競馬予想初心者入門

2011年に競馬を始めて間もない”巫女れいむ”が、
東方の世界で競馬を学び、上達していく過程をリアルタイムで描きます。

高松宮記念2016徹底予想ツイキャス放送!前日22時~ゲスト:短距離専門予想家しばたん

26日土曜日のツイキャスは、芝短距離戦専門予想家のしばたんさんをゲストにお迎えして、高松宮記念2016の徹底予想です。
ツイッターアカウントお持ちの方はコメント参加もできますので、競馬ナンデユーザーに限らずどなたでもご参加お待ちしております。

ラップ予想家養成ラジオ「ラップ練習中」 曜 22:00~22:30  http://twitcasting.tv
ツイッターユーザーの方はコメントで参加できます。

【競馬予想入門】基礎4・スケジュールと計画

前回の続きです。

ここでは、競馬場内での1日の流れについて、簡単に説明していきます。

後でわかりやすいように、先に年間の開催について簡単に説明します。
JRA主催の競馬ですが、土日、3箇所(あるいは2箇所)の競馬場で、1日あたりそれぞれ計12レースずつ行われます。
東日本の1競馬場で開催:東メイン
西日本の1競馬場で開催:西メイン
地方の1競馬場で開催:ローカル
と呼ぶことにします。
この東西メインについては、毎週土日にレースが必ず行われます。
ローカルについては、レースが行われない週もあります。

次に、一日のレーススケジュールについて記すと、このようになります。

福島が東メインの場合の一例(R:レース)
  レース  出走時刻
  1R  10:10
  2R  10:40
  3R  11:10
  4R  11:40
  5R  12:30
  6R  13:00
  7R  13:30
  8R  14:00
  9R  14:35
 10R  15:10
 11R  15:45
 12R  16:20

福島が裏開催の場合の一例
  レース  出走時刻
  1R   9:50
  2R  10:15
  3R  10:40
  4R  11:10
  5R  11:40
  6R  12:30
  7R  13:00
  8R  13:35
  9R  14:10
 10R  14:45
 11R  15:20
 12R  15:55

レースの出走時刻ですが、他の場所の開催と重ならないように配慮されていますね。
競馬場内であれば、他競馬場のレースの馬券を買うこともできます。
1日、やる気になれば、1日で最高36レースに挑戦できることになります。

今回のように、1競馬場で1日のレースに臨むスタイルであれば、他競馬場でのレースの馬券を買う機会は少ないでしょうか。
もっとも、他の競馬場のレースの馬券を買うとすれば、メインレースのみになることが多いと思います。

前置きが長くなりましたが、私がここで述べたいのは、スケジュールに対する行動を考えて、計画的にレースに臨むべきということです。

1日で、自分のいる競馬場の12レースに臨むとします。
レースは全部で12。
また、競馬新聞が発売になるのは、前日の夕方。
発売後、新聞を即購入し、予想をしたとしても、全12レースすべて、予想を満足にできるでしょうか?
私は、これは不可能に近いと思います。

1レースあたり、馬はおおよそ10~18頭出走します。
レースを予想するということは、出走する全部の馬のことをチェックしなければなりませんよね。
単純に1レース14頭出走するとしても、
14頭×12レース=168頭
の馬をチェックしないといけません。
予想する人のチェックの精査具合にもよりますが、レース前日~当日朝までに、予想を終えるのは、かなり大変だと思うのです。

なお、レースに臨むスタイルを考えると、
レース間隔:30分
として、この時間のあいだに、
①パドックを見る時間
②馬券の買い目を最終決定する時間
③馬券を買う時間
④レースを見る時間
が発生します。
また、レース終了後は、すぐに次のレースのパドックが始まってしまいます。

③と④の間が5~10分できることもありますが、それ以外は時間の合間がほとんどありません。

もし、資金が十分にあり、予想を十分にやれていて、②と③を早くできたとしても、毎レース挑戦するというのは、かなり大変だと思います。

他に、昼食をとる時間を確認しておくべきですね。
上のレーススケジュールですと、4Rと5R、もしくは5Rと6Rの間が50分あります。
この間の時間に、場内の飲食店でお弁当を買ったり、また食堂に入ったりすることを、事前に考えておくべきです。
もちろん、多くの人達が同じように行動することも想定しておくべきです。
当然ながら、混むところは、同じ時間に混みます。

全レースに挑戦しようと決めているならまだしも、何も全レースに挑戦する必要はないですよね。
こことここのレースは、捨てレースにしようとか、事前に決めておくのも手でしょう。

せっかく来た競馬場ですから、そこで過ごす1日を、羽を伸ばしてリフレッシュすることも、自分なりに考えておくべきだと、私は思うのです。
ゆとりを持ち、計画的に行動することで、臨むレースに集中しやすくなり、また勝率も上がってくると、私は思います。

次回は、レースの内容について、説明したいと思います。

【競馬予想入門】基礎3・競馬場

前回の続きです。
福島競馬場に向かった4人。競馬場に到着です。

ここでは、競馬場内について、簡単に説明します。
あと、場内での過ごし方について、私なりのコメントを添えます。


スタンド
主に競走を観戦する場所。
屋外スタンド、屋内スタンドとある。
上の階は指定席になっている。
また、馬券売り場とその払戻、売店、食堂、メモリアルコーナー(競馬関連展示)などがある。

パドック
出走直前の競走馬を確認できる。
また、パネルでオッズ等の情報を確認できる。
競馬に臨む際には、スタンドとパドックを何度も行き来することになる。

コース
競走馬の走る場所。
外側から、芝コース、ダートコース、障害コースとある。
また、コース内側にも、馬券売り場、払戻、食堂等の施設がある。


なお、当入門では、競馬場で、1日中、全12レースに臨むことを前提に説明していきます。

が、何も1日中場内にいなくても構いませんよね。
挑戦したいレースの時間前から行っても良いわけですから。

でも、それですと、スタンド屋内の指定席は取れませんよね。
(取れれば)スタンド屋外に場所を取って観戦する。
パドックに足を運ぶ。時々売店に行く。

ここからはあくまで個人論です。
決められた落ち着ける場所が無い状態。
特に1人の場合、指定席以外での場所取りは難しいでしょう。
私はこれはけっこう疲れると思います。

落ち着ける場所、特定の場所を確保し、自分で決めたスケジュールに従い行動する。
臨みたいレースを選び、パドックを含めて吟味する。
場所が無い状態であるよりも、よりしっかりと、競馬に臨むことができるのではないかと思うのです。

時間にゆとりを持ち、自分の場所を確保し、落ち着いて集中しレースに臨むことが、競馬に成功するより良い近道になると、私は思っています。

次回は、競馬に臨むことについての、全体の流れについて、説明したいと思います。


あとがき

午前8時頃、福島競馬場に到着する。
幼女ルーミア(以下ル):これが競馬場なのか~。広いのだ~。
竜宮いく(以下い):広いし、それに中はピカピカ、綺麗ですね。
バニガルうどんげ(以下う):人がたくさんいるのね。
石頭けーね:(以下け):皆、朝、まだ食べてないだろ。こっちで朝食にしよう。
1階のファーストフードプラザで朝食。
け:今の時間だと丼物かうどんそばしかないぞ。
ル:そばがいいのだ~。
う:食べるところ、椅子はないけど、大きめのカウンターテーブルがあるね。
い:他の皆さん、大体は新聞見ながら食べてますわね。
け:まあ見ながらも悪くないが、ここは見ないで、皆でおしゃべりしながらリラックスして食べるのも良いんじゃないかな。あと、ここでしっかりと腹ごしらえしておいた方が、頭がしっかりと回るぞ。競馬をするのはけっこう疲れるからね。
11887690_s.jpg


【競馬予想入門】基礎2・競馬新聞の見方

前回の続きです。
福島競馬場に向かった4人。行く途中、車内で、競馬新聞の見方について、勉強会です。

ここでは、競馬新聞、馬柱と調教欄について、説明していきます。

なお、新聞の記載については、各紙おおまかには共通ですが、新聞により細かい記載で違いがあるので、注意して見てください。

各画像、それぞれ上から順に説明を進めます。

馬柱について

20120726greenbelt01.jpg

【番号】
ここで馬番、枠番がわかる。
左の白抜き文字の1が枠番。右の1が馬番になる。この馬は1枠1番ということ。
また、枠番は色分けされている。
1枠白、2枠黒、3枠赤、4枠青、5枠黄、6枠緑、7枠橙、8枠桃となる。
それぞれの馬に乗る騎手は、その枠色と同じ色の帽子をかぶる。

【馬名】【母父】
ここで出走する馬の名前。中央の大きな字が走る馬の名前。出走馬である。
右がその馬の父、左が母。
父および母の下に記載されているのは、現役時代の成績や血統から判断した父および母の距離適性である。
(短=短距離、マ=マイル、中=中距離、長=長距離、万=万能)
父母の距離適性をもとに、子供である当馬の適性距離を判断することが求められる。
また、馬名の上に記号がつく場合があるため、その記号について簡単に説明。
○抽(まるちゅう):JRAがセリ市で購入して育成した馬で希望する馬主に抽選で売却された馬。
○市(まるいち):セリ市で売買された抽選馬を除く馬。正式には市場取引馬という。
○父(まるちち):日本で生産された馬を父親に持つ馬。正式には父内国産馬という。
○地(まるち):地方競馬でデビュー後中央競馬へトレードされてきた馬。
○外(まるがい):外国で生まれ日本に輸入された後にデビューした馬で、外国産馬という。日本の生産者を保護するため、外国産馬は指定されたレース(混合戦)しか出ることができない。
□地(かくち):地方競馬に在籍のまま、中央競馬のレースに挑戦してきた馬。これも指定されたレース(指定交流競争)しか出走できない。
□外(かくがい):日本のレースに出走するために遠征してきた外国馬のこと。国際レースしか出走できない。

【毛色】【展開】
右側:毛色
出走馬の毛色。毛色は、鹿毛、黒鹿毛、芦毛、栗毛などさまざまである。
左側:展開
出走馬の脚質。
逃:逃げ。スタートから終始先頭を走る。
先:先行。先頭集団でレースを進める。
差:差し。中団から徐々に進出する。
追:追い込み。後方に待機し、最後の直線でスパートする 。
なお、このサンプルでは矢印で表示している。上に矢印があれば「逃げ」、順に「先行」「差し」「追い込み」となる。
この馬は上から3番目に矢印が入っているので、「差し」戦法が主体になっている。
なお、「自」といって、自在という特殊な場合の表示もある。図解の矢印では、全部の枠に矢印が入る。

【斤量】【性別】【年齢】
左側:斤量
背負う重量(騎手の体重込み)。「-2」の表示は、前走より2kg減ということ。ハンデ戦になると、強い馬ほど重くなる。
右側;性別と年齢
性別は、牡(雄)、牝(雌)、騙(おかま)の3種類。
「騙」はセン馬の意味。牡馬を去勢すると騙馬である。

【騎手】
出走馬の乗る騎手。

【厩舎】
美浦トレセン(関東)に所属、小野次郎調教師に調教してもらっている。関西なら栗東となる。
○北の表記だが、美浦は北地区と南地区に分かれる。小野厩舎は北地区の厩舎ということ。

右側の列について
レース番号
レース発走時間
レース名(重賞レースであればそのグレードも表記)
レース条件
となる。
レース名の左側、レース条件について。
○混:混合。性別は混合ということ。
サラ:サラブレッドの意味。
1600万下:レースランクの1つ。
レースランクは、新馬(未勝利)、500万、1000万、1600万(準オープン)、オープンと分かれる。
ハンデ:レース条件において、当レースはハンデ戦ということ。強い馬は斤量が重くなり、弱い馬は斤量が軽くなる。なお、「ハンデ」の他に、「定量」「別定」とある。

20120726greenbelt02.jpg

【賞金】
その馬のクラス分けの基準となるもの。
1着になったとき(重賞の場合は2着も)に加算される。

【総賞金】
1~5着に入着したときに加算される。

【馬主名】 【牧場名】

【各記者予想】
牧場名の下の欄。
なお、「本紙」は本紙担当記者の意味。
当新聞の各記者の予想の印。
◎本命:もっとも勝つ確率が高い
○対抗:本命を負かす可能性のある2番手
▲単穴:勝てる可能性を持っているので注意したい3番手
△連下:2着までに入りそう 
注:注意が必要
印についても、各紙で異なる場合があるので注意。

その下。
芝コースでの各距離の最速タイムと順位。
順位については、当サンプルでは下記の意味となる。
○・・・良馬場 □・・・稍重 ●・・・重 ■不良

その下。順番に。
上がり(ラスト3ハロン)の最速タイム。
ダートコースでの各距離の最速タイムと順位。
芝コース重の実績。
 左から、1着、2着、3着、着外の回数。

20120726greenbelt03.jpg

【母の父】 【兄弟馬】

その下。
距離別勝利度数。
 上から、1着、2着、3着、着外の回数。

その下の欄について(2中京~ダノンバラード2.03.1の枠)。
出走馬の過去の結果。
新聞では、この「結果」が前走より遡っていくつか掲載されている。
上から順に意味を記載するとこんな感じ。
開催場所・月日
開催日・着順
条件・枠(馬番)・出走頭数
距離・タイム
斤量・騎手名
ペース・通過順
 ※ペース S:スロー M:ミドル H:ハイ
馬体重・人気
戦評・勝ち馬との馬身差
前半600mのタイム 後半600mのタイム
1着馬(自分が1着馬なら2着馬)の名前
その馬のタイム

その右側の欄について
・当レースの条件
  芝コース 2200m
  「内回り」とあるが、新潟コースには「内回り」コースと「外回り」コースがあり、このレースはその「内回り」コースであるということ。
  図:走るイメージ

・賞金
  上から、1・2・3・4・5着の賞金。
・レコード
  上から、
   新潟芝2200m内回りコースでのレコードタイム
   そのタイムが出た時期
   その馬名
   その馬の斤量と騎手

調教欄について

20120726greenbelt04.jpg

競馬新聞等には各馬の調教結果が掲載されている。
競走馬は日々調教を積み本番に向けて調子を整えていく。
その調教の様子が新聞に掲載されるのだが、これで馬の調子や体調を知ることになる。

上行から。
・最上行
  ゴールまでの距離。
・2番目の行
 出走馬名。
 矢印はその馬の調子の上下を目安に記すもの。「→」なので平行線という意味。
・3番目の行
 行った日にちとその内容。
・4番目の行
 行った日にちとその内容。
 各距離の列に書いてある数字はラップタイム。
 また、その下行には、この説明書きがある。
・最下行
 記者のコメントと評価。

説明はここまでです。
次回は、競馬場の中について説明したいと思います。


あとがき

福島に行く道中、車内にて(競馬新聞の見方の勉強会)。
石頭けーね:(以下け):どうだ。見ているだけでも、少しずつ分かってきているんじゃないかな。
竜宮いく(以下い):そうですね。馬柱の端に説明書きがあったりしますので。
バニガルうどんげ(以下う):分からないところはあったけれど、この説明で分かってきたよ。
け:ルーミアは大丈夫かい?
幼女ルーミア(以下ル):最初はさっぱりこんだったけど、見てると意外と親切に書いてあることが分かってきたよ。普段読み書きしない私でもこれなら平気。
け:(さすがに妖怪だよなぁ(;^ω^))

う:記者の予想が気になるなぁ。見ているとわけがわからなくなっちゃうよ。
け:当然ながら、人によって見方が違うからね。でもある程度は、特定の馬に集まってくる。自分で馬選びをするひとつの目安にはなるだろうな。
ル:でも、印の無い馬がくることもあるんでしょう?
け:もちろんだ。印はあくまで目安でしかないぞ。選ぶのは君達自身。馬券を買うのも君達自身。
い:一概に馬を知っているわけではないので、こういう目安は無いと厳しいですわ。
け:上位クラスのレースは、知っている馬が出てきたりするけれど、さすがに未勝利戦や新馬戦では知らない馬ばかり。印は大方の見方であり目安になるだろうな。
ル:ということは、印をアテに買う人が多ければ、その馬が人気になるのか?
け:そうとは言い切れないが、そういう風に思えるよな。印は人気を左右する一要因、かもしれないな。
う:ということは、印の無い馬がきたら、荒れると?
け:それも言い切れないことだが、まあ、そうなるだろうな。そういう馬を自分で見つけ出して、その馬でぜひ的中させてみて欲しい。確率は低いかもしれないが、くれば大配当を期待できるぞ。
ル:福島に着くのが待ち遠しいのだ。

20120726greenbelt05.jpg


【競馬予想入門】基礎1・新聞

先述のとおり、ここよりしばらくは、実際に競馬場に行くことをベースに、競馬予想初心者入門を進めていきます。
前のあとがきで登場した4キャラクターに演じてもらい、福島競馬場に行くことで基礎編を学んでもらうことにします。

とある日の早朝。福島に行く日のこと。
石頭けーね:(以下け)おはよう。よしみんな時間どおりだな。
バニガルうどんげ(以下う):おはようございまーす。
竜宮いく(以下い):おはようございますぅ。今日はよろしくお願いしますね。
幼女ルーミア(以下ル):ねむ~いzzz 私は夜の妖怪だから、朝は苦手よぉ;;
け:みんな競馬新聞は持参してきたかな?
う:ええ。
い:はい、持ってますよ。
ル:持ってきているのだ~。
け:では出発だ。もう明るいから、車の中でも新聞を読めるぞ。私が運転するから、皆は予習するといいぞ。
ル:福島ってけっこう遠いんでしょう。私は途中で寝るかも。
け:向こうで慌てても知らないぞ。では出発!

20120709greenbelt01.jpg

け:みんな、どこの新聞を買ってきたんだい?
う:私はエイトを買ったわ。カラーで見易いかと思って。
い:私は優馬。売り場を見てメジャーっぽいと思って買いましたわ。
ル:私は馬三郎なのだ。カラーかつ大きさが手頃なのだ~。
け:私は競馬ブックを買ったぞ。
う:・・・ちょっとけーね先生。何これ? 横書きじゃない。
け:競馬雑誌の競馬ブックを読んでいるから、新聞も合わせて使っているんだ。雑誌はこれだ。月曜日に発売されていて、週末の競馬の予習ができるぞ。
3人:・・・・・・(そんなこと言われても私達知らないし・・・・・・という顔つき)

簡単に説明

競馬雑誌(週刊)
 Gallop(ギャロップ)
   縦書き。
   競馬の初心者でも、この雑誌の存在は早くからわかるのではないだろうか。
   読みやすいが、情報的には物足りない印象。ミーハー系。
 競馬ブック
   横書き。
   情報ではギャロップより充実しているため、競馬をしばらく続けていると次第にこちらへとシフトするのではないだろうか。こだわり系。
なお、競馬雑誌に書いてある内容をざっくり書いてみます。これは両方とも同じ。
先週勝ち馬(カラー),今週のレース(登録馬),競馬関連記事,先週競馬の結果とその解説,今週出場馬のグラビア

競馬新聞
※地区によって、売っている新聞が異なる。全国・東日本のみ・西日本のみと、分かれる。
 競馬エイト(全国)
  縦書き。表紙がカラー。初心者には使いやすい。
 馬三郎(東日本)
  縦書き。表紙がカラー。持ち運ぶのには手頃なサイズ。全開催のレースを掲載。
 優馬(ゆうま)(全国)
  縦書き。全開催のレースを掲載している。
 勝馬,日刊競馬,ダービーニュース(いずれも東日本)
  縦書き。私は買ったことがありません。コンビニでチェックした程度ですが、内容的には同じ印象。ただし特徴はそれぞれ違うのでは? 堅実派とか、穴派とか。
 競友(東日本)
  縦書き。優馬をコピー? ウリ2つの紙面。実は優馬傘下。全開催のレースを掲載。コンビニでチェックしただけで、買ったことはありません。
 研究ニュース(東日本)
  縦書き。小サイズで持ち運びやすい。情報は充実。でも内容は穴党向けではないだろうか。一般向けではないと思う。競馬ブック傘下。
 競馬ブック(全国)
  横書き。情報は充実。慣れれば使いやすいと言われるが。私は使いにくいです。馬柱は縦でないと見にくいと思いますが。

とりあえずけーね先生の説明を聞いた3人。
う:へぇぇ、色々あるのねぇ。
い:奥が深いのですね。
ル:私はカラーでコンパクトなのがいいから、馬三郎でいいのだ~。
け:しばらくしたら色々と使ってみるといいぞ。特徴が違うから、自分に合ったものを使おう。
う:横書き・・・これはちょっとつらいかも;
け:雑誌・競馬ブックを読むようになると、「今週のレース情報」と同じレイアウトである新聞・競馬ブックが使えるようになるんじゃないかな。

20120709greenbelt02.jpg

い:競馬新聞、しばらく見ていて、分からないところが自然と分かるようになってきたのですが、分からないところがあるんですよ。けーね先生、教えてもらえませんか?
け:それは次回に説明しようか。


【競馬予想入門】競馬のスタイル

ここでは、競馬のスタイルについての話をします。
ここで言うスタイルというのは、どのようにして競馬に接し関わるのか、ということです。

単純には大きく2つに分かれてきます。
①実際に競馬場に行く
②在宅で競馬を楽しむ

①ですが、これは実際に現場、すなわち競馬場に赴いて、そこで楽しむというスタイルです。
競馬場では、実際にその場所で、競走馬を見て、馬券を買い、レースを観戦します。

②ですが、現在は、テレビ(ラジオ)、インターネット等で、競馬を楽しむことができます。
テレビやラジオでは競馬番組がありますし、インターネットでは情報をチェックしたり馬券を買うことができます。
実際に競馬場に赴かなくても、競馬に触れられる環境がそろっていれば、自宅で競馬を楽しむことができるのです。

馬券を買う場所について、簡単に説明します。
・競馬場で買う
・ウインズ等で買う
  JRA(日本中央競馬会)は、場外で馬券が買える施設を設けています。
  ネットが普及していない時期は、この場外馬券売り場の意味合いが大きかったのですが、ネット環境のが良くなった現在では、ネット上で馬券を買えるようになりましたので、場外馬券売り場の意味合いが急速に薄れましたね。
  とはいえ、ネット環境以外で買う機会があるかもしれません。買う場合はチェックです。
・ネット上で買う
  場外で買う場合は、こちらが主流でしょう。JRAでは、ネット上で買えるように、さまざまなサービスを準備しています。まずはJRAのホームページ(http://www.jra.go.jp/)をチェックしてみてください。

なお、②ですが、競馬に慣れ親しんだ人が、自宅の環境を整えていくものと思います。ですから、まったくの初心者からは卒業した人のことになると思いますので、②については今後特に説明はしません。

次回以降は、
①実際に競馬場に行く
ことをベースに、競馬予想初心者入門を進めていきます。

あとがき
石頭けーね(以下け):ほら、しっかり挨拶をしないか。

20120708greenbelt01.jpg
バニガルうどんげ(以下う):・・・こんにちはー。
幼女ルーミア(以下ル):こんにちはなのだーワーイヽ(゚∀゚)ノワーイ
竜宮いく(以下い):初めましてですわ(^^)
う:あのさぁ、ナンデこのメンバーになっているのよ?

20120708greenbelt02.jpg
け:それはだなぁ、巫女れいむの依頼で、しばらくはこのメンバーで、ここ「競馬予想初心者入門」を進めることになったからだよ。
う:このメンツでなの?
け:そうだ。
う:で、何をするの?
け:皆で競馬場に行って楽しむんだ!
ル:お~競馬場なのかぁ!

20120708greenbelt03.jpg
い:私、カジノなんて行ったことございませんが、大丈夫なのでしょうかぁ?
う:私は師匠(ビートえーりん)の命令でここにいるんだけど。姫から預かったこのお金は、それで使うってことなの?
け:ご名答。資金は永遠亭で提供してくれることになったからな。どうやら中央競馬をここ幻想郷に流行らせたいようだが。
う:(・・・姫は紅魔館の連中と取引してたのか。紅魔館はJRAから見返りをもらっているという噂があるけれど、あれはどうやら本当だったみたいね・・・。)
け:次回より、この4人で、福島競馬場に行って、競馬で楽しんでくる。費用は永遠亭持ち。なお、各自、競馬新聞を用意・持参してくること。以上。
ル:競馬って食べられるのか?
う:馬は食べられないわよ。
い;賭け事をして、勝てばお金がもらえるのですわ。

20120708greenbelt04.jpg
け:お金があれば、好きなものを買って食べられるぞ。
ル:そーなのかー。それなら行くのだー。
う:まあ、儲かるのなら、私も師匠に褒められるでしょうし、頑張った方がいいのかもね。
い:私は総領娘様からの命令で行くのですわ。息抜きもいいから行ってこいってw
う:(うまくいくといいなぁ・・・よし、いっちょやりますか( ̄ー ̄)bグッ!)


【競馬予想入門】競馬ナンデ登録の動機

20120309greenbelt01.jpg

まず、平成23年春、新潟に行った時の話をします。

ご存じの通り、東北の大震災があり、福島競馬場もその被害を受け、競走が行われなくなってしまいました。

友達と競馬に行く約束があり、本来なら福島に行くところ、5月に新潟に行ったのです。

 

その友達は、私が昨年に3連単で儲けた話を聞いて、この機会で儲けようとしていました。

また私は、その時と同じやり方、3連単3頭BOXで、うまくいかないかと思っていたのです。

 

でも、その甘い考えは、見事に裏切られました。

1~3着のところに2頭来ていて、惜しい?レースが、4つか5つありました。

もちろん、3連単は、3頭来なければ的中ではありません。

 

新潟・・・個人的な感想なのですが、比較的どのレースでも、1着からビリまでの差が短く、ほんのちょっとしたことで順位が変わってしまうような感じがしたものです。

新潟は最後の直線が平坦だから、差がつきにくく、従って予想が難しくなるんだ、などと勝手な想像をするようになっていました。

 

3連単狙い、一見効率良く大きいオッズを取れるような気がしますが、実際にはこの3頭をそろえるのがすごく難しいのです。

現実は厳しい。

結局、私達は、まったく勝てないままで終わりました。

 

20120309greenbelt02.jpg

話は替わって、次にSNSについて話します。

新潟から帰って、その友達からFacebookについて興味があると言われました。

当時私も知らなくて、調べてみました。

・・・「SNS」、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの1つ。・・・

まあ、簡単に言ってしまうと、自在性のあるブログみたいなものであり、また特定の趣味などで知り合い同士やりとりができたりするものですよね。

日本では、mixiが主流のようです。が、知り合いが多くできすぎると、返事が大変になり、最後に挫折する人が多くなっていると聞きます。

また、国際的にはFecebookが流行っています、が登録は実名にするというのが正しい使い方、みたいな感じになっていますね。

 

結局、その友達がFecebookを使うことはありませんでした。

私は、SNSについて自分でも興味が湧いて、ウィキペディアで調べてみました。

調べてみると・・・おお、びっくりです! ジャンルごとに、たくさんのSNSがあります。

その中で、自分が興味のあるものをチェックしてみました。

そこに、「競馬ナンデ」があったのです!!

 

「競馬ナンデ」の載っているところについてご紹介致しましょう。

ウィキペディアHPで「SNS」で検索、次に開かれたページで「ソーシャル・ネットワーキング・サービスの一覧」という言葉がリンクになっているので、それをクリックします。

次に開かれたページに、SNSの一覧が出ています。「趣味・興味関係」のところに「競馬ナンデ」が載っています。

 

そこには、下記のように記されています(2012年3月9日時点)。

 

競馬ナンデ

概要

競馬予想専門のSNS。ユーザーによるレースの予想・回顧の投稿により、アーカイブを形成していく、参加型・集合知型競馬サイト。

 

福島での成功を、今回の新潟でも成し遂げたいと、私は簡単に考えていました。でもそれは非常に甘かった。

競馬、当てたいなら、日々経験を積みながら、腕を磨き、知識を深めていかなければ!

新潟の帰りから、私はずっとそう考えていました。

そして、そう思っているところで、私はちょうど良いタイミングで、「競馬ナンデ」を見つけたのです。

 

競馬ナンデかぁ、ここに参加し、予想をしたり回顧をしたりすることで、自分の「競馬力」をレベルアップできるはず!!

そう思って、さっそく登録しました。

そして、6月から、仕事などで忙しくなる10月までの間、毎週のようにレース予想&回顧に参加していったのです。

 

20120309greenbelt03.jpg

あとがき

魔女まりさ(以下ま):ついに来たな、れいむが競馬ナンデに入ったきっかけの話。

巫女れいむ(以下れ):新潟ではものすごく懲りたのよね。あんな事、もう二度とあって欲しくないよ。

縞すいか(以下す):思うんだけど、れいむって、新潟に対して、ここで既に苦手意識を持っているよね。

少女ゆかり(以下ゆ):れいむはどこの競馬場でもめったに当たらないから、競馬場の相性や得意不得意なんてそんなのまったく関係無いと思うのよね。

ま:私も同感だゼ。れいむ、競馬ナンデでもっと修行しなくちゃ、お賽銭たまらないぞ。

す:これまでの経験から学んで、ちゃんと先に活かすべきだお。

ゆ:回顧、書くならしっかり書くべきよね。ここで反省することで、先のステップアップにつながるはずよ。

れ:むむむ・・・反論できない;;;

ま:さて。今後さらに競馬ナンデで修行するとして。れいむ、肝心の入門自体は、どうなっているんだ?

れ:え?

す:れいむは、これまで経験談が多いんだお。入門で、「競馬はこうするべき」とか、何かこう、このポイントを押えろとか、これがセオリーだ、みたいな・・・そう、講義みたいなのが、まだ無いんだよね。

れ:それはわかってるわよ^^ これから先で書くつもりだから。

ゆ:それ、本当に書けるのかしら? 経験談はサクサク書いていたようだけど、ポイントを説明するというのはけっこう難しいと思うわね。

れ:うん。そう改めて言われると、難しく感じるわよね(;^ω^) まあ、任せてよ( ̄ー ̄)bグッ!

20120309greenbelt04.jpg


【競馬予想入門】福島編~大興奮の勝利

平成22年秋の福島、6レース以降のことについて記します。

20120308greenbelt07.jpg

第5レースで3連単に手を出すことになり、いきなり的中し気を良くした私です。

「幸運を呼ぶビール」を飲んで、こっそりとひとりで意気を上げていました。

 

6レース以降ですが、3連単もしくは3連複で狙うようになりました。

ここからは、レースごとに、買った馬券についてご披露しましょう。

 

6レース

3連単BOX 7-10-13 各100円(6通りで計600円)

7レース
3連複BOX 3-7-11-12-15 各100円(10通りで計1000円)

8レース

3連複BOX 5-7-9-12-14 各100円(10通りで計1000円)

9レース

3連複BOX 8-9-10-12-14 各100円(10通りで計1000円),単勝13番300円

10レース

3連単BOX 7-8-13 各100円(6通りで計600円)

11レース

3連単BOX 8-11-13 各100円(6通りで計600円)

12レース

3連単BOX 7-11-15 各100円(6通りで計600円)

 

3頭に絞って狙う時は3連単、絞りきれない時は3連複にしました。

午前中の単勝と馬連から、少額で高配当狙いの馬券にシフトしましたね。

 

20120308greenbelt08.jpg

ですが、さすがになかなか的中しませんでした。

その中で1つだけ、クリティカルヒットが出たのです!!

20101120優馬(福島10R2).jpg

第10レース。五色沼特別。3歳以上1000万。芝1200m。定量戦。

競馬新聞優馬、調教欄、○がついていたのは4頭。1番、7番、8番、13番。

13番セイコーライコウは本紙◎の馬でした。ただし休み明け。

私は昨日の時点で◎だったのですが、この馬はパドックでチェックすることにしていました。で、パドックで良かった。これで◎のままです。

私が○をつけていた馬は、1・5・9・10・16でした。

パドックに行き、そこでチェックしようと決めていた馬をチェックです。1・5・10番。

・・・ん? パドックで、ちょっと気になることがありました。

調教欄で○のついていた、7番オクルスと8番ダイナミズムが、かなり良いと思ったのです。

7番は逃げ、8番は先行。で13番は差し。

13番は有力。直線では必ず出てくると予想。

で、7番と8番が直線でも粘ることを予想(いえ期待してしまった)。

ということで、この3頭で決まり。3頭に絞ったので、3連単BOXを購入です。

20101120福島10R(的中)747,090円.jpg

 

結果。

1着から順に、馬番で8-13-7番でした!

7番が逃げ、8番が追走(先行の形)。13番は中団待機。

最後の直線、7番が粘り、8番がそれを抜く。で最後にやってきた13番。

・・・13番が抜いたかと思いきや、クビ差勝ったのは8番ダイナミズムでした!!

 

予想どおりセイコーライコウが来て、でダイナミズムとオクルスがかなり粘ってくれた。

おかげで、私は3連単で的中できました。

それも、1着が、優馬で無印、単勝13番人気のダイナミズムが入ってくれたのが、ものすごく大きかったのです。

 

配当。

3連単、747,090円でした。

 

100円が、747,090円に変わったのです。

 

20120308greenbelt09.jpg

的中がわかった直後は、なんだか信じられないような不思議な気持ちでした。

なお、配当金の引き出しですが、一人でおろすのが怖くて、仲間の一人に付き添ってもらいながら、機械の自動支払機からささっとおろしました。

話を聞くと、100万円以上の場合は、機械でなくて窓口で行うそうです。

そうかぁ、もし100円でなくて200円買っていたら、私は機械でなくて窓口から受け取れたんだ。

なんて勝手な想像をしたものです。

 

その後、私の的中は、仲間の知ることとなり、帰りの夕食代について仲間全員分を支払いました。

「皆さんで飲みに行きませんか?」と声をかけておきましたが、旅行帰りでありテンションが落ちていて、無理でしたね。

 

人気薄の馬をひらめきで選び期待的予想で、私は3連単で的中しました。

もちろん、自分の実力でとれたという風には解釈してないです。

これまでの師匠の教えを参考にしてきましたし、また個人的に納得するまで予想に時間を費やしたのも良かったと思います。

そして。

仲間には今も内緒ですが、お昼にこっそり飲んだ「幸運を呼ぶビール」が、この日の午後の私に幸運をもたらしてくれたのかなと思っています。

010804drink021-trans.jpg

こうして、いろいろな好条件が重なり、結果私の的中につながったのだと、私は今でも思っているのです。

 

あとがき

少女ゆかり(以下ゆ):れいむって、たまにすごいことするのねぇ。おねーさん、全っ然知らなかった。ナンデ今まで教えてくれなかったのよぉ? ゆかりん悲しい(´Д⊂グスン

巫女れいむ(以下れ):別にぃ。特に教えたくなくて黙ってたわけじゃないわ。こうして話す機会になかなかならなかっただけのことよ。

ゆ:ねぇーん、そのお・か・ね、結局どうしちゃったのかしらん? おねーさんにだけ、そっと教えてよぉ、ね☆^^

れ:・・・寄るなぁ、うっとうしい。でぇぇーい、悪霊退散~(と言って突き飛ばす)。

ゆ:・・・いったーい。ひどいわれいむ、おねーさん悲しい(つд⊂)エーン

ゆ:やかましいわ! まったく、お金のことでゆかりがここまで言うとは思わなかった・・・まったくもう。

縞すいか(以下す):まったく、見ちゃいらんないね、お二人さんは。いつもは黙っているけど、今回の話はちょっと聞き捨てならないかなぁ。ゆかり、いっくよー!

ゆ&す:せぇーの、へんしーん!!

・・・・・・

20120308greenbelt10.jpg

※葉庭さん、勝手ながら拝借致しました。同人誌読んでますよ。

れ:何よぉアンタ達。人の巫女服を勝手に着ちゃって、もう。

ゆ&す:(れいむに向かって)ねぇ、私達に、お賽銭、ちょうだい☆☆

れ:な、なんですとぉー?! お前ら黙れ、黙らんかいヽ(`Д´)ノウルサイ!!

ゆ&す:うるうる。

れ:そんな目で私を見るなぁ。・・・このお金はすぐに使うことはしないの! 何かあったときのために貯金しておくのよ! もうスイスのジュネーブの銀行に全額預けちゃったんだから。だから2人とも、あなたたちにあげるお賽銭は1銭もな・い・の。わかったかしら?・・・えぇ?!

ゆ&す:うるうる。

れ:あぁーもううっとうしいなぁ!

鴉あやや:れいむさんこんにちは。お久しぶりですねぇ。たまたま通りかかったのですが、今の話、聞こえちゃいましたからねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ

れ:なぬぅ、いつもいつも勝手に他人の情報を持って行きやがってぇ。

魔女まりさ(以下ま):れいむぅ、それ、私にも教えてくれなかったよな。れいむはひどい奴だ。

つんでれアリス:私達友達よね。れいむはひどいわ。

ニシノゆゆこ:れいむ、親友のゆかりをよくもいじめたわね。

非常識さなえ:れいむさんは隠し金山を持っているんですか。いつの間に(゚д゚)!

れ:ナンデ皆急に集まってくるのよぉ(;^ω^)!!

ま:れいむ今日は観念しな。今夜はここ博麗神社で宴会だゼ。費用は全部れいむ持ち、わかったな。

ゆ:1度の宴会代くらいなら余裕で払えるわよね。

す:そうだよれいむ。いつもケチケチしてるんだから、今日くらいは羽振り良くしておいた方がいいよ~。

れ:・・・うぅ~くっそー、仕方ないわねぇ! もうどうにでもなれぇ!!

れいむ以外の皆さん:ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ!!!

20120308greenbelt11.jpg

 

最後に。

このありがたき臨時収入については、使ってすぐに消えてなくなるのが嫌だったので、使わないで全額貯金しました(きっぱり)。

20120308greenbelt12.jpg


【競馬予想入門】福島編~光が差してきた

平成22年秋の福島、第5レースのことについて記します。

20120308greenbelt04.jpg

1~4レースまでですべて惨敗、所持金が少なくなり、3連単に手を出さなければならないところまで追い込まれてしまいました。

 

第5レース。3歳以上牝馬500万。芝2000m。

競馬新聞優馬、調教欄、○がついていたのは3頭でした。10番シャルルヴォア、12番アスカトップレディ、14番エスピナアスール。

アスカは本紙◎の馬でした。丸山騎手鞍上。私も○をつけています。

その隣、13番ハッピーパレード。叩き2戦目、名前をよく耳にする馬、印が多くついている。有力であることは間違いない。私も○をつけていました。

そのまた隣、14番エスピ。斤量50キロが気になります。調教欄のコメント「外目回って好時計。変わり身に注意」。私は「穴」という字を書き◎をつけていました。でも条件付き、当日パドックで確認することにしていました。で、パドックではかなり良かったのです!

10番シャルルヴォア、ノーザンファーム生産の馬です。「穴」で○をつけた馬です。

3連単を4頭BOXで買うのは大変です。3頭なら6通りですが、4頭だと24通りまで増えてしまうからです。

シャルルは4ヶ月のソエ放牧明け。切るのは10番のこの馬です。

3連単12-13-14BOX各100円づつ(計600円)、あと単勝14番100円、単勝3番(これはオマケみたいなものですが)100円を購入しました。

20120308greenbelt05.jpg

結果です。

1着から順に、馬番で12-14-13番でした!

12番は先行策で直線押し切りの1着、14番は逃げ粘って2着、13番は中団からの差しで3着でした。

14番をマークしておいて大正解です!

20101120福島5R(的中)35,450円.jpg

・・・ってあれ、馬券当たってる・・・!!

オッズは・・・35,450円。

嬉しいというよりは、驚いて目を丸くしている私です。

 

・・・あれほど負け続けた私が、馬券に的中しているなんて・・・。

自身、少し困惑していました。もちろん、少しずつ嬉しさがこみあげてきました。

仲間が連れ立ってお昼ご飯を買いに行くところ、私は一人残りました。

後から、仲間が足を運ばないコース内の飲食店に、こっそりと向かったのです。

 

スタンドからコース内に進み、飲食店にたどりつきました。

今回運転手をしない私は、はじめからこっそりと一人でビールで祝杯をあげようと思って、そこに向かっていたのです。

 

010804drink021-trans.jpg

で、そこには、妙に綺麗な黄色というか黄金色の生ビールがありました。

なにやら、幸運を呼ぶビール(だったかな)とか書いてあり売っていました。

私はそれを買い、思わず私はそこの売店のおばさんに、5レースを3連単でとったことを話してしまいました。

もちろん、驚かれました。

自分がやっと当たったことを、仲間にはすぐに言うまいと思っていて、でもこうして誰かにしゃべりたかった私でした。

 

そこで飲んだ「幸運を呼ぶビール」ですが、この日の午後の私に幸運をもたらしてくれたようです。

次回、6レースに続きます。

20120308greenbelt06.jpg


【競馬予想入門】福島編~難解

平成22年秋の福島、レース当日です。

自分なりに納得して予想をしてきているので、ゆとりがあり落ち着いています。

集中力を高めながら、当日の競馬に臨みました。

天候は晴れ、芝ダートともに良馬場でした。

20120308greenbelt01.jpg

※レースごとに下記に記していきます。

 興味のある方はJRAのレース結果を参照してみてください。

 

1レース。新馬戦。ダート1700m。

本紙◎の4番アピールプレイ、ノーザンファーム生産、私も◎です。

前日に○をつけたのは、3番、5番、7番、12番でした。

5番ハギノクレバーについては、調教で遅れが目立つとのことで、当日パドックでチェックすることにしていました。パドックで良く見えたので○確定です。

12番レッドストラーダは、パワータイプでダートに合っている感じです。

ここから手を狭めていきます。◎4番、○5番と12番にして、枠連4-8を1000円買いました。

・・・結果。残念。1着から順に、馬番で4-3-7番でした。切ってしまった3番と7番が来てしまいました。

4番は最初から先頭、最後まで持ったままの1着。

12番は前々を行き4コーナーまで良かったのですが、最後の直線でズルズルと後退し6着。

5番は最初から最後まで馬群の中で5着、ちなみに13番は8着でした。

・・・手を狭め過ぎてしまったのがまずかったか? 最初であり臆病だったとは思いましたが;;;

 

2レース。3歳以上500万。ダート1000m。

8か月の骨折休養明け、5番中館騎手の逃げ馬が◎。パドックで最終確認対象でしたが、良い感じ。

12番の逃げ馬が○。こちらもパドックではかなり良さそうに見えました。

同枠にいる馬も比較的人気で無視しにくく、枠連5-8を700円、あと穴狙いで、単勝6番の200円と単勝10番の100円を購入。

・・・結果、1着から順に、馬番で2-12-11番でした。

2番の田辺騎手、直線で鋭い差しの競馬でした。叩き2戦目でした。でも私はノーマーク。

5番は、逃げ予想も、思ったほど先行せず(できなかった感じも)、直線で伸びを欠き中途半端でした。8か月の骨折休養明けでは、かなり厳しかった印象です。

 

せっかく書いても、勝てないとグダグダしてきます。一応記せる限りで書いていきます。

20120308greenbelt02.jpg

3レース。3歳以上牝馬500万。ダート1700m。

3連複2-6-10-12BOX各200円(4通りで計800円)、単勝4番200円を購入。

・・・結果、1着から順に、馬番で2-5-13番。またしても2番が1着です。

13番は15か月の休み明け。私は鉛筆で×をつけていました。

 

4レース。2歳未勝利。芝1200m。ちなみにハイペース気味の予想。

単勝14番2000円購入。叩き2戦目、中館騎手ナムラオーシャンの逃げに賭けます。

・・・・結果、1着から順に、馬番で5-14-1番。必死に逃げるも最後に追い込み馬にアタマ差でやられてしまいました。なお5番は本紙が◎でした。

 

勝負をかけた4レース、惜しかったけれど、負けは負け。かなりショックでしたね。

ここまで5000円を使い、みんなパーです。

・・・せっかく予想を自分なりにしっかりやってきたつもりなのに、どうしてこうなってしまうのか?

・・・お金、もう、少しずつしか使えないなぁ。

当時、けっこう思い詰めた記憶があります。

で思いついたのは、というかキレてしまったのですが、少額で3連単を買おうという発想に至りました。

少額しか使えないのであれば、配当が最も高い3連単に手を出すしかなかったのです。

 

次回、5レースに続きます。

20120308greenbelt03.jpg

 


【競馬予想入門】福島編~反撃ののろし

平成22年秋の福島であったことをお話していきます。

まず行く前のことから話をします。

20120307greenbelt04.jpg

私の胸の中には、春の福島での苦い思い出とその悔しさが残っていました。

福島について、これまでの経験を思い出し、自分の中で整理してみました。

私の競馬での傾向について(自己分析)

①ヤネにこだわりがち(気になり過ぎ)

②当たらなくてその後かなり雑になりがち

③(福島の場合)前残りを期待し過ぎ

④効率の悪い馬券買いをしている

 

競馬仲間の中の師匠にもアドバイスをもらいました。

ちなみに社台の中穴なんて話を聞いたのはこの頃です。

社台の中穴について(一つの考え方)

ノーザンファームや社台ファームといった大きな生産牧場から出た馬は、平均的に高額でかつ優秀な馬であることが多い(その可能性が高い)。

基本、狙いはそういった生産牧場から出ている馬を中心にするのが無難。

また、そういった馬が、条件戦などで壁にぶつかったりして、勝てず人気が落ちている時、その中穴状態のところを狙うと、けっこうきたりする、というもの。

※もちろん、一概に言える話ではない。あくまでも、当たってそう思う人(私の師匠)がいるということ。

 

福島の展開についても考えてみました。福島コースの傾向について調べてみたのです。

福島コースについて(全体的に,自分なりの結論)

直線が短いので、基本は前から狙う。

ただし、差し馬が届くケースも多い。

芝の場合、内が荒れている時は外差しが届くことを忘れずに。

 

福島に行く前に、このような感じで、準備を進めていました。

 

さて、福島に行く話に戻ります。

今回は秋、社員旅行の口上で、福島競馬場に行くことができるのです。

前日に温泉入りし、そこで当日の予習をすることができます。

 

宿屋にて。

競馬新聞について、師匠からアドバイスをもらっていました。

師匠が優馬(かつての一馬)を好んで使っているので、私も同じ優馬を選びました。

20101120優馬1.jpg

宿屋では、お酒をけっこう飲んでいたはずなのですが、酔いよりも競馬予想の意欲が勝り、目が冴えてきて、夜中の1時くらいまで粘って予想しておりました。

競馬予想で実践したこと

全12レースについて予想を行った(全部を終えるまで起きていた)。

下記の各ポイントいついてチェックした。

チェックしたポイントについて

休み明け,叩き2戦目(馬柱上にそれを書く),連闘

各馬の脚質(有力馬の脚質には印をつける)

生産牧場(ノーザンファームor社台ファームなら印をつける)

騎手(中館騎手と丸山騎手に印をつける)

(ハンデ戦)斤量(軽ハンデ馬と重ハンデ馬の斤量に印をつける)50キロと57キロとか

馬柱の予想者で「本紙」の◎がついているところをチェック

展開を予想(ハイペースorミドルペースorスローペースを馬柱の脇あたりに書いておく)

各馬の長所と短所(アンダーラインを引く)

調教の情報をチェック(微妙な馬には「直前にチェック」と横に書いておく)

 ※直前にチェック=パドックでチェックするということ

レースで買おうとする馬について、馬柱に◎か○をつけておく (当日に買う馬をある程度決めておく)。

 

宿屋での予想は、できる限り自分で納得がいくまでやろうと思い、やっていましたね。

まあ、この時は、以前の悔しさからというものではなくて、単に「できるだけのことをやって当日に臨もう」という気持ちだけだったんですけどね。

20120307greenbelt05.jpg

 


【競馬予想入門】福島編~大失敗

平成22年春の福島であったことをお話しましょう。

20120307greenbelt01.jpg

いつものように会社の仲間と福島へ出かけることになりました。

以前のように、予習をしないで現地に向かうのは、無謀であることを身に染みている私です。

夕方、会社帰りに馬三郎を買い、前日のうちに全レースの予習をしました。

熱が入りすぎ、確か寝たのが夜の0時過ぎ。

実はこの時点で私の敗北が決定していたのです。

朝は4時半に起きるつもりでした。目覚ましもちゃんとかけておきました。

l_03(目覚まし時計).gif

しかし、起きたのは5時半!!

実は私、この日は運転手だったのです。

寝坊した旨を連絡し、高速道路のサービスエリアに仲間を待たせ、急いでそこまで向かいました。

また、今回は間が悪かったのです。

仲間とはいっても、今回は倍に増えており、私の馴染みのない人が何人もいました。

遅刻してしまったために、私は一日気まずい思いをしなければなりませんでした。

せっかくチェックした馬三郎でしたのに、調子が完全に狂ってしまいました。

 

20100424馬三郎.jpg

馬券の買い方ですが、以前と同じ、単勝と馬連中心で臨んでいました。

なお、新聞ですが、当時はボロボロに負けたというのに、なぜかちゃんと保管してあったのです。

なので、当時買った馬券についてのメモが新聞に残っています。

せっかくなので、ここで全部ご紹介しましょう。

 

福島のレース

 1R(未勝利) 単勝500円,馬連1500円(計2000円)

 2R(未勝利) 単勝1000円,枠連900円(計1900円)

 3R(未勝利) 単勝500円,3連複500円(計1000円)

 4R(未勝利) 未挑戦

 5R(未勝利) 単勝1000円,馬連1200円(計2200円)

 6R(500万) 単勝500円

 7R(500万) 単勝1000円

 8R(500万) 単勝500円

 9R(500万) 単勝500円

10R(500万) 単勝800円,馬連200円(計1000円)

11R(OP)オークストライアルフローラステークス 未挑戦

12R(500万) 単勝500円

全部で11100円使いました。そして全敗しました。

全敗なので、レースのことでこれ以上の詳細を書く必要は無いでしょう。

 

また、同時開催の東京や京都で、単勝や馬連を買っています。

東京と京都合わせて合計7500円です。

けっこう早めのレースから買い始めています。

福島で的中しないので、他のレースに手を拡げてしまっているということですね。

パドック確認なんてまともにやれるはずもありません。

新聞を見て、ある程度堅めのところや小穴を、単勝で狙う程度のものです。

そんな付け焼刃では、当然、全敗です。

 

結局、馬券に全部で18600円投資して、あっと言う間に消えてしまいました。

その日は結局、遅刻したショックで自分を切り替えることができませんでした。

そして、行き帰りとも運転手で、心身ともに疲れ果ててしまいました。

 

一応予習して臨んでいるはずなのですが、空回りしていました。

来る馬をどうしても当てられませんでしたね。

 

ヤネ中心で狙っていました。

単勝では、人気薄でも中館騎手の逃げ馬を狙っていました。

しかし、この日の中館騎手、逃げ馬では勝てていませんでした。

中館騎手は2勝、どちらも差し馬での勝利でした。

ちなみに、福永騎手が福島に来ていて、最多の4勝でした。

私は、中館騎手の他に、三浦騎手も追っかけていました。

でも結局三浦騎手は未勝利でした。

 

当時に新聞へのチェックを確認してみます。

全体の予想ペースにチェックが入っています。展開の予想は自分なりにいくらか立てていたようです。

パドックについては、どこまでチェックしていたのでしょうか?

見ていたり、見ていなかったり。

他の競馬場のレースに手を出しているところを見ると、パドックは最初の3レースくらいまでしか見に行ってなかったかもしれません。

 

当時は、遅刻したショックで勝てなかった思いが大きかったのですが、自分なりの反省もありました。

まあ、出だしが悪くて大失敗ということで、大まかには良いと思いますが (;^ω^)

そして、その失敗は悔しさとなって、私の胸の中に残り続けます。

次の福島は、絶対頑張ろう! と心に誓いながら。

20120307greenbelt02.jpg

あとがき

巫女れいむ(以下れ):ほらぁ、アンタが出てくるから、変なことになっちゃったじゃないのよ ヽ(`Д´)ノプンプン

少女ゆかり(以下ゆ):私はちゃんと見守っているのよ。八つ当たりしないでよぉ・・・。

れ:アンタがいるとロクなことがないのよ(きっぱり)。

ゆ:相変わらずつれないわねぇ。・・・だけどやっぱり、アナタには問題があるわよね。行く時の素行の悪さとか。

れ:素行の悪さとまで言うかぁ!

ゆ:どうせ夜中に頭なんてあまりまわるものでもないし、運転手はわかっていたわけだし、せめて11時前には寝ないと駄目でしょう!!

れ:むむむ・・・。

ゆ:あとは、競馬での実践で問題があるわよね。福島のレースは研究しきれてないし、他の競馬場のレースには手を出すしw

れ:ぐむむ・・・。

ゆ:・・・もう自分でもわかっているわよね。それと、当日、無事に行って帰ってこられて、良かったじゃないの、寝不足れいむさん^^

れ:まぁね・・・。遅刻のショックがあったから、皆と別れるまでは、眠気なんて湧いてこなかったよ。まあ、疲れたし、かなり悔しかったことは覚えているわ。

ゆ:今アナタは病気。起きているとけっこう疲れるでしょう。夜は早めに休みなさいなw

れ:・・・そうだね。なんか今日のアンタ、けっこうや・・さ・・・・

ゆ:え?!なにかしら^^♪

れ:・・・野菜を多めに食べようかしら、今夜は。

ゆ:(チッ)そうね。まずはこのまま少し休みなさいな。

れ:・・・病気、早く治らないかなぁ・・・。

20120307greenbelt03.jpg


【競馬予想入門】福島編~作戦を立てて臨む

福島競馬場、今度は秋に行きました。

私の会社は、年に1度、好きな仲間と旅行に行くことができます。

社員1名につき少額ながら助成してくれるのです。

福島競馬場、土曜日のレースに臨めるように、前日の金曜日に出発です。

旅行と言っているため、いつもの仲間以外の人達もいて、けっこう大人数です。

その前日は、福島競馬場の近くの温泉に宿泊。

そのタイミングで、競馬新聞を見ながら黙々と予習です。

fuyu_0467.jpg

目的地に近づき、日が暮れて、1軒のコンビニに入り、お酒やらおつまみやら買いながら、競馬新聞も一緒にガサッと買っていました。

福島の田舎(失礼)のコンビニ、置いてある競馬新聞の量はたかが知れています。

好きなのを選ぶなんてできず、置いてある新聞を人数分だけ確保して買うだけです。

そして、宿屋についてから、旅行メンバー内で競馬新聞の取り合いです。

欲しかった競馬新聞「馬三郎」は入手できず。

※馬三郎は首都圏でしか売っていない。ちなみに競馬場内でも販売していない。

確か競馬エイトで予習していたかもしれません。

当時の私は、見やすい新聞を好んでいましたので。

カラーのあるエイトは、当時の私には無難な選択肢だったのです。

一馬(今は優馬)とか、研究とか、他の新聞には見向きもしませんでした。

競馬ブックなんて、超マニアックな新聞に映ったものです。

今思えば、その辺りから間違いではあったんですけどね;

(エイトで当てている人もいると思います。この辺は一概には言い切れないでしょう。)

できるだけ起きて予習をしていたはずなのですが、お酒に負けて早めに寝てしまっていたように思います。

20120306greenbelt04.jpg

レース当日。

全レース、大体の押えるべき馬だけはチェック済みの状態で、競馬場入りです。

稚拙ながら私には作戦がありました。

1つめ。

馬券は、手を拡げ過ぎないようにする、ということです。

買う馬券は、単勝(複勝の選択もアリ)優先、場合によって馬連、ワイドまで。

ゴールする馬を多く当てるのは難しいと思っていました。

三連複や三連単があることは分かっていたのですが、当時は手を伸ばせずにいたのです。

(後にそれはかなりもったいないということが判るのですが。)

2つめ

福島は前残り、あるいは前の方で決着することが多い。

ならば、逃げ先行馬狙い中心でいこうと思っていました。

 

結果。

12レース中、2・3つのレースで的中しました。

でも収支は今ひとつ。

ただし、1レースだけ、単勝で(大体)1万5千円の収入があったため、この日は全体でプラス収入となりました。

でその勝ったレース。買い方は単勝1点。

これまで負けがかさみ午後になり、確か7か8レースあたりで、単勝1点5000円くらいの馬券を買ったかと思います。

対象の馬は、パドックを見て調子が良さそうな、ある程度無難に行ける逃げ馬でした。確か2・3番人気くらいだったかと思います。

とはいえ、その馬券の買い方は、いわゆるハイリスクローリターン。

私は、ここで外したら、おしまいだったのですから。

当たって良かった、と胸を撫で下ろす私でした;

20120306greenbelt05.jpg

今回は、レースに臨む前に、レースでどう行動するか作戦を立てていたので、反省点や課題がわかりやすくなっていましたね。

 

福島のレース傾向について

基本は前々での決着。ただし、大きなレースでは荒れることも多い感じ。

 

馬券の買い方について

手を拡げないようにして買うのは良いかもしれない。

単勝を買うのは悪くない(配当がそこそこ良く、1着を当てれば良いので比較的的中しやすい。)。

ただし、荒れるレースでは、複勝も有効な場合がある。

的中できないでいると、掛け金そのものがどうしても大きくなってしまう。

ハイリスクローリターンの馬券買いとなってしまう。外すとすごく痛い。

 

レースが終わって帰宅し、2・3日後くらいで、私の頭の中で整理された内容です。

最初に行った時よりはマシになったと思いましたね。

 

でも、その後、私は壁にぶつかります。

当時は、その福島に行く時くらいしか、競馬ではお金を使っておらず、自分なりの競馬のこなしができていません。

この程度の感じで、春の福島に行き、私はひどい目に遭うことになるのです・・・!

20120306greenbelt06.jpg

 

あとがき

巫女れいむ(以下れ):何よアンタ、最後に意味深~みたいな感じで出てきて? 何か私に悪巧みしてるんじゃないでしょうね?

少女ゆかり(以下ゆ):あらぁれいむ、私はいつでもアナタの味方よ。良くも悪くもアナタのことを常に見守っているんだからw

れ:何よ、良くも悪くも、って?

ゆ:・・・れいむ。アナタには、病気の他にも多くの試練を乗り越えなくてはいけないのよ。だから次の福島も頑張りなさいなw

れ:アンタがいると、悪いこととか変なことしか起こらない気がするんだけど? 大体アンタが最後に出てくるから、予定外だったあとがきまで書・・・・・・モゴモゴ><;

ゆ:(れいむの口を塞ぎながら)余計な事は言わないでぇ; 私はいつだって最後はアナタのこと良い方向に導いているじゃないのよ~(∀`*ゞ)ウフフ (こうにでもしないと出番が無くて不安だったんだから;)

れ:(ゆかりの手をはねのけて)プハッ・・・もう、本当に、変なことばかりしないでよね。調子狂うんだから。

ゆ:はーい (´∀`*)ウフフ ♪

れ:(いつもながら反省の色がまったくないなぁコヤツは (;^ω^) ) 20120306greenbelt07.jpg  


【競馬予想入門】最初の福島で試みたこと

初めての福島。

今回は、そこで私が試みたこと、気づいたこと、感じたことなどを記していこうと思います。

 

norimono_0011.jpg

福島に行く当日。競馬新聞を買って車の中で予習です。

(仲間の運転手さんゴメンナサイ)

※本来は前日に買い夜に予習するものですが、仕事で忙しくできなかったのです。

コンビニで、見やすい競馬新聞を発見。デイリースポーツの「馬三郎」です。

(多分)B4サイズで見やすく、きっと競馬場に行って見るのに使いやすいと思い、購入。

表紙がカラーで綺麗な感じに思ったのも、買った理由です。

 

7時半、福島に着いてから、入場こそさせてもらえても、すぐにスタンドには入れません。

スタンドに入れるのは9時になってから。

それまでは、場内1階の食堂通路で、温かいうどんをすすりながら、競馬予想の続きをしました。

でもこの競馬予習、当日で始めるとかなり大変なことがわかりました。

なぜなら、当日福島で行われるレースは12もある。

朝の短時間で、そんな12ものレースの予想なんて、できるわけないじゃないですかぁ~><;。

捨てレースを作ることを考えず、とりあえず全レース参加で予想・馬券購入をすることに。

 

9時になり、ようやくスタンド入り。

一番前になったので、目の前の棚に自分の荷物を置けます。でも日差しで暑かった;

全レース、真面目に(?)パドックを見に行き、買える範囲で馬券を買っていました。

馬券は、馬連中心、で当たらなくて、単勝やワイドを買うように。

また、的中しないため、使った分を取り返そうと、馬券ごとの単価が上がる始末。

何度かやって、単勝や馬連で当たりましたが、配当が低かったり、その当たった時に限って手を拡げ過ぎたりして、なんとかプラス収支という感じ。

結局、全12レースやって、マイナス1万円以上という、散々な結果に終わりました;

20120306greenbelt02.jpg

最初の福島。準備がおろそかなまま、がむしゃらに臨み、結果はオケラ。

負けたのだから、私の課題はたくさんあるはず。なのに、負けた内容がはっきりしません。

私の固い頭の中には、この馬を買わなかったから駄目とか、この馬を狙ったから駄目とか、結果論しか湧いてきません。

どうすれば的中できるのか? 福島で当てるための傾向はあるのか? 当たるには何か秘密があるのか?

当時の私には何が何やらさっぱりわかりません。

とりあえずは、福島競馬場という現場で、1日の間ずっと競馬をしたという臨場感を味わうことができました。

そして、仲間と一緒に行けた競馬旅行。皆と行って楽しかった。

結局その日は、自分で満足な反省ができないままで、旅行は幕を閉じたのです。 20120306greenbelt03.jpg


【競馬予想入門】競馬仲間の1人が私の師匠

kouma2_1(50%).jpg

入門について進めます。

福島に行ったことを中心に、自分が何を経験し、どう学んでいったのかを、ざっくばらんではありますが進めていきます。

 

pic_main-visual.jpg

とある春の日、会社での競馬仲間達に誘われて、初めて福島に行くことになりました。

なにやら早朝集合とか言われて、目をこすりこすり集合場所に向かいました。

福島競馬場に着いたのが7時半。

競馬場で1日快適に過ごすべく、スタンド席の前を陣取るための朝対策だったことがわかりました。

pic_seat_03_ab.jpg

※写真は、スタンド4階のA指定席です。一人1500円。

座る場所がちゃんと確保できているおかげで、快適に過ごせます。

また、福島のスタンド席、2人づつ座るのですが、隣が私の師匠格の人で、ざっくばらんにではありましたが色々訊きながら競馬に臨むことができたのです。

競馬・・・自分で始めてから、「競馬を知っている友人」や「競馬仲間」は早くからいましたが、「競馬の師範」的な人はなかなか現れませんでした。

福島に行くことで、競馬仲間の1人が私の師匠になり(自分でそう思っているだけかもしれませんが)、競馬のことを教わりましたね。

oyako.jpg

私の場合、友人や仲間から競馬のことを聞くのもありましたが、以前記した漫画「馬なり1ハロン劇場(シアター)」の影響が大きかったです。

読むと、どうしても有力馬や種牡馬、繁殖牝馬等の濃いキャラクター達が出てくるので、自然と覚えていったものです。そこに騎手が出てくるとさらに深まりましたね。

面白くて、今出ているところを読むだけでは足らなくて、前の方、少し過去のところについても漫画を読んだくらいです。

漫画中心、友人や仲間の話、そして日曜日の競馬TV番組。私の競馬の背景はそこから作られていったのです。

 

でも、競馬の仕方については、どうも学びにくかったですね。

実際の競馬を、現場でどう進めるのか、自己流ではできても、当たらない、どうもうまくいかない。

そういったことについて、競馬仲間の1人である師匠が、未熟な私に手ほどきしてくれたのです。

 

師匠格の人・・・さすがに同世代というわけではなく、歳がかなり上の方ですね。

でも、そういう人が、気が優しくて、未熟な自分にしっかり教えてくれている。

そういう人が現れてくれたことに、私は深く感謝しています。 20120306greenbelt01.jpg  


高松宮記念2016徹底予想ツイキャス放送!前日22時~ゲスト:短距離専門予想家しばたん
【競馬予想入門】基礎4・スケジュールと計画
【競馬予想入門】基礎3・競馬場
【競馬予想入門】基礎2・競馬新聞の見方
【競馬予想入門】基礎1・新聞
【競馬予想入門】競馬のスタイル
【競馬予想入門】競馬ナンデ登録の動機
【競馬予想入門】福島編~大興奮の勝利
【競馬予想入門】福島編~光が差してきた
【競馬予想入門】福島編~難解
【競馬予想入門】福島編~反撃ののろし
【競馬予想入門】福島編~大失敗
【競馬予想入門】福島編~作戦を立てて臨む
【競馬予想入門】最初の福島で試みたこと
【競馬予想入門】競馬仲間の1人が私の師匠

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ