【競馬予想入門】最初の福島で試みたこと

| コメント(2)

初めての福島。

今回は、そこで私が試みたこと、気づいたこと、感じたことなどを記していこうと思います。

 

norimono_0011.jpg

福島に行く当日。競馬新聞を買って車の中で予習です。

(仲間の運転手さんゴメンナサイ)

※本来は前日に買い夜に予習するものですが、仕事で忙しくできなかったのです。

コンビニで、見やすい競馬新聞を発見。デイリースポーツの「馬三郎」です。

(多分)B4サイズで見やすく、きっと競馬場に行って見るのに使いやすいと思い、購入。

表紙がカラーで綺麗な感じに思ったのも、買った理由です。

 

7時半、福島に着いてから、入場こそさせてもらえても、すぐにスタンドには入れません。

スタンドに入れるのは9時になってから。

それまでは、場内1階の食堂通路で、温かいうどんをすすりながら、競馬予想の続きをしました。

でもこの競馬予習、当日で始めるとかなり大変なことがわかりました。

なぜなら、当日福島で行われるレースは12もある。

朝の短時間で、そんな12ものレースの予想なんて、できるわけないじゃないですかぁ~><;。

捨てレースを作ることを考えず、とりあえず全レース参加で予想・馬券購入をすることに。

 

9時になり、ようやくスタンド入り。

一番前になったので、目の前の棚に自分の荷物を置けます。でも日差しで暑かった;

全レース、真面目に(?)パドックを見に行き、買える範囲で馬券を買っていました。

馬券は、馬連中心、で当たらなくて、単勝やワイドを買うように。

また、的中しないため、使った分を取り返そうと、馬券ごとの単価が上がる始末。

何度かやって、単勝や馬連で当たりましたが、配当が低かったり、その当たった時に限って手を拡げ過ぎたりして、なんとかプラス収支という感じ。

結局、全12レースやって、マイナス1万円以上という、散々な結果に終わりました;

20120306greenbelt02.jpg

最初の福島。準備がおろそかなまま、がむしゃらに臨み、結果はオケラ。

負けたのだから、私の課題はたくさんあるはず。なのに、負けた内容がはっきりしません。

私の固い頭の中には、この馬を買わなかったから駄目とか、この馬を狙ったから駄目とか、結果論しか湧いてきません。

どうすれば的中できるのか? 福島で当てるための傾向はあるのか? 当たるには何か秘密があるのか?

当時の私には何が何やらさっぱりわかりません。

とりあえずは、福島競馬場という現場で、1日の間ずっと競馬をしたという臨場感を味わうことができました。

そして、仲間と一緒に行けた競馬旅行。皆と行って楽しかった。

結局その日は、自分で満足な反省ができないままで、旅行は幕を閉じたのです。 20120306greenbelt03.jpg


コメント(2)

春とはいえ、早朝が冷える福島。
入場者がこごえないように配慮してくれているのでしょう。
スタンド内の食堂通りに迎え入れてくれます。
そこには新聞が読めるように、大きめの台机をいくつも用意してあるんです。
温かい食べ物を横に置いて、食べながら競馬新聞を拡げて読めるようになっていますね^^
予告みたいになりますが、私の競馬ナンデ登録のきっかけについても、先で書くことになると思いますよ^^

7時半に入場させてもらえるんですか、早いですね、そして気合いが入っていますね
そのうち競馬ナンデとの馴れ初めも書いてくれますよね、きっと 楽しみにしてます!

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ