …
スプリンターズステークス2018ファインニードル1番人気を消した理由3つの不安材料(体重データ・走法・ローテ) (2018年9月22日 20:28)
ファインニードル3つの危険要素①中型馬には厳しいレース(パワー不足?)②綺麗に脚を伸ばす軽い走法③疲れが残る可能性(58キロ・道悪勝ちから中2週)①中山1200はパワーが要る=体重は重い方が良いスプリンターズS勝ち馬平均体重491.8  ファインニードル前走体重470②軽い走り=ファインニードル …
スプリンターズステークス2018予想【穴馬プレゼン】レッドファルクス走法も超絶中山巧者・衰えもなさそう? (2018年9月20日 17:40)
レッドファルクス買い材料・過去2年のスプリンターズSが極めて強い・走法的にも中山阪神急坂得意・過去2走の問題中京東京という途中から平坦コースも影響か行き脚がつかない心因的な問題?→メンコ外し・大きく衰えてない=少し衰えたくらいなら勝てる・今までで一番流れ・馬場向きそう …
スプリンターズステークス2018データ:サマースプリント王者は勝てない...アレスバローズも?(過去10年人気着順) (2018年9月20日 08:55)
サマースプリント王者スプリンターズステークス過去10年成績データ 年 馬名 スプリンターズS 2006 シーイズトウショウ 8着(2…
スプリンターズステークス2018予想【穴馬プレゼン】キャンベルジュニア=血統・馬体重データから中山1200向きか (2018年9月19日 15:44)
キャンベルジュニア買い材料・体型がスプリンター・血統がスプリンター・初1200も内容良し・スピード能力(1:07.8時計あり)・中山巧者・ワンスインナムーンも出走で流れ向きそう…
スプリンターズステークス2018デムーロ騎手なしでラブカンプー本当に出走?サマースプリント疲れも (2018年9月17日 09:48)
 ラブカンプーの次走がスプリンターズステークスと発表されたが、一部では本当に使うのか?と驚きをもって受け止められている。 というのもセントウルステークスでは同きゅう舎のダイメイプリンセスの方がサマースプリント制覇に近い存在だったがラブカンプーが出走。よって、ダイメイプリンセスをスプリンターズステーク…

スプリンターズステークス 2018予想を動画解説


競馬ナンデ公式YOUTUBEチャンネル
競馬ナンデ予想家の予想・回顧を動画配信

スプリンターズステークス 2018前日予想配信

競馬ナンデ公式ツイキャス
競馬ナンデ予想家の渾身予想をラジオ生放送

【元JRAジョッキー】大西直宏の予想

佐々木主浩オーナーの馬券

能勢俊介元TMのスプリンターズステークス 2018予想

カテゴリ