フットワーク理論が競馬予想の新たな扉を開く!

| トラバ(2)
私はかなり前から、馬のフットワークというものに注目し、
これを予想に取り入れてきた。
また、一人の予想家として活動する際に、
他との差異化を図るためにも大事にしてきた、
予想の中心に据えているといってもよい大事な要素だ。


そして、血統論が競馬というスポーツの奥深さを伝えるのに大きく貢献してきたように、
次は、フットワーク理論が競馬という娯楽に新たな彩りを与えてくれるものではないかとさえ期待している。
それは、競走馬のフットワークというものが芸術的で、美しく、多種多様だからである。
フットワークという観点からレースを見るようになって、飛躍的に競馬の楽しみが増した。


フットワーク理論については実は出版化の話があったが、
競馬業界と出版業界の冷え込みによりもはや立ち消えてしまった。
なのでここで少しずつフットワーク理論を語ってみれたらと思う。


トラックバック(2)

【東京新聞杯】の血統データです。 東京新聞杯の過去成績(7年分) 登録馬の血統 続きを読む

東京新聞杯予想【2012年】−これだけは押さえておきたい…!?昨年の勝ち馬に騎乗して勝利した、三浦皇成騎手が語ったことから気づくこととは 続きを読む

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ