道悪競馬攻略法~フットワーク理論効果絶大のとき~

フットワーク理論は道悪のとき、効果絶大である。

飛びの小さな馬が、
飛びの大きな人気馬を破って高配当というケースはままある。
いくつか例を出しておきたいと思う。

ミヤビランベリ1着 目黒記念


ハワイアンイメージ1着 皐月賞


マイネソルシエール2着 フローラS



芝の道悪に限ってお話しておきたい。
基本的に小跳びの馬ほど、
芝の道悪を得意とすることが多い。
そして、これを利用することにより、高配当にありつけることが多い。


跳びの小さい馬、回転の小さい馬の特徴は、
着地ばかりしている、バランスが崩れない、パワーで掘るようにして走っているということになる。


跳びの大きい馬はこれの逆。
あまり着地しない、滑るようにして走るからバランスを崩しやすい。


基本的に芝で強い馬には大飛びの馬のほうが多い。
跳ぶように走る馬のほうが歩幅が大きくスピードが出るのはなんとなくイメージがつくところだと思う。
それが道悪のときに限っては大逆転が起こってしまうのだ。

飛びが小さい馬の場合は、
バランスが崩れず、いつもと同じように走れるが。
飛びの大きい馬は、大きくスピードを殺がれる、
あるいは、バランスを崩して、途中で競走を放棄することもある。


能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ